アーリントンカップ2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価/前走朝日杯FS対シンザン記念組

アーリントンカップ2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価を紹介します。(2020年4月18日阪神競馬第29回アーリントンカップG3/3歳オープン/芝1600m外回り)

今年は、朝日杯FS2着のタイセイビジョンを筆頭に前走シンザン記念で2着に好走したプリンスリターン。さらに良血馬ギルデッドミラーにジュンライトボルトなどが出走を予定しています。

NHKマイルカップのトライアルレースですから、ここで権利を取りたい馬と、ここで叩いて本番へ挑みたい馬など、各陣営の思惑も交差するレース。

過去10年の結果を見ると、前走朝日杯FS組とシンザン記念組が好走。このあたりも要チェックが必要なレースになりそうです。

アーリントンカップ2020出走予定馬

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
アビエルト 牡3 56.0 森秀行
ギルデッドミラー 牝3 54.0 岩田望 松永幹
グランレイ 牡3 56.0 太宰啓 池添学
(外)コウエイバクシン 牡3 56.0 森秀行
(外)サイモンハロルド 牡3 56.0 森秀行
ジュンライトボルト 牡3 56.0 藤井勘 友道康
タイセイビジョン 牡3 56.0 石橋脩 西村真
チュウワノキセキ 牡3 56.0 浜中俊 大久保
デュードヴァン 牡3 56.0 三浦皇 加藤征
(外)トリプルエース 牡3 56.0 川田将 斉藤崇
ノルカソルカ 牡3 56.0 幸英明 藤岡健
プリンスリターン 牡3 56.0 原田和 加用正
ボンオムトゥック 牝3 54.0 藤岡佑 高橋亮
リインフォース 牡3 56.0 石坂公
ロードベイリーフ 牡3 56.0 坂井瑠 森田直
ヴァルナ 牡3 56.0 松若風 寺島良

アーリントンカップ2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

アーリントンカップ2020注目馬評価

タイセイビジョン

生年月日 2017年02月26日 (牡3歳)
調教師 西村 真幸(栗東)
馬主  田中 成奉
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 8586万2000円
通算成績 4戦2勝[2-2-0-0]
主な勝鞍 19’京王杯2歳ステークス
兄弟馬 ノストラダムス・ソナトリーチェ
系統 Northern Dancer系

前走朝日杯FSは、単勝2番人気で2着。ハイペースを後方で待機しながら4角8番手で差す競馬。上がり3F3位で勝ち馬サリオスからコンマ4秒差は善戦した内容でした。

朝日杯FS後は、4ヶ月の長期休養後にアーリントンCから始動。

休養明け後の馬体は、しっかりとリフレッシュ出来、また馬体重も成長分として増ということ。当日は、一回り大きくなった状態でのレースになりそうです。

2走前京王杯2歳Sは、好位中団に構える競馬。函館2歳Sで出遅れでの競馬だったことを考えれば、スタートも良くなってきており、スタートしてからスッと下げれたように気性面も◎。

最後は、1:20.8のレコードで優勝ですから、スピードもスタミナも世代ではトップクラスだと思います。

今回、デビュー戦以来の石橋騎手が騎乗予定で、デビュー勝ちの騎手でのアーリントンC。期待したいですね。

ギルデッドミラー

生年月日 2017年02月19日 (牝3歳)
調教師 松永 幹夫(栗東)
馬主 有限会社 シルクレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 2258万7000円
通算成績 5戦2勝[2-1-1-1]
主な勝鞍 20’サラ3歳500万
兄弟馬 ミラアイトーン
系統 サンデーサイレンス系

半兄ミラアイトーンの活躍で半弟は、セレクトセールで4億7000万円の値がつくほど良血馬としての評価が上がっている中、ギルデッドミラーの新馬戦もなかなかの内容で。

稍重中京マイルを上がり3F33.9で優勝は並の馬では出来ない競馬。続く2戦目サフラン賞は、マルターズディオアサら先行勢が有利な展開の中、上がり3F2位で3着。展開が不向きの中での3着は善戦した内容でした。

今年に入って自己条件こぶし賞2着。前走500万下で朝日杯3着グランレイを押さえて優勝と、ひとつひとつ階段を登るように確実にオープンへ。

スローペース以外で優勝出来た前走500万のレース内容を見る限り、世代間でのレースならマイルまでは持つ形も、実際には1400mまでが適性距離かなと。

ただ、現状の感じでは、マイルは十分にこなせると思いますので、期待したい1頭ですね。

プリンスリターン

生年月日 2017年04月05日 (牡3歳)
調教師 加用 正(栗東)
馬主 有限会社 コスモヴューファーム
生産者 中館牧場
中央獲得賞金 5311万0000円
通算成績 6戦2勝[2-1-1-2]
主な勝鞍 19’ききょうステークス
兄弟馬 ケイティクラウン
系統 Roberto系

前走シンザン記念は単勝5番人気で2着に好走。ミドルペースを2番手で先行しながら、最後は上がり3F35.6の2位を出せたのは、マイル適正が十分な証。

新馬戦は芝1200mから始まった距離でしたが、朝日杯FS5着にシンザン記念2着という結果。さらにスローペースからハイペースまで好走をしていますから展開は不問ということが言え、シンザン記念で勝ったサンクテュエールよりも安定性の部分で言えば、上位だと思います。

今回は、好走歴のある阪神芝1600m。上位を抑えての優勝も十分にあると思います。

タイトルとURLをコピーしました