秋の鞍2020予想や過去データ傾向分析・絶対的スピードで後続馬を完封が期待出来る1頭

秋の鞍2020予想や過去データ傾向分析を紹介します。2020年10月12日第15回名古屋競馬 第1日第31回秋の鞍トランセンド賞3歳オープン・ダート1400m

秋の鞍2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 マイネルドゥマン 牡3 56 加藤聡一
2 2 ミステリーベルン 牝3 54 藤原幹生
3 3 エストラード 牡3 56 筒井勇介
4 4 ニュータウンガール 牝3 54 水野翔
5 5 メモリーソウル 牡3 56 丹羽克輝
5 6 ナムラマホーホ 牡3 56 村上弘樹
6 7 キクノウィング 牝3 54 広瀬航
6 8 コパノライダー 牡3 56 丸野勝虎
7 9 エムエスオープン 牝3 54 今井貴大
7 10 ステラモナーク 牝3 54 下原理
8 11 ヴァケーション 牡3 56 吉原寛人
8 12 エイシンハルニレ 牡3 56 岡部誠

秋の鞍2020過去データ傾向分析

今年から距離変更となっています。

過去5年のデータ分析はダート1600mで行われた過去5年を参考にしています。

枠順データ

1枠[2-0-0-3]勝率40%と好走。

全体的には、4枠6枠[0-0-0-15]と苦戦。そのほかは3着内率30%~40%以上で好走。

狙い枠としては、1枠2枠3枠5枠7枠。

脚質データ

逃げ[2-1-1-5]と3着内率44.4%でトップの成績ですが、追い込みも3着内率20%と大きく崩れておらず、どの脚質からでも勝ち負け出来ている結果です。

また、4角7番手以内に勝ち星があり、このあたりは、展開面での予測も必要になるかと思います。

単勝人気データ

単勝1番人気[4-0-0-1]勝率80%とダントツの結果。

連対以上は単勝5番人気以内。3着以内も単勝5番人気以内となっており、単勝6番人気以下[0-0-0-34]と苦戦しています。

所属データ

地元名古屋が強い競馬ですが、兵庫も[1-3-2-3]と善戦。名古屋VS兵庫の戦いが中心になっています。

前走レースデータ

前走ダート1900m、1800m組が好走しており[4-0-0-3]。

1400組が[1-0-1-18]と意外と苦戦しており、ダート1600mも[0-0-1-13]と苦戦していますので、前走1700m~1900m組が狙い目になると思いますが、

今年からダート1400mに距離短縮となりましたので、参考程度に。

個人的には、前走ダート1600m組が活躍するかなとは思っていますがどうでしょうかね。

秋の鞍2020予想

◎本命・単勝

ステラモナーク

スタートしてからダッシュ力でハナを取るといったタイプではなく、二の足の速さでハナに行けるタイプですので、ある意味7枠は好材料かなと。

スピードに乗ってしまえば、後続馬を射程圏内に入れることなく逃げ切れる脚質は、逃げ有利の名古屋ならさらに後押ししてくれそうで。

前走園田オータムトロフィーは、スタートもまずまずの中、ハナに立つと、あとは圧倒的なスピードで2着馬に4馬身をつけて優勝。

さらに 若草賞は、2着に6馬身をつけて圧勝ですから、馬場適性も距離適性も申し分なく、あとは、非根幹距離の1400mですから、覚醒逃げ馬の登場が無いことを祈るのみかなと。

また休養明けを叩いたことで、さらに上積みも見込めそうで、遠征の秋の鞍でも期待出来る1頭だと思います。

◎ステラモナーク
○ニュータウンガール
▲エムエスオープン
△コパノライダー
×ナムラマホーホ
×エストラード

馬単◎⇒○▲△××5点

[getpost id=”17163″] [common_content id=”9807″] [common_content id=”16971″]
タイトルとURLをコピーしました