当サイト無料メルマガ予想→皐月賞ダノンキングリー桜花賞クロノジェネシス的中!無料メルマガの登録はこちらから
予想注目馬分析評価

アメリカジョッキークラブカップ2019予想注目馬シャケトラを狙いたいが

アメリカジョッキークラブカップ2019予想注目馬
2019年1月20日(日)1回中山7日
中山11R第60回アメリカジョッキークラブC(GII)
芝2200mサラ系4歳以上(国際)[指定]オープン別定


先週に引き続き、難解なレースであるアメリカジョッキークラブC。非根幹距離に加え、中山コースですから、個人的には難しくなって当たり前かなと思いながら、昨年の優勝馬ダンビュライトから過去3年の1着~3着馬の走りを見ていましたが、あれなんですね。9頭中7頭は、2歳時で中山2000mに出走経験があったんですよね。着順に関係なく。もちろん、3着以内の馬が多かったですが、非根幹距離は、一度走ったことがある馬から選定していくのがやっぱりベストだなと。古馬混合ですが、若い内に中山2000mを走っている馬から予想に入るのがいいかなと。

この記事では注目馬に対してのサイト管理人の評価をまとめたものになります。
重要なデータや、コースバイアス関係の記事は、のちほど公開します。

アメリカJCCの最終予想はこちら⇒アメリカJCC2019予想!中京帰りの高齢馬が狙い目その理由とは

アメリカジョッキークラブカップ予想オッズ

1フィエールマン2.1
2ジェネラーレウーノ2.4
3ダンビュライト5.0
4サクラアンプルール12.1
5シャケトラ16.8
6メートルダール20.3
7ミライヘノツバサ31.0
8ショウナンバッハ48.0
9ステイインシアトル71.6
10マイネルミラノ246.6
11アクションスター347.9

アメリカジョッキークラブカップサイト管理人の注目馬評価

フィエールマン
生年月日 2015年01月20日(牡4歳)
毛色鹿毛
調教師手塚 貴久(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金1億7885万9000円
通算成績 4戦3勝[3-1-0-0]
主な勝鞍 18’菊花賞
兄弟馬ルヴォワール、ラストヌードル
系統サンデーサイレンス系

4歳勢のG1馬で先陣を切って登場するフィエールマン。本格始動にアメリカジョッキークラブカップからということでその仕上がり具合が気になるところですが、前走菊花賞は、前評判を信用していれば獲れていたような馬でその素質になかなか手が出なかった方も多かったのではないでしょうか。菊花賞3着ブラストワンピースが有馬記念を優勝したことで必然と、菊花賞馬フィエールマンがここでは断然人気になるでしょうね。

「前走は展開がハマった」「ルメール騎手の好騎乗」などの話を目にしますが、1800mから3000mのローテーションで勝てるのは、間違いなく強い馬です。過去の記憶を辿っても、そういった馬は、思いだせないですね。

2走前ラジオNIKKEI賞のタイム1:46.2は速いタイムで、上がり3F最速の追い込みでしたから、こういった走りを見る限り、ここでも十分に通用するでしょうね。また、今回は少頭数ですからスローペース濃厚、そうなると最後に追い込んで来るのがフィエールマンかなと。

ジェネラーレウーノ

生年月日 2015年01月27日(牡4歳)
毛色青鹿毛
調教師矢野 英一(美浦)
馬主株式会社 Gリビエール・レーシング
生産者/産地新生ファーム/日高町
中央獲得賞金1億4216万6000円
通算成績 8戦4勝[4-0-2-2]
主な勝鞍 18’朝日セントライト記念
兄弟馬メイサ
系統Roberto系

先に展開面から推測すると、少頭数でスローペースが濃厚な展開なら、切れ味勝負ではフィエールマンが上。そういうことを考えた上で、田辺騎手がどうのるのかで、この馬が馬券になるかどうか。この辺が枠順と脚質の並びで判断しないといけない馬かなと。

同距離コースはセントライト記念で優勝と相性が良いのは証明済み。タイムも2:12.1と古馬でもなかなか出ない数字。今回は期待が大きく膨らむ反面、ハイペースでこその馬です。セントライト記念はスローの中で勝ってはいますが今回からは古馬対決。切れ味勝負になると分が悪いだけに、田辺騎手の乗り方次第かなと。

ダンビュライト

生年月日 2014年03月03日(牡5歳)
毛色黒鹿毛
調教師音無 秀孝(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金2億1179万5000円
通算成績 16戦3勝[3-1-4-8]
主な勝鞍 18’アメリカジョッキーC
兄弟馬ラブラドライト、モルガナイト
系統Mr. Prospector系

昨年の優勝馬ダンビュライト。このメンバーの中で『安定感』『オッズ』の2つを重視すれば、この馬が一番狙いやすいかなと。人気は、フィエールマンと、ジェネラーレウーノが持って行ってくれますし、同型馬に近いジェネラーレウーノのすぐ後ろさえ走れれば、前走でひと叩きされた馬体は、今回が走りごろかなと。

これまで16戦してきましたが、一度もハイペースで走ったことがなく、それでいて、1秒差以上の負けが1回と安定した走り。その安定感は、先行粘り込みが利く2枚腰にあるかなと。上がりも無い同馬ですがスタミナの持続力はそうとうなものを持っていると思います。

休養明けのジェネラーレウーノを狙うより、一度叩いたダンビュライトがオッズ的に美味いかなと考えています。

まとめシャケトラを狙いたいんですが

4歳馬2頭VS古馬という構図の中で、4歳馬2頭がどういった走りを見せるのかが注目。少頭数ですから、縦長の展開になったとしても、フィエールマンであれば、4角では前を捕えられる位置にはいそうですし、逃げても、そこまで極端なスローペースにもならないかなと。

この競馬のポイントは、ダンビュライトと、ジェネラーレウーノの位置取りが鍵を握っている展開になりそうですね。

今回、個人的に狙っていたのは、シャケトラですが、角居厩舎ということで、もう少し思案したいところです。G1では惜しい競馬が続いていますが、G2クラスの中山2000m以上なら勝ち負けだと考えていましたので、もう少し、情報収集や、調教具合、コメントなどを参考にしてから決めたいと思います。順調ならあっさりもありますからね。

スポンサーリンク

今週開催レース予想&結果

1月20日(日)
中山11RアメリカジョッキーC(GⅡ)
中山10RアレキサンドライトS
中山9R菜の花賞
京都11R石清水ステークス
中京11R東海テレビ杯東海S(GⅡ)

1月19日(土)単複予想4戦3勝 回収率120%
中山11R初富士ステークス
京都9R祇園特別
京都10R若駒ステークス
京都11Rすばるステークス