安芸ステークス2020予想や過去データ/前走不利からの巻き返しに期待出来る牡馬を狙う

安芸ステークス2020の予想や過去データ・展開予測を紹介。過去の傾向から厳選した(人気・枠順・血統・種牡馬・馬体重・前走・脚質・種牡馬)や、展開を予測して予想を組み立てています。

◎2週連続の万馬券的中で21万獲得の無料予想!

◎10月総額【49,621,960円】獲得!

■シリウスSに神戸新聞杯で2週連続の万馬券を的中!

実際に公開された買い目がコチラ↓

■中京11RシリウスS
3連複2-3-15
254倍×500円=127000円獲得
回収率2540%

■中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円獲得
回収率1902%

単勝14人気ロバートソンキー入れてました!

神戸新聞杯とシリウスSの無料予想で計21万円を獲得は本当に稼がしてもらいました。

■東京スポーツ杯2歳ステークス的中!

1着3ダノンザキッド①番人気
2着2タイトルホルダー⑤番人気
3着10ジュンブルースカイ③番人気
3連複21.7倍×500円=1万850円獲得
回収率217%

今週は京都2歳Sとジャパンカップの無料予想を公開!

昨年のジャパンカップもきっちりと的中!

2週連続で万馬券を的中させたここの無料買い目は、闇雲に穴を狙った買い目ではなく、本命3頭+穴2頭といった中配当から高配当まで狙ったバランスの良い買い目です。

今週も厳選された5頭の推奨馬でシリウスSの回収率2540%以上を期待して見てください!

↑上記から競馬学会のHPへ。【無料】フォームから無料メルアド登録のみでジャパンカップの無料買い目が即確認出来ます!

安芸ステークス2020レース概要

開催日 2020年6月20日/土曜日
開催場所 阪神競馬場
レース名 安芸ステークス
条件 3歳以上1600万下3勝クラス/定量
距離 ダート1200m・右回り
本賞金1着 1500万円

[common_content id=”10677″]

阪神ダート1200mコース解説

スタートしてから最初の1ハロンは平坦ですが、1ハロン過ぎてから下り坂に最初のコーナーへ。

最後の直線に急坂が待ち構えており、前半は速めのラップに後半は時計がかかるラップといったコース形体です。

基本的には逃げ先行馬が優秀ですが、最初のコーナーまでの直線が短いため、逃げ先行馬にとっては、枠順や脚質の並びが重要になってきます。

枠順は奇数枠が苦戦しやすく、偶数枠が好走。このあたりはコースバイアスの影響をもろに受けている結果だと思います。

安芸ステークス2020 過去データ傾向分析

同条件でおこなわれた、なにわSの過去10年を参考にしています。

単勝人気別成績

単勝5番人気以内[9-7-6-28]勝率18%、3着内率44%と軸馬の中心になりそうな結果で、特に単勝4番人気以内の牝馬が[3-3-1-6]と好走しています。

単勝オッズ別成績

単勝9.9倍以内であれば勝ち負け出来そうな結果。基本的には人気割れしやすい条件戦です。

枠順別成績

1枠3枠5枠といった奇数枠が苦戦しており、これは強いデータになるかなと。

特に単勝6番人気以下になると

馬券になりやすいのは、4枠6枠の偶数枠ですから、このあたりは要チェックしたいところですね。

脚質別成績

逃げ・先行馬で8勝と、断然前が有利な結果です。

上がり3Fは、そこまで切れる脚は必要なく、どちらかと言えば、前に行くだけいって、最後はなんとか踏ん張るような競馬が好走しているレースですね。

追い込み馬は苦戦傾向で、軸にし難い結果です。

馬年齢別成績

7歳以上が苦戦しており、4歳5歳が中心のレースです。

前走単勝人気別成績

条件戦ですから、前走人気はそこまで意識することは無いかなと、個人的には思っているのですが、やはり前走単勝1番人気が4勝とそれなりに好走していますので、軽視は出来ないかなといった感じです。

血統・種牡馬別成績

意外とミスプロ系がそこまで走っておらず、サンデーサイレンス系が優秀な結果。

馬体重データ

安芸ステークス2020 予想オッズ

引用先:ネット競馬

安芸ステークス2020 枠順

 

引用先:競馬ラボ

安芸ステークス2020 展開予測

逃げ先行馬が揃ったことで、ミドルペース以上を想定。

逃げるのは、アサケパワー、ジャスパーウィン、ヤマニンレジスタあたりも、枠順から見て、アサケパワー、ヤマニンレジスタのどちらか。

ただ、スタート次第にもなりますので、このあたりは難しい予測です。

全体的に縦長の展開になり、3角手前からある程度は馬群が凝縮。それでも馬場状態も加わり、4角を回ってもやや縦長の競馬で最後の直線へ。

逃げるアサケパワー、ヤマニンレジスタが後続馬を引き離しにかかりますが、外め先行好位をキープしていた、レシプロケイトやサトノギャロスが前を交わす勢い。

安芸ステークス2020 予想

逃げ先行馬が集まったこと。特に外枠に集まったことや馬場状態も加味すれば、ハイペースはあるかなと。

一応はミドルペース以上の想定ですが、ハイペースもありえるメンバー構成。

枠順傾向の強いコースと条件ですので、狙うのは外枠先行馬で、仮にハイペースになっても、足抜きの良さでカバーするかなと。

◎本命:複勝

レシプロケイト

前走八海山ステークスは、スタートで他馬と接触したために後方からの競馬。

初のダート1200m戦でしたが、道中も折り合いがつき、速くなりだす3角手前からもしっかりとスピードについていっていましたので、距離適性は問題無いかなと。

結果は、勝ち馬からコンマ3秒差の4着と善戦しており、やはりスタートの接触が痛かったレースでした。

阪神コースは[1-1-0-1]と好走しており、距離と共に問題ない形。

今回は、前走から乗り替わりで川田騎手が騎乗。

陣営の本気度が高いと判断するなら、川田騎手の阪神ダート1200mの過去3年、単勝1番人気~2番人気で[7-3-0-8]勝率38.9%と乗れており、6枠なら[4-0-0-3]とこちらも好走。

たぶん、陣営の本気度は高いと思います。

距離に関係なく、ハイペースで結果を出していますので、少々オーバーペース気味に流れたとしても、足抜きの良さやスタミナ面でカバー出来ると思います。

あとは、スタートが五分なら。

[common_content id=”13432″]

タイトルとURLをコピーしました