川崎競馬10R猛虎特別2019予想1500m巧者の出番ですよ!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


川崎競馬10R猛虎特別2019の予想を紹介します。

 

2019年1月30日 第12回 川崎競馬 第3日
ダ1,500m 発走時刻15:30
川崎10R猛虎特別 B2二B3一
サラブレッド系 一般
賞金 1着2,600,000円 2着1,040,000円
3着650,000円 4着390,000円 5着260,000円

 

川崎競馬1500mは逃げ先行馬が有利なコースです。
馬券になりやすい特徴として、1400m1600mを逃げ~先行をして馬券にならなかった馬の巻き返しが目立つ距離になります。

 

特にBクラスになると、この傾向が強くなってきますので予想ロジックの中心にしたいところです。

 

脚質の並びを見ると、逃げたい馬が複数頭いますので、テンの速い馬を狙っていくのと、4、5番手追走で抜け出す競馬が出来る馬。
この2通りから馬券を組み立てていきます。

 

逃げ馬が揃ったことで、人気馬であっても4角すぎで脚が止まってしまう場合も多々ありますので展開を考慮しての2頭となります。

 

それでは、印です。

◎6番カジノシップ
◯7番マジックボーイ
▲3番グレートコマンダー
△12番 ペイシャリル

本線:複勝6番カジノシップ

 

◎6番カジノシップ
1500mは[6-0-1-7]と3着内率100%。
逃げ馬が揃ったここは、この馬の展開になる可能性が大きく、そうなると1500m巧者のカジノシップなら楽勝で抜け出す、差す競馬でゴールをするかなと。
持ちタイム1:35:2なら十分に戦える数字。
この馬は特に書くことがないですが、思った以上に前が粘ると取りこぼしもあるかなと言うくらいです。

 

◯7番マジックボーイ
ナムラメルシーが出走取り消しということで、細く微笑んでいるのはこの馬かなと。
逃げるにしてもテンが早いですから枠順はどこでも良かったですが、ナムラメルシーが出ないのであれば、ハナは楽に奪えるかなと。
12番14番の同型馬が他にいますがスタートさえ五分ならハナを切れる見立て。

同型馬がいなければ◎もあった同馬ですが、後ろから突かれてリズムを狂わす競馬もチラホラあるため対抗の◯。
持ちタイムはメンバー中なら上位で、期待が持てる1頭。
1点だけ不安要素を上げるなら、14番が必要以上に絡んで来ないことを願うばかり。

 

▲3番グレートコマンダー
この枠に入ったことで3走前ポインセチア賞のような内容になるかなと(願望)
近5走の中で内枠に入れたのは3走前と今回のみ。
ポインセチア賞は枠順の利を活かして積極的に逃げて1着。
スタートは出ムチに追っ付けてと必至のスタートも、先手を取ってしまえば、楽な逃げ切り。今回は、騎手が変更していますから、絶対に逃げる保証はないですがハナを取れたら面白い1頭ということで単穴。

 

△12番 ペイシャリル
マジックボーイのすぐ後ろを追走しながら競馬をすると思いますが粘ってマジックボーイと一緒にゴールをするイメージです。
外枠ですから、スタートして脚を使うことになり、さらにハナが取れない競馬になると分が悪いかなと。
それでも、結果を残して来ている馬ですから最後は、バタバタになりながらでも馬券になる可能性はありますね。

 

川崎記念の予想はこちら⇒川崎記念2019予想データ解析!虎視眈々と狙う先行覚醒馬復活の時

タイトルとURLをコピーしました