秋の鞍トランセンド賞2019結果予想!過去データやコースバイアスで有利な馬は?

地方競馬最終予想

2019年9月3日名古屋競馬第30回秋の鞍トランセンド賞2019ダ1,800mの予想を中心に過去データ傾向を紹介します。

1800m戦になってから今年で2年目を迎える秋の鞍。

過去データがほぼ無い中での予想になりますが、コースバイアスや各馬の近走などから予想を紹介していきます。

名古屋競馬1800mダートと言えば、コーナーを6回通過するコースですから内枠が有利になってきます。

ただし、スタートダッシュのつかない内枠馬は、外から被されてしまって、後退ぎみの位置取りを取らされる可能性もありますので、内枠先行馬はダッシュ力のある馬限定になります。

また、3歳戦ですから、折り合いに専念する騎手がほとんどですので、以下にペースが上がる仕掛けどころで置いていかれないか?このあたりが勝負の分かれ目になってきます。

それでは、印の紹介にいきますね。

◎本命

エムエスクイーン

前走名港盃オープンは、古馬相手のレースに加え、控える競馬を試した結果8着。敗因としては、逃げなかったというよりは逃げれなかったと言ったほうがしっくりくるレース内容。4F52.0でレースで進んだのが一番かなと。

エムエスクイーンが逃げて好走した場合の4Fは、52.9以上がベスト。ここ近走でも53秒台で走って圧勝をしているのを見ると、いかに自分のペースで逃げることが出来るのか?ここがすべてだと思います。

今回は3歳限定に同型馬が不在。さらに1枠を引いたことでハナはスムーズに取れるはず。

ここは巻き返して当然のレース。期待したい1頭ですね。

ちなみに、前走ポルタディソーニがハナに行きましたが、エムエスクイーンは出ムチを入れてもハナに行けなかった可能性が高いですから、特に古馬との1戦は、同型馬次第では、あっさりと負ける可能性が高いということがわかったレースでしたね。

◯対抗

アップショウ

このメンバーなら、大鷲特別でコマガイムやマイネルゾンタークらに先着している点を考えても、いい勝負をしてもおかしくないはず。

大鷲特別の4Fは52.8ですから、エムエスクイーンの逃げるペースに一番合っているように思います。

派手なレースではないですが、先行させれば、渋とく伸びる脚がありますので、ここでも期待。

ただし、差す競馬になってしまうと上がり38秒台の脚が使えないので、馬券にならない。ここは先行を祈るのみ。

▲単穴

オオエフォーチュン

今年の秋の鞍の展開予測は、『逃げ先行差し』で決まる1戦と考えています。そして差す競馬ならオオエフォーチュンかなと。

枠順や、これまでの脚質を考慮すれば差す競馬に徹するだろうし、そこそこ前に付けたいにしても、最初のコーナーまでが短いので、必然と後方待機策になるかなと。

休養明け初戦でも鉄砲は利きますし、ある程度の流れが進まなかったとしても、上がり38秒台の脚が切れれば、問題なく3着には来る見立て。

エムエスクイーンが飛ばす形になれば、一気に頭も見えてくる単穴。

先週の的中情報:チューリップ賞3連複19.9倍

■先週の無料情報的中結果
◎チューリップ賞/3連複19.9倍×400円
[払戻金]7960円[回収率]165.8%
買い目画像↓↓

■2021年無料情報最高回収率1525%
◎中山金杯
1着:09ヒシイグアス1人気
3着:16ウインイクシード11人気と穴もドンピシャ!
3連複12点900円→73,200円獲得
回収率1525%
中山金杯の無料買い目画像↓

■G1無料情報2020年実績
◎的中率:約62%(21レース中13レース)
◎獲得額:277,890円◎収支額:169,490円


年間回収率245.4%!
年間最高回収率1350%(天皇賞春)

的確でありながら高配当が見込めます。

■直近無料情報結果
クイーンC/3連複23.2倍×600円
[払戻金]13,920円[回収率]258%
春菜賞/3連複33.3倍×400円
[払戻金]13,320円[回収率]278%
無料買い目画像↓↓

<今週はダブル重賞無料買い目公開!>
金鯱賞(G2)
中山牝馬S(G3)

前週の無料情報で合計12,820円獲得!

実際に稼げてる無料予想だから、

ココの買い目は見ておいて損はなし!・・・なのです!

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

↑無料メルマガ登録後レース前夜買い目チェックしてください!

スポンサーリンク
地方競馬最終予想
【競馬単複】MOSTLY CORRECT
タイトルとURLをコピーしました