青葉賞2020予想や過去データ傾向/展開的に外から抜け出す競馬がハマるフライライクバード

青葉賞2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年5月2日東京競馬第27回テレビ東京杯青葉賞G2/3歳オープン/ダービートライアル/芝2400m)

予想の入り方としては、前走アザレア賞の単勝1番人気1着馬が優秀で、近5年なら[3-0-1-0]の成績。さらに未勝利戦からの連戦馬なら[2-0-0-0]とこちらも優秀です。

そうなると、該当馬は、フライライクバード。

他路線では、共同通信杯3着フィリオアレグロに弥生賞3着オーソリティらが上位人気の一角を占め、大寒桜賞1着メイショウボサツや、ゆきやなぎ賞1着のヴァルコスが続く形。

芝2400mと長距離になりますので、折り合いを苦にせず素直な気性に、仕掛けどころでもスッと反応出来る、やはり気性面の良い馬。これが馬券を組む時の最低条件になるのかなと。

さらに展開も重要で、スローペースだからと言って前が残りやすいこともなく、逆にミドルペースだからといって差し馬が有利になるレースでもないので、前走内容の評価と同等に予想の中心に据えて馬券を組んでいきます。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

青葉賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

青葉賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 フィリオアレグロ 牡3 56.0 Dレー [美]堀宣行
1 2 アラタ 牡3 56.0 大野拓 [美]和田勇
2 3 オーソリティ 牡3 56.0 Lヒュ [美]木村哲
2 4 ブルーミングスカイ 牡3 56.0 北村宏 [栗]角居勝
3 5 ディアマンミノル 牡3 56.0 蛯名正 [栗]本田優
3 6 レアリザトゥール 牡3 56.0 武士沢 [美]小手川
4 7 ヴァルコス 牡3 56.0 三浦皇 [栗]友道康
4 8 アピテソーロ 牡3 56.0 江田照 [美]奥平雅
5 9 アイアンバローズ 牡3 56.0 武藤雅 [栗]角居勝
5 10 ダノンセレスタ 牡3 56.0 丸山元 [栗]音無秀
6 11 フィロロッソ 牡3 56.0 田中勝 [栗]中竹和
6 12 メイショウボサツ 牡3 56.0 吉田豊 [栗]西浦勝
7 13 ロールオブサンダー 牡3 56.0 田辺裕 [栗]橋口慎
7 14 サーストンカイドー 牡3 56.0 内田博 [栗]橋田満
7 15 フライライクバード 牡3 56.0 福永祐 [栗]友道康
8 16 プリマヴィスタ 牡3 56.0 石川裕 [栗]矢作芳
8 17 ディアスティマ 牡3 56.0 津村明 [栗]高野友
8 18 コンドゥクシオン 牡3 56.0 石橋脩 [美]中舘英

展開予測

強力な逃げ馬に先行勢、さらに自在性を持つ馬が複数頭いますのでミドルペースを想定。

逃げるのはロールオブサンダーですが、内枠からもスタート次第ではハナに行きそうな馬が2頭ほどいますので迷うところですが、たぶん、ロールオブサンダーがハナへ。

2番手以下には、フィリオアレグロ、レアリザトゥール、ダノンセレスタ、ディアスティマあたり。

中団から後方は、フライライクバード、オーソリティ、レアリザトゥール、フィロロッソ、サーストンカイドーあたりが追走。競馬はかなり縦長の展開となり、ペースが速くなる3角手前から馬群が凝縮。

逃げるロールオブサンダーに先行勢からフィリオアレグロ、レアリザトゥール、ダノンセレスタ、、ディアスティマが詰めよる中、

外に進路を取っていたフライライクバードやメイショウボサツがグングン加速をしてきたところがゴール。

青葉賞2020予想

ロールオブサンダーが単騎逃げで後続馬に3~4馬身ほどつけて走ることになれば、4角から直線に向いてからの200mほどは、ごった返すかなと。

そうなれば、先行勢でも内~中枠が有利になりそすですが、ミドルペースで脚を使わされていますので、最終的には外差しが決まる予測。

◎本命:複勝

フライライクバード

デビュー戦からの3戦は、気性面が悪い方に出て惜敗。テキから言わせれば、デビュー戦ですんなり勝ちたかったようですが、勝ちきれないレースが続く中、

年明け休養初戦の未勝利戦で、それまで脚を引っ張っていた気性面が改善され、追い出しを待つほど折り合いもつき、2着馬に5馬身半差をつけて快勝。

続く前走アザレア賞は、騎手の指示にも即反応する競馬で、上がり3F34.6で1着と、距離2400mになってから強い競馬をしての連勝でした。

タイム2:27.4も上々の内容で余裕残しだったことも考えれば、まだまだ底を見せていない形。

今回、7枠に入ったことで、6番手~8番手の横3列目を追走しながら、ペースが上がりだす3コーナー手前から徐々に進出。最後の直線では、先頭から6馬身以内に位置取り、最後は、大外から抜け出してくる競馬をイメージしています。

近2走の内容もさることながら、位置取りのイメージが出来たのは、やはり気性面の改善があったからでしょうか。

また過去データ的にも好走しやすい前走アザレア賞組ですから、ここは期待出来る1頭だと思います。

◎フライライクバード
◯ヴァルコス
▲メイショウボサツ
△ディアスティマ
×フィリオアレグロ
×コンドゥクシオン
×オーソリティ

馬連◎=◯▲△×××6点

[common_content id=”10677″] [common_content id=”11383″]

青葉賞2020過去データ傾向

苦戦傾向

  1. 単勝11番人気以下[0-0-1-65]
  2. 単勝100倍以上[0-0-0-46]
  3. キャリア7戦以上[1-0-0-30]
  4. 前走重賞で単勝2、3番人気[0-0-0-13]
  5. 前走10着以下[0-0-0-13]
  6. 前走未勝利[0-0-0-21]
  7. 前走オープン特別[1-0-1-17]
  8. 前走毎日杯[0-0-1-10]
  9. 間隔中9週以上[0-0-2-6]
  10. 間隔中2週以内[0-0-0-11]
  11. 馬番14番から18番[0-1-1-35]
  12. 前走1秒以上の負け[0-0-1-24]

好走傾向

  1. 単勝1番人気[4-2-3-1]3着内率90%
  2. 前走1着[6-6-7-48]3着内率28.3%
  3. 前走500万[6-7-8-65]3着内率24.4%のうち、前走2000m以上が好走
  4. キャリア3戦~6戦が優秀
  5. 前走アザレア賞[3-0-1-4]・1着馬の2015年以降は[3-0-1-0]と3着内率100%
  6. 前走大寒桜賞[1-3-2-3]・1着馬[1-3-2-1]と3着内率85.7%
タイトルとURLをコピーしました