中央競馬最終予想

アネモネS/前走中山組が好走中・狙うのはあの内枠馬

アネモネステークス2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年3月15日中山競馬アネモネステークス/リステッド/桜花賞トライアル/3歳オープン/芝1600m)

近年は、単勝1番人気~3番人気が好走しており、平穏な結果になりやすく、特に前走上がり3F2位以内馬が好走している点に注目したいレースです。

桜花賞のトライアルレースですが、ここを叩いて本番へといった馬が見当たらないだけに、その先にある大一番を目指しての賞金加算のためのレースという位置づけが無難で、そのあたりを考えれば、ある程度仕上げて来る陣営を狙うのがベストかなと。

また、レース当日は不良馬場が予想されますので、そのあたりも考慮しながら予想を組み立てています。

アネモネステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ソングオブザハート 牝3 54.0 川又賢 [栗]寺島良
2 2 バルトリ 牝3 54.0 Lヒュ [美]藤沢和
3 3 ジェラペッシュ 牝3 54.0 吉田豊 [美]尾関知
4 4 インザムービー 牝3 54.0 石橋脩 [栗]牧田和
5 5 ビッククインバイオ 牝3 54.0 大野拓 [美]牧光二
5 6 マンバー 牝3 54.0 宮崎北 [美]中野栄
6 7 インターミッション 牝3 54.0 石川裕 [美]手塚貴
6 8 フェルミスフィア 牝3 54.0 丸山元 [美]木村哲
7 9 クリノプレミアム 牝3 54.0 北村宏 [美]伊藤伸
7 10 メイショウベッピン 牝3 54.0 柴田善 [栗]荒川義
8 11 カイトレッド 牝3 54.0 武藤雅 [美]和田雄
8 12 フィオリキアリ 牝3 54.0 藤井勘 [栗]清水久

アネモネステークス2020予想

◎本命:複勝

バルトリ

特に過去5年の単勝1番人気~3番人気が[5-4-1-5]の成績となっており、この上位3頭を軽視した馬券の組み立て方は、やらないに越したことは無いような感じで。

特にバルトリはそれに該当する馬で、ほか過去データ傾向も合致している部分が多く、仮に1勝馬でも十分にやりあえるだけの「モノ」は持っているかなと。

特に前走デビュー戦は、不良馬場のレースでも、まったく意に介さない力強い走りは、日曜日の中山コースの馬場でも走れそうなイメージが強いです。

今回、2枠を引いたことで厳しい競馬が予想されましたが、不良馬場になったことで「どこの枠からでもイーブンで競馬が出来る」状態になり、前走不良馬場で結果を出している点も考慮すれば、先行抜け出しが綺麗に決まるかなと。

ただ、少しだけ物怖じするところがあるので、このあたりが不安ですが、調子の良いL・ヒューイットソン騎手が騎乗ですから、期待したいですね。

土曜日の中山芝1600mも勝っていますからね。

◯対抗

フェルミスフィア

前走菜の花賞は、中団待機から早めに先団へ取りつき、そのまま抜け出す競馬で2着。結果的に連対をしたわけですが、気性面に不安があり、カッとなるとハミを噛んで前に行ってしまう競馬になりがちで。

前走もそういった部分での早めの競馬だったのかなと思うと、このレースでかかってしまうと、最後の直線で伸びを欠くのは目に見えているだけに狙いづらいのも確かですが、それでも、デビュー戦や前走内容から考えれば対抗は妥当。

また、前走後に放牧に出したことで、リフレッシュ効果も期待が出来ますので、ある程度の気性難は抑えることが出来そうかなと。

今回は、6枠を引きましたが、そこまでペースが上がらない展開を予測していますので、外目中団から最後の直線で脚を伸ばせそうな進路をスムーズに取れそうですから、ここは期待したいですね。

全体の予想としては、◎バルトリ◯フェルミスフィアの2頭が揃って連を外すことはないかなと。強いて言えば、▲ビッククインバイオが逃げ切る可能性があるかなと。もしくは早め先頭押し切り。

◎バルトリ
◯フェルミスフィア
▲ビッククインバイオ
△ジェラペッシュ
☆クリノプレミアム
×フィオリキアリ
×インターミッション

馬連◎◯=▲△△××

3連複
1頭目◎◯
2頭目◎◯▲△
3頭目◎◯▲△☆××

アネモネステークス2020過去データ傾向

特に重要なデータを紹介します。

  1. 単勝1番人気[4-4-1-3]連対率55.6%と圧倒的な成績。単勝2番・3番人気も好走しており、上位馬中心のレース
  2. 前走中山組が優秀で、過去5年に限れば[3-2-0-5]と好走
  3. 前走3着以内で上がり3F2位以内が好走
  4. ディープインパクト産駒が優秀もキングカメハメハ産駒も好走。サンデーサイレンス系とミスプロ系が得意のレース
  5. 4角5番手以内の逃げ先行馬が優秀で、追い込み馬は苦戦
  6. 前走4角4番手以内が好走

 

 

 

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。