【有馬記念2018予想】キセキの反動を嫌うなら狙うはあの2頭の冠

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年の有馬記念で注目したい馬がシュヴァルグラン。
個人的に思い入れはそこまで無いにしろ
G1戦線で必ずと言っていいほど掲示板を確保し、
その強さと安定感を見せてくれています。

馬券を買う私としては、基本的には、
的中出来れば、それでいい話なのですが、
こういった馬がグランプリに出てくると、
なんだか、的中は度返しに買いたくなってくる1頭になります。

そして、シュヴァルグランも明けは7歳。

1冠のみで終わるには惜しい馬かなと個人的には思っています。

有馬記念2018予想

予想の方は、大方決まっており、
以下が推奨馬。

キセキ
ブラストワンピース
レイデオロ

この3頭。

ひと夏を越して、川田騎手が手綱を握ってから安定感が増したキセキ

特に前走ジャパンカップは、例年ならば、
優勝をしていてもおかしくない絶妙の逃げ。

2歳3歳は差し馬で上がりも持っていた馬が、
逃げてここまで安定した成績を残せているのは、
もともとある『力量』の部分があるからかなと。

アーモンドアイが現役トップクラスの中心であれば、中山2500m。
逃げ切ってしまう可能性も十分にあります。

 

新潟記念でかなりビビったブラストワンピース
「そんなもん来るわけないやろ!」とたかをくくっていたら
王道の差し抜け。

正直、ここまで強いと思いませんでしたし、
菊花賞はコンマ4秒差の4着。
低レベルな今年の3歳牡馬と言われていますが、
菊花賞1番人気になるのはそれだけ見込まれている証拠。

個人的には、新潟記念の走りが頭から離れませんね。
たとえ、G3だったとしても、、、です。

 

このサイトでも何度か書いていますが、
海外遠征に行った馬は基本的に買いたくないんですね。
なんて言うんでしょうか。
リズムが狂うように思えて、それまでの安定した走りから一点、
急に走らない馬に変わってしまうからです。

しかし、レイデオロにはまったく関係ない話で、
ドバイ明けのオールカマーは、
中団待機から一気の差し切り勝ち。

勝ちタイムも超級の2:11:2という規格外。
なおかつ、上がりが34.3秒という切れっぷり。

もう、どの枠順に入っても勝ちきれる強さを持っていると思います。

と、言うのも、今年に入ってから競馬の位置取りが
3歳に比べ前目にいること。

後方待機策から好位~差しになったことで、
展開に左右されにくい競馬が出来るようになったことで、
馬群や、コースバイアスを
気にする必要もなくなったと言うことです。

この手の馬が波に乗ると、手が付けれないほど、
活躍するのは、過去の名馬から見ても、必然かなと思っています。

有馬記念2018穴馬推奨馬

3頭の推奨馬を挙げましたが、
当日のオッズ次第では、
馬連での購入も視野にいれています。

そうなった場合の2頭も紹介します。

ミッキースワロー
⇒1秒以上の負けは札幌記念のみ。中山得意の切れ味ではレイデオロと互角

ミッキーロケット
⇒前走JCは上がり最速も展開合わず。前が崩れる形なら。

狙いとしては、キセキがJCの反動や、秋4戦連続遠征という部分を考えた時、
最終的に差し馬が絡む可能性が大きく、そうなると、中山巧者である2頭を評価。

2頭共に叩き2戦目で走りやすさはキセキよりも上の可能性が大きく、
オッズ的に見ても一番美味しいゾーン。

推奨馬をまとめると、

キセキ
ブラストワンピース
レイデオロ
ミッキースワロー
ミッキーロケット

枠順とオッズ次第では、内枠にモズカッチャンが入れば、
ブラストワンピースと交代もありますね。先行馬で狙えるとすればモズカッチャンのみかなと。

有馬記念2018最終予想

中山大障害は、◎2番シンキングダンサーが4着と惜しい競馬。
もう少し前で競馬をしてほしかったですね。残念でした。

阪神カップは単勝ミスターメロディ2着、複勝スターオブペルシャが3着と
こちらは的中となり、スターオブペルシャ860円と高配当。
展開とコースバイアスを読み切れていたのが勝因でした。

さて、有馬記念ですが、
前日オッズが面白いことになっていますね。

オジュウチョウサンが単勝2番人気。
この辺は、想定内でしたから驚きはないのですが、
個人的に一番驚いているのが、以下の4頭です。

 

レイデオロ2.5倍
ブラストワンピース9.8倍
シュヴァルグラン26.9倍
マカヒキ32.6倍

 

レイデオロは思った以上に人気ではないこと。
1倍台かなと思っていただけに
これは単勝1点でも十分な利益が出るなと。

 

ブラストワンピース9.8倍は人気しすぎ。
みんな、考えることは一緒かなと。

 

シュヴァルグラン26.9倍は、外枠を嫌われてのものだと
思いますが、それにしても20倍台は、異常ですね。

 

また、マカヒキ。
同じダービー馬でも、30倍台は少々舐められすぎかなと。
内枠の岩田騎手なら巧いですから、
最後の直線で、インをこじ開けてきそうなんですよね。
ただ、ベスト距離は2000mまで。この辺は思案のしどころ。

 

展開予測としては、キセキの緩みのないペース、
ミドルに近いスローから
ハイペースに近いミドルでぐらいのペースで逃げれば、
後方馬は脚を使わされるはめになります。
そうなると、外枠差し馬は分が悪く、残っても6枠までの
先行~差しかなと。

 

阪神カップもそうでしたが、
非根幹距離に属するレースは内枠が有利で
なおかつ先行馬が強い傾向になっています。

そのあたりも踏まえて予想をするなら、

◎キセキ
◯レイデオロ
▲パフォーマープロミス
△ミッキーロケット

コースバイアスや展開、データをどれだけ駆使したとしても
最後は、強い馬は強いね。という感じになりそうでね。

 

キセキは相当タフな馬で、
ここ4戦、ハードな競馬をしているにも関わらず、
前走はプラス体重での出走。

 

ジャパンカップも完全に勝ちきっていたようなレースで
アーモンドアイがいないここは、
普通に回ってくるだけで勝てそうな雰囲気がしています。

 

展開で話すと、キセキが捕まるならレイデオロしかいないかなと。
キセキがギリ粘って3着以内を死守したとしたら、
残りの2席は、レイデオロと▲パフォーマープロミスか△ミッキーロケット。

 

正直、パフォーマープロミスは完全に予想外の馬でしたが、
この枠順の脚質の並びを見て、
本当に良い枠。買いたくなる枠に入りました。内枠で印をつけるならこの馬だなって。

 

前走G2組は過去10年を見ても2015年のゴールドアクターのみで
データ的には買いづらい1頭なんですけどね、
枠順×先行力×スタミナ×騎手と最高に買いやすい穴馬の条件は揃った形です。

今年の有馬記念は、キセキ以外の2席をノーザンファームが入ると思っています。

タイトルとURLをコピーしました