赤松賞2019予想オッズや過去データ傾向!新馬戦の内容から先行抜け出しフィオリキアリ

赤松賞2019の予想を中心に枠順や予想オッズ、過去データ傾向を紹介します。(2019年11月17日(日曜)/東京競馬場/9R赤松賞/2歳500万下/芝1,600m)

展開理論予想の@足立です。

過去5年の結果を見ると、上がり3F33秒台の決着にサンデーサイレンス系が優秀。さらに単勝1番人気[2-0-3-0]と3着内率100%の結果。

昨年こそ、単勝9番人気が2着に入ったことで馬連万馬券となりましたが基本は単勝5番人気以内が活躍出来るレースです。

今年もこのあたりを参考に展開をしっかりと予測して馬券を組み立てます。

赤松賞2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

赤松賞2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ビオグラフィー 牝2 54.0 北村 友一
2 2 セイウンヴィーナス 牝2 54.0 野中 悠太郎
3 3 イズジョーノキセキ 牝2 54.0 岩田 康誠
4 4 ジェラペッシュ 牝2 54.0 吉田 豊
5 5 フィオリキアリ 牝2 54.0 丸山 元気
5 6 カイアワセ 牝2 54.0 武士沢 友治
6 7 シンハリング 牝2 54.0 M.デムーロ
6 8 スマイルカナ 牝2 54.0 柴田 大知
7 9 シャインガーネット 牝2 54.0 田辺 裕信
7 10 スリリングドリーム 牝2 54.0 大野 拓弥
8 11 チェーンオブラブ 牝2 54.0 三浦 皇成
× 8 12 ドナキアーロ 牝2 54.0 石橋 脩

展開予測

先行勢が揃った1戦も若駒による東京コース。そこまで速くならないと考えていますのでミドルペースまでを想定。

たぶんスローペースになると思います。

ハナを切りたいのは、ビオグラフィーかスマイルカナ。前走内容から言えば、馬なりでハナを取れそうなのはスマイルカナかなと。

先行勢は、カイアワセ、シンハリング、チェーンオブラブ、スリリングドリームあたり。

最後の直線にかけるセイウンヴィーナスが最後方から。

外枠に先行馬が揃ったため無理にでも好位を取りにいく形であれば、縦長の展開になり、3角手前から徐々に馬群が凝縮。

最後の直線では、逃げ先行馬の脚色がそのままで上がり勝負へ。

結果的に前と後ろの脚が同じで逃げ先行馬がが上位を独占しているような展開を予測しています。

赤松賞2019予想

◎本命:複勝

フィオリキアリ

↓黒い帽子4番フィオリキアリ

前走新馬戦東京1600mは、5番人気で1着。

スタートはまずまずの出だしから馬の行く気に任せて2番手へ。

少しかかった様子も見せながら3コーナー手前に入る頃には折り合いついて4番手。

最後は、ムチを入れながら伸びる競馬。

結果的に上がり3F33秒台でしたが一瞬の切れ味というよりも、徐々に加速してトップスピードまで持っていく競馬ですから東京コースのスローペースでこそ走れる馬かなと。

メンバー的に手薄の状態ですから相手なりに走れそうな部分もプラス。

新馬戦の時計は平凡ですがクラスが上がればそれなりに時計も詰めてくると思います。

前走内容を見る限り、2000m以上が合っていそうで中山2000mや京都2400mなんか合っていそうですね。

赤松賞コース解説

春のNHKマイルC、ヴィクトリアM、安田記念が行われる舞台。向正面の奥からスタートし、250m地点までは緩やかな下りが続く。

3コーナーまでは約550mほどの直線でポジション争いはさほど激しくならず、枠順に有利不利も少ない。

ただし、3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため、息を抜きたいはずのコーナーで息が抜けない。そのため1400mに比べ上がりが掛かる傾向がある。

マイル戦ながらスタミナ消耗戦になるコースで、このコースを逃げ切るにはスピードに加え、スタミナ、底力が必要となる。このコースが『中距離を走れるくらいのスタミナが要求される』と言われる所以だ。

クラスが上がるほど逃げ一辺倒では難しくなる……はずだが、外差しが利きにくくなっている影響なのか、近年は安田記念(ロゴタイプ)、NHKマイルC(メジャーエンブレム、ミッキーアイル)など大舞台での逃げ切りも目立っている。

とはいえ、基本は瞬発力を持つ馬が有利なコースだ。引用先:競馬ラボ

赤松賞過去データ傾向分析

過去5年の結果を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[2-0-3-0]
  2. 単勝2番人気[0-1-0-4]
  3. 単勝3番人気[0-2-0-3]
  4. 関東馬[4-4-5-37]
  5. 関西馬[1-1-0-7]
  • サンデーサイレンス系、ミスプロ系が優秀
  • 前走単勝3番人気以内1着が優秀
  • 前走新馬戦かアルテミスS組が優秀。近2年はサフラン賞単勝2番人気が好走
  • 前走4角4番手以内の先行馬が優秀
  • 中2週~4週が好走
【1位】競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

展開理論を覚えたい方にはおすすめの良書です。
特に注目したいのは「馬場と展開についての解説」と「データの見方の解説」の2点。
スローペースになるか、ハイペースになるかを出走表から予測するための解説がされており、初心者でも何度か練習をすれば展開予測が出来るはずです。

また、「データの見方の解説」に至っては、◯◯距離+コースなら回収率100%を越えるといったデータのみの公開は一般的に良く見られる情報ですが、それが正しいかどうかの見方についても解説しているのが他の競馬本とは一線を画する内容です。

展開理論で予想をして、その馬が展開予測通りに走り1着でゴールする。
競馬予想の醍醐味を十分に楽しめる。そんな1冊に仕上がっています。

【2位】馬券術_人間の条件—「競馬は、一流の人間だけ見れば勝てるんだよ」

私が展開理論で競馬予想をするきっかけとなった伝説の競馬書籍です。

競馬予想をする上で、馬主と厩舎の関係。騎手と馬主との関係。厩舎と騎手との関係といった「人」を見た予想は、ごく当たり前になっていますが20年前までは「人」を見た競馬予想は確立されていませんでした。
そういった時代に突如現れたのが「競馬は、一流の人間だけ見れば勝てるんだよ」という予想。

当時の競馬予想に革命的な理論を叩き出し、一躍その「人を見る競馬理論」が一世を風靡しました。
内容は当時のデータなどを掲載しながらの解説になっていますので現在は使えないですが、その理論は今なお健在。
私もこの1冊に出会ってから的中率や回収率が飛躍的に伸びたのを今でも鮮明に記憶しています。
中古でしか手に入らないですが一読価値は十分にあります。

【3位】1頭の種牡馬の凄いクセをつかむだけで1千万円稼ぐ

競走馬は、コースや距離によって好走出来るタイプが異なってきます。その異なる部分を見極めるためには何をどうすれば良いのか?という所にフォーカスし「血統と馬体を見れば特徴が分かる」という独自の観点を解説した内容です。
「距離短縮」で走るのか?「距離延長」で走るのか?などを種牡馬別に具体的に例題を出しながら解説しています。
作者である双馬毅が某キャッシングの5万円を原資に馬券生活をスタートし、わずか数年で1000万単位で勝つまでになった双馬毅の核となる理論。
主要種牡馬&クセの強い種牡馬だけをピックアップした、最も馬券に直結する種牡馬事典と言っても過言ではありません

タイトルとURLをコピーしました