スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪杯2019予想考察1着馬に共通する5つの絶対条件クリア馬は1頭のみ

この記事は約3分で読めます。


過去2年プラス、産経大阪杯だった4年のデータを参考に1着馬に共通する5つの絶対条件を紹介します。

2019/3/31(日)
阪神11R第63回大阪杯(G1)
4歳以上オープン
2,000m(芝)定量

昨年の優勝馬スワーヴリチャードの走りに驚きと感動を覚えた人も多かった大阪杯。一気のマクリからハナに立ち、そのまま押し切るレースでした。

記録と記憶に深く刻まれたレースでしたが今年はどうなるのか?

結論を先に言えば、1着馬に共通する5つの絶対条件をすべてクリア出来たのは1頭のみ。しかも4歳最強世代の1頭。

それでは、早速いってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪杯2019出走予定馬

エポカドーロ(牡4戸崎)
ステイフーリッシュ(牡4藤岡康)
ステルヴィオ(牡4丸山)
ブラストワンピース(牡4池添)
ワグネリアン(牡4福永)
アルアイン(牡5北村友)
エアウィンザー(牡5浜中)
キセキ(牡5川田)
サングレーザー(牡5ミナリク)
スティッフェリオ(牡5田辺)
ダンビュライト(牡5松若)
ペルシアンナイト(牡5Mデムーロ)
ムイトオブリガード(牡5横山典)
マカヒキ(牡6岩田康)
アクションスター(牡9未定)

大阪杯2019予想オッズ

1ブラストワンピース3.1
2キセキ4.9
3ワグネリアン5.0
4ペルシアンナイト6.4
5エアウィンザー9.6
6ステルヴィオ10.5
7サングレーザー11.2
8アルアイン17.3
9エポカドーロ19.7
10ステイフーリッシュ36.5
11マカヒキ53.1
12ダンビュライト88.6
13スティッフェリオ113.5
14ムイトオブリガード124.3
15アクションスター490.9

大阪杯2019 1着馬に共通する5つの絶対条件とは?

  1. 阪神2000m以上で連対経験
  2. 新馬戦単勝3番人気以内で2着以内
  3. 3歳時に2勝以上
  4. 3歳時に重賞レースで連対1回以上
  5. 前走2着以下ならコンマ2秒以内

阪神2000m以上で連対経験

ワグネリアン
エアウィンザー
キセキ
スティッフェリオ
ダンビュライト
ペルシアンナイト

新馬戦単勝3番人気以内で2着以内

ワグネリアン
エアウィンザー
キセキ
ダンビュライト
ペルシアンナイト

3歳時に2勝以上

ワグネリアン
エアウィンザー
キセキ
ペルシアンナイト

3歳時に重賞レースで連対1回以上

ワグネリアン
キセキ
ペルシアンナイト

前走2着以下ならコンマ2秒以内

ワグネリアン

大阪杯2019  1着馬に共通する5つの絶対条件馬

ワグネリアン

生年月日 2015年02月10日(牡4歳)
毛色鹿毛
調教師友道 康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金3億6085万5000円
通算成績 7戦5勝[5-1-0-1] 主な勝鞍 18’東京優駿
兄弟馬テンダリーヴォイス、カントル
系統サンデーサイレンス系

昨年の天皇賞秋を回避して満を持しての大阪杯。
屈腱炎を発症して長い休養を余儀なくされましたが、天栄帰りの今回もしっかりと走れるだけの調教が出来ているのかが予想のポイントになるでしょうね。

また、古馬との初対戦も不安要素のひとつでしょうか。

芝、ダート共に4歳最強世代に名を連ねるワグネリアンですが1週前追い切りで負荷の強いCW調教でないのが気になります。一度叩いてからと考えるのが妥当の位置でしょうか。

ただ、4歳最強世代の中ではエタリオウに先着しているように力では相当なもの。

単純に力の違いであっさりと勝ってもおかしくない「モノ」を持っているだけに扱いが非常に難しい1頭です。

タイトルとURLをコピーしました