アンドロメダステークス2019予想オッズや過去データ/マイネル2頭が躍動するレース

アンドロメダステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向、展開予測を紹介します。(2019年11月16日土曜日/京都競馬場/3歳上オープンハンデ・リステッド競走/芝2000m)

足立です。

ツイッターで中央競馬や地方競馬の軸馬・穴馬を公開していますのでよかったら⇒@足立

先程、京都全レースの軸・穴を公開しました。アンドロメダSの穴馬も公開しています。

馬柱を見渡せば、すでに荒れる匂いで溢れているメンバー構成。

過去10年の結果を見ても紐荒れの年が多く、上位人気馬同士で決まったのは3回のみ。

今年も荒れるかなと予測しています。

ポイントは、マイネルネーベルですね。

2020年G1無料予想16戦10勝の実力・チャンピオンズCの無料予想はココ!

◎春G1シリーズ8戦6勝!桜花賞からマイルCSまで16戦10勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、ジャパンカップ、マイルCS的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■G1無料予想16戦10勝

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

◆無料情報3連複実績↓
無料情報クラシック三冠制覇
◎皐月賞 →36,600円/回収率654%
◎東京優駿→14,880円/回収率276%
◎菊花賞 →22,860円/回収率423%
→(三冠的中買い目画像
無料情報で天皇賞春秋的中
◎天皇賞春→67,500円/回収率1350%
◎天皇賞秋→5,760円/回収率107%
→(天皇賞春秋買い目画像
その他の無料情報も的中街道
◎桜花賞  →50,360円/回収率899%
◎Vマイル →11,840円/回収率227%
◎安田記念 →6,720円/回収率140%
◎マイルCS→9,660円/回収率179%

ここのG1予想が熱いんです。
いろいろ検証してみても10勝してるとこはないです。

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料買い目公開
12月5日(土)ステイヤーズステークス
12月6日(日)チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

アンドロメダステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

アンドロメダステークス2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 トリコロールブルー 牡5 56.0 C.スミヨン
1 2 ナイトオブナイツ 牡6 56.0 池添 謙一
2 3 マサハヤドリーム 騸7 54.0 和田 竜二
2 4 ゴールドサーベラス 牡7 54.0 坂井 瑠星
3 5 ヒーズインラブ 牡6 56.0 藤岡 康太
3 6 アイスストーム 牡4 54.0 武 豊
4 7 ロードヴァンドール 牡6 55.0 太宰 啓介
4 8 ジョルジュサンク 牡6 53.0 川須 栄彦
5 9 マイネルネーベル 牡7 53.0 国分 恭介
5 10 マイネルサーパス 牡3 53.0 国分 優作
6 11 ケイティクレバー 牡4 54.0 古川 吉洋
6 12 フランツ 牡4 55.0 M.デムーロ
7 13 レトロロック 牡7 55.0 幸 英明
7 14 ジェシー 牡4 54.0 浜中 俊
8 15 アウトライアーズ 牡5 54.0 北村 友一
8 16 アメリカズカップ 牡5 55.0 松若 風馬
8 17 キョウヘイ 牡5 55.0 高倉 稜

展開予測

マイネルネーベルがハナに行きそうなメンバー構成で、さらにはマイネルサーパスの好きなミドルペースに持ち込むような走りをしそうかなと。

ここにケイティクレバーが絡めばミドルペースは確定的。

どちらかと言えば差し馬が揃いましたからスローペースになる可能性もミドルペースを想定。たぶん、マイネルネーベルがそこそこ飛ばしていくかなと。

隊列はスタートしてすぐに縦長の展開に。道中は淡々とした流れの中、1枠2枠8枠以外の差し馬勢が3コーナー手前から徐々に進出。

4角を通過するころには、馬群が凝縮し最後の直線へ。

速くてもミドルペース以内を想定していますから、中枠先行勢が脚を伸ばす形。差し馬勢は、苦戦気味を想定。

アンドロメダステークス2019予想

ハンデ戦ながら斤量差がほとんどないメンバーなら実績馬を買うのが一番利口ですが。

勝率や連対率から言えば、人気の中心は、トリコロールブルー。オープン実績[1-3-2-6]なら堅い1番人気にもなりそうですがここは、他に狙いたい馬がいますので本命以下の印。

サンデーサイレンス系が優秀で一瞬の切れ味がものを言う京都2000mでも、アンドロメダステークスに限っては、長く良い脚を使える馬が好走。

近年は特にその傾向が強く、今年もペース的にその傾向が例外ではないかなと。

先行しながら終いをしっかりと持続出来そうな馬を狙います。

◎本命:複勝

マイネルサーパス

個人的には、マイネルを狙う予想は久しぶりやなと思いながら、マイネルネーベルとマイネルサーパスをニコイチで考えるのが妥当かなと。

5枠を引いたことで好位をスムーズに取れやすく流れに乗れやすくしてくれそうなマイネルネーベルが同枠というのは心強い。

前走オクトーバーステークスは、休養明けだったとしても苦手なスローペースで良く掲示板に載ったなといった感じで本来ならもっと崩れていてもおかしくなかったレース。

超スローペースを先行して最後は、切れ負けというか前がそのまま入ったような展開でしたから悲観することもないかなと。

今回は斤量53キロはかなりのプラス材料で、前走で叩いた上積みも見込めるだけに狙っていきたい1頭ですね。

初京都コースですが福島コースで好走していますから平坦コースは走って来ると考えています。

<<参考印>>
◎マイネルサーパス
◯ジェシー
▲フランツ
△トリコロールブルー
×アイスストーム
×ケイティクレバー

障害帰りのケイティクレバー。行き脚が戻っていれば面白い存在です。

スポンサーリンク

アンドロメダステークスコース解説

秋華賞が行われるコースで、スタンド前の直線半ばからスタートして、1コーナーまでの距離は309m。

1コーナーまでの距離が短く、先行争いが激しくなりがちなのだが、下級条件では向正面でペースが緩み、息の入った先行馬が短い直線でなだれ込むというケースが多い。

一方で秋華賞のように中盤も淀みなく流れると先行馬が苦しくなり、差しや追い込み馬が台頭する。

ゴール前の直線が短く、先行有利のように見えるが、コーナーでゴチャつくため先行馬は馬群で揉まれやすく数字以上に消耗しやすい。長い脚よりも、一瞬の脚が求められる。

乗り難しいコース形態で波乱が起きやすい。他のコースに比べて騎手の腕も重要な要素であり、このコースを熟知しているリーディング上位騎手を狙いたい。引用先:競馬ラボ

アンドロメダステークス過去データ傾向

過去5年の結果を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[0-2-2-1]
  2. 単勝2番人気[1-0-0-4]
  3. 単勝3番人気[2-0-0-3]
  4. 3歳[0-1-1-3]
  5. 4歳[1-1-1-7]
  6. 5歳[2-1-2-15]
  7. 6歳[1-0-1-11]
  8. 7歳以上[1-2-0-11]
  9. 関東馬[1-1-1-10]
  10. 関西馬[4-4-4-44]
  11. 牡馬[4-4-5-53]
  12. 牝馬[0-0-0-7]
  13. 逃げ[0-0-0-5]
  14. 先行[2-2-2-13]
  15. 差し[3-2-2-20]
  16. 追い込み[0-1-1-16]
  • ハービンジャー産駒[1-2-0-0]と好走、他にディープインパクト産駒も優秀
  • 前走から同距離組が[3-4-2-16]と好走している反面、1800m組が[0-1-0-23]と苦戦
  • 単勝1番人気の優勝は無し
  • 4角8番手以内の先行~差しが優秀
  • 前走重賞2ケタ着順からの巻き返しが目立つ
  • 2連系なら単勝9番人気まで。紐荒れが目立つレース

データ的に見れば、トリコロールブルーが最上位。2000m[3-3-1-2]と優秀。鳴尾記念3着があるようにオープン特別なら先行力もあり崩れにくいタイプ。

1枠からスタートを決め、好位先団に取りつけば、勝ち負け。ただ、スローペースで勝鞍を量産しているだけにミドルペース以上になった時の崩れが不安。

タイトルとURLをコピーしました