阿武隈ステークス2020予想/スタートさえ五分なら外枠馬・斤量差を活かせるなら内枠馬

阿武隈ステークス2020の予想を紹介します。2020年7月18日(土曜)福島競馬/3歳以上3勝クラスハンデ戦/芝2000m

阿武隈ステークス2020枠順

阿武隈ステークス2020予想

阿武隈ステークスの過去データが揃わない中、近走内容を重視しながら予想を組んでいます。

先週の七夕賞優勝馬クレッシェンドラヴのような福島巧者を狙うのも「あり」なんですが、3勝クラスですからそこまで執着することもないかなと思いながら、先行して息の長い脚質を出せそうな馬を狙ってみます。

メンバーの脚質から見てスローペースからミドルペースまでで、先行~差しが有利に競馬が運べ、逃げ、追い込み馬は苦戦を想定。

さらに2枠3枠4枠といった内枠勢が、展開面で良さそうに見えますので、このあたりを中心に印を打っていきます。

◎本命:複勝

シングフォーユー

足を滑らす、のめるような馬場が苦手なイメージがあるシングフォーユーですが、調教を見る限り、そのあたりは成長しているかなといった内容で、今の状態なら走れる見込みがあるように見えます。

前走テレ玉杯は少頭数で、スローペースの上がり3F競馬。完全に前が有利の中、息の長い足を使い優勝。タイムこそ平凡も内容は良かったと思います。

スイートピーSで2着があるように実力はなかなかのものを持っており、距離も問題なく、今回は斤量53キロにミルコ・デムーロ騎手と他の好走データ以外にも買いの材料は揃った形。

今回、3枠を引いたことで好位先団を楽に取ることができ、さらにペース次第では、早めに抜け出す競馬が出来る器用さも持っていますので、スローペースで流れるなら勝ち負けは十分に出来る見立て。

他にも強そうな馬はいますが、抜け出す競馬。これがハマるイメージですね。

○対抗

ショウナンバルディ

前走垂水ステークスで3勝クラスのメドはついた形も7枠に入ったことで対抗へ。

垂水ステークスの内容は上々で、タイム1:59.4もなかなかのタイム。2番手を追走しながら、勝ち馬ランブリングアレーとの叩きあいで最後は決めてを欠き2着。

それでも休養明け初戦に昇級初戦。さらに斤量57キロ、馬体重10キロ増だったことを考えれば、負けて強しの内容だったと思います。

今回、7枠から先行策に出る競馬になると思いますが、大外ジャコマルが逃げるとなれば、スタートで被されて好位のポジションを取るのに手間取るかなと。

そうなれば、切れる脚も、マクるような器用な脚も出せないショウナンバルディですから、前を交わすまで行けるかどうかは不安で。

それでもスタートさえ決まれば、あとは淡々と競馬をするだけですので、スタート。これがポイントになると思います。

◎シングフォーユー
○ショウナンバルディ
▲コスモカレンドゥラ
△フィールインラヴ
△マイネルラフレシア
×ドリームソルジャー
×ニューポート

馬連◎○=◎○▲△△××11点

[common_content id=”10677″]

[common_content id=”9807″]
タイトルとURLをコピーしました