出走予定馬

有馬記念2020出走予定馬やファン投票最終結果・注目馬評価

有馬記念2020出走予定馬やファン投票最終結果・注目馬評価を紹介します。2020年12月27日中山競馬第65回有馬記念G1・3歳以上 オープン・芝2500m

有馬記念2020ファン投票最終結果

有効投票数 2,633,902票

順位 馬名 得票数 性年齢 調教師名
1 クロノジェネシス 214,742 牝4 斉藤 崇史
2 ラッキーライラック 212,674 牝5 松永 幹夫
3 コントレイル 212,622 牡3 矢作 芳人
4 フィエールマン 205,291 牡5 手塚 貴久
5 デアリングタクト 179,504 牝3 杉山 晴紀
6 キセキ 163,166 牡6 角居 勝彦
7 サートゥルナーリア 150,653 牡4 角居 勝彦
8 アーモンドアイ 126,969 牝5 国枝 栄
9 ワールドプレミア 122,620 牡4 友道 康夫
10 ブラストワンピース 103,582 牡5 大竹 正博
11 グランアレグリア 92,438 牝4 藤沢 和雄
12 ワグネリアン 69,699 牡5 友道 康夫
13 サリオス 53,367 牡3 堀 宣行
14 アリストテレス 46,255 牡3 音無 秀孝
15 オジュウチョウサン 36,342 牡9 和田 正一郎
16 グローリーヴェイズ 31,430 牡5 尾関 知人
17 ユーキャンスマイル 28,868 牡5 友道 康夫
18 ダノンプレミアム 27,777 牡5 中内田 充正
19 カレンブーケドール 26,878 牝4 国枝 栄
20 ヴェルトライゼンデ 23,651 牡3 池江 泰寿

有馬記念2020出走予定馬

アールスター 5 57 (栗) 杉山晴紀
オーソリティ 3 55 (美) 木村哲也
オセアグレイト 4 57 (美) 菊川正達
カレンブーケドール 4 55 (美) 国枝栄
キセキ 6 57 (栗) 角居勝彦
クレッシェンドラヴ 6 57 (美) 林徹
クロノジェネシス 4 55 (栗) 斉藤崇史
サラキア 5 55 (栗) 池添学
サンアップルトン 4 57 (美) 中野栄治
ディープボンド 3 55 (栗) 大久保龍
トーラスジェミニ 4 57 (美) 小桧山悟
バビット 3 55 (栗) 浜田多実
フィエールマン 5 57 (美) 手塚貴久
ブラストワンピース 5 57 (美) 大竹正博
ブラックホール 3 55 (美) 相沢郁
ペルシアンナイト 6 57 (栗) 池江泰寿
ミッキースワロー 6 57 (美) 菊沢隆徳
モズベッロ 4 57 (栗) 森田直行
ユーキャンスマイル 5 57 (栗) 友道康夫
ラストドラフト 4 57 (美) 戸田博文
ラッキーライラック 5 55 (栗) 松永幹夫
ラヴズオンリーユー 4 55 (栗) 矢作芳人
ワールドプレミア 4 57 (栗) 友道康夫
[temp id=33]

有馬記念2020注目馬評価

カレンブーケドール

先行~差しで最後まで良く伸びる脚質は、中山芝2500mに向いているのは間違いないと思いこんでいるだけに、あとは枠順だけかなと。

2年連続でジャパンカップ5着以内に入り、勝ち馬からコンマ2秒差。

もっと言えば、アーモンドアイから1秒以内の馬は、来年も活躍出来る可能性は多いにある。そんなイメージが強いです。

有馬記念では、そこまで人気を背負うことは無いと思いますので、旨味十分のカレンブーケドールだと思います。

生年月日 2016年04月23日 (牝4歳)
毛色 鹿毛
調教師 国枝 栄(美浦)
馬主  鈴木 隆司
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 3億5423万1000円
通算成績 12戦2勝[2-6-2-2]
主な勝鞍 19’スイートピーS
兄弟馬 エバーマノ・ガーデンテラス
系統 サンデーサイレンス系

クロノジェネシス

ジャパンカップをパスして有馬記念に出走してくるクロノジェネシス。

強いことは確かで、ここでも勝ち負け出来る実績がありますから、軽視出来ないどころか、人気中心の一角ですから、最低でも紐には入れておかないといけない1頭ですが、

過去10年、中山芝・バゴ産駒の戦績を見ると、

距離 着別度数 勝率 連対率 複率
1200m 3-4-4-36 6% 15% 23%
1600m 5-1-5-54 8% 9% 17%
1800m 2-0-0-20 9% 9% 9%
2000m 6-4-4-26 15% 25% 35%
2200m 1-0-0-8 11% 11% 11%
2500m 0-0-0-1 0% 0% 0%
3600m 0-0-0-2 0% 0% 0%

芝2000mまでは、好走していますが、2200m以上から急に数字が悪くなっています。

近代競馬において血統背景による距離適正は、もやは都市伝説的な結果になりがちですが、それでも大舞台のグランプリレースですから、やはり距離適性の裏付けは欲しいかなと。

個人的には、取り扱いが難しい1頭です。

生年月日 2016年03月06日 (牝4歳)
調教師 斉藤 崇史(栗東)
馬主 有限会社 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 5億7001万8000円
通算成績 12戦6勝[6-2-3-1]
主な勝鞍 20’宝塚記念
兄弟馬 ノームコア・ハピネスダンサー
系統 Red God系

フィエールマン

前走天皇賞秋は、鋭く伸びて2着と、これまでのイメージを完全に取り払ったレース内容だったと思います。

冷静に考えて見れば、ラジNIK賞を4角13番手から追い込んで2着ですから、距離が短いという部分はまったく異なっており、さらに高速決着でも結果を出していますので、後付のような話ですが、天皇賞秋で単勝5番人気は旨味十分だったなと。

過去10年、前走天皇賞秋組は[0-2-0-12]と勝ち星が無くやや苦戦。連対馬の2頭は天皇賞秋で単勝3番人気以内で、その内の1頭、2018年レイデオロが天皇賞秋2着からの有馬記念2着でした。

天皇賞秋組が苦戦してる中で、菊花賞組が好走している部分を菊花賞馬として味方に付けれるかどうか?

昨年の有馬記念は、海外遠征帰りの初戦でしたが、今年は日本での調整。

このあたりにも注目したい1頭です。

生年月日 2015年01月20日 (牡5歳)
毛色 鹿毛
調教師 手塚 貴久(美浦)
馬主 有限会社 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 6億3377万9000円
通算成績 11戦5勝[5-3-1-2]
主な勝鞍 20’天皇賞(春)
兄弟馬 ルヴォワール・ラストヌードル
系統 サンデーサイレンス系

ラッキーライラック

有馬記念がラストランということで、陣営の本気度を見抜く作業から始めないといけない1頭で。

このあたりは、最終追い切りや、1週間前から出てくる陣営のコメントなどを考慮していくしかないわけですが、有馬記念のコメントはVIPが少ないと思っていますので、チェックはしっかりと行いたいところです。

過去10年の前走エリザベス女王杯組は[0-1-0-14]と苦戦。2着だった2017年クイーンズリングには、中山コースで2勝を挙げるなど、コース実績がありました。

ラッキーライラックも中山記念2着はありますが、せめて中山で1勝は欲しかったなと。

距離適性は問題無いと見ているだけに、あとは陣営の本気度でしょうか。

生年月日 2015年04月03日 (牝5歳)
調教師 松永 幹夫(栗東)
馬主 有限会社 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 6億9246万7000円
通算成績 18戦7勝[7-4-3-4]
主な勝鞍 20’エリザベス女王杯
兄弟馬 ラルク・ライル
系統 サンデーサイレンス系

ブラストワンピース

生年月日 2015年04月02日 (牡5歳)
毛色 鹿毛
調教師 大竹 正博(美浦)
馬主  有限会社 シルクレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 5億7235万6000円
通算成績 15戦7勝[7-0-0-8]
主な勝鞍 18’有馬記念
兄弟馬 ホウオウピースフル・ヴィクトリアピース
系統 Danzig系
[temp id=43]

有馬記念2020過去10年データ傾向・前走JC組から急浮上した実力馬3頭が狙い目

有馬記念2020過去10年データ傾向・前走JC組から急浮上した実力馬3頭が狙い目有馬記念2020の過去10年データ傾向や有馬記念2020過去10年データ傾向推奨馬を紹介します。(2020年12月27日中山競馬/有馬記...

有馬記念2019引退馬まとめ

有馬記念引退馬2019まとめ/リスグラシュー・レイデオロ・シュヴァルグランなど有馬記念2019で引退を表明している馬たちを紹介します。(2019年12月22日中山競馬/有馬記念第64回グランプリ/芝2500m/3歳...
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。