スポンサーリンク

JRAアニバーサリーステークス2020予想や過去データ傾向

JRAアニバーサリーステークス2020予想や過去データ傾向を紹介します。2020年9月21日 2回中京競馬5日3歳以上3勝クラス・ダート1800m

JRAアニバーサリーステークス2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ニューモニュメント 牡4 57.0 松山 弘平
1 2 ツブラナヒトミ 牡5 57.0 団野 大成
2 3 ダイアナブライト 牝4 55.0 吉田 隼人
2 4 マリオ 牡5 57.0 幸 英明
3 5 タガノヴェローナ 牝6 55.0 城戸 義政
3 6 オーケストラ 騸5 57.0 斎藤 新
4 7 ショートストーリー 牡7 57.0 太宰 啓介
4 8 メイショウラケーテ 牡6 57.0 岩田 康誠
5 9 アイアムレジェンド 牡4 57.0 和田 竜二
5 10 アスターマリンバ 牡3 54.0 松若 風馬
6 11 ビッグアイランド 牡6 57.0 藤井 勘一郎
6 12 マイネルカイノン 牡5 57.0 国分 恭介
7 13 ララメダイユドール 牡6 57.0 荻野 琢真
7 14 スズカフェスタ 牡5 57.0 国分 優作
8 15 タイサイ 牡4 57.0 中井 裕二
8 16 メイショウソテツ 牡4 57.0 武 豊

JRAアニバーサリーステークス2020予想

逃げ先行馬が優秀で、1枠2枠ならさらに好走しやいのが中京ダート1800mですが、先行争いが激しくなれば、最後まで脚が持たなくなり、結果的に差し馬台頭といったレースにもなりやすい。

今回のメンバーは、逃げ先行馬が揃ったことで、テンから激しい先行争いになるかなと。

そうなれば、差し馬の出番。

◎本命・複勝

ツブラナヒトミ

これまで、徐々に適正距離を探りながら距離延長をしてきたツブラナヒトミ。

今年に入って、1700m、1800mに落ち着いたところで、前走苗場特別は、単勝2番人気で1着。1000万クラスを8戦目にして勝ち上がった苦労馬ですが、その内容が上々だったかなと。

稍重でも勝ちタイム1:51.2はなかなかの好タイムで、ミドルペースを先行して抜け出す競馬。上がり3F1位も付いての優勝ですから、距離適性は十分。

もともと、中団から競馬をするタイプですから、今回のようなメンバー構成なら、行きたい馬は前に行かせて、自身はインの中団やや前を追走。

ミドルペースで先行した脚質がありますので、多少速くなっても脚が残っての最後の直線へ。

今年は、控えた競馬でも末脚をしっかりと出して好走していますし、展開が向きそうな今回も、最後の最後で、イン抜けをしてくるかなと。

期待したい1頭ですね。

◎ツブラナヒトミ
○アイアムレジェンド
▲メイショウソテツ
△ダイアナブライト
△タガノヴェローナ
×ニューモニュメント

馬連◎=○▲△△×5点

JRAアニバーサリーステークス2020過去データ傾向

中京3勝クラス、3歳以上ダート1800mの過去8年を参考にしています。

単勝人気データ

単勝4番人気以内[6-7-2-17]と好走しており、中心の存在。

勝ち星は無いものの、単勝3番人気が[0-4-1-3]3着内率62.5%とトップの成績。複回収率115%も◎。

単勝10番人気以下[0-0-0-49]と苦戦。

枠順データ

5枠以外はどこからでも勝ち負け出来ている結果。

全体的には1枠2枠の内枠勢が優秀で、1枠単回収率332%。1枠2枠に逃げ先行馬が入った場合[2-4-1-1]と好走。

脚質データ

逃げ先行馬で7勝2着7回と優秀。

差し追い込み馬は苦戦しており、特に追い込み馬は[0-0-1-40]と苦戦。

上がり3F競馬になりやすく、上がり3F1位~2位で[6-3-3-10]と好走しています。

種牡馬データ

全体的にはサンデーサイレンス系、ミスプロ系が好走。

所属&性別データ

  1. 牡馬・せん馬[8-8-8-90]
  2. 牝馬[0-0-0-8]

関東馬が苦戦しており、関西馬が優秀。

牝馬は馬券になっておらず、牡馬、せん馬が中心。

[common_content id=”15869″] [common_content id=”15549″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました