厳選単複予想

アルデバランS2019予想!叩き2戦目上積み十分ザイディックメア


アルデバランS2019予想を中心に複勝推奨馬を紹介します。

2019/2/2(土) 2回京都3日目
京都11RアルデバランS
サラ系4歳上オープン (国)[指] 別定
ダ1900m 15頭 15:35発走

 

ハンデ戦から別定戦に変わって2回目のアルデバランS。
ハンデ戦だったころは、斤量56キロ組が活躍。

別定戦の今回は斤量トップ58キロ、最軽斤量56キロ。
その差は2キロですが、別定オープンの2キロならそこまで気にする必要はないかなと。
軸馬の予想の入り方としては、変に穴馬を狙わず、実績のある馬から入っていきたいと思います。

まずは、予想オッズです

1モズアトラクション3.3
2テルペリオン4.1
3ジュンヴァルカン4.9
4アングライフェン5.0
5ナムラアラシ7.4
6ピオネロ14.8
7ザイディックメア18.1
8カゼノコ25.7
9オルナ29.3
10トップディーヴォ40.3
11オールマンリバー58.5
12ヒロブレイブ72.8
13ジョルジュサンク101.0
14マイネルオフィール137.0
15グランアルマダ243.4

予想上位人気3頭の評価

モズアトラクション

1600万クラスを2勝するなど、このメンバーでは力上位も、展開待ちのレースが多く、買いづらいのが本音。

ハマれば、豪快に差し切って来ますが、京都1900mで早くても平均ペースまでを想定しているここは見送りです。

テルペリオン

脚質と、近走の内容から判断すれば、この馬が一番走って来そうかなと。個人的には、フリオーソの仔というだけでお腹いっぱいになりますが。

1600万を勝ち上がるまでにレース数を要しましたが、レースで鍛えてきたような、これまでの結果と内容。

切れる脚はそこまでありませんが、先行させれば大崩が無いタイプ。平均ペース以上の先行抜け出しが得意ですから、スローペースになった時の折り合い面が課題。

ジュンヴァルカン

芝からダートへ変更した初戦が1着とダート適性◯を示すも、展開がハマったのは否めないレースかなと。

この馬もモズアトラクション同様に展開待ちの部分がありますので狙いにくい。

前走太めを叩いたここは上積みは見込めそうですが、あまり後ろからだと届かないコースバイアス。この馬も見送りです。

 

アルデバランS2019複勝推奨馬

ザイディックメア

生年月日 2012年05月02日 (牡7歳)
調教師村山 明(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金8659万6000円
通算成績 29戦5勝[5-2-4-18]
主な勝鞍 18’伊丹ステークス
兄弟馬ゼーヴィント
系統サンデーサイレンス系

昨年は充実期を迎えたような走り。1600万を3着、1着と順調に勝ち上がり、3走前ブリリアントSは8番人気の低評価を覆す2着の走り。
初重賞挑戦だった2走前マーキュリCは、ミツバから1秒2の6着と力の差を見せつけられた結果も、先日の川崎記念を優勝したミツバだったことを考えれば、健闘した内容。

今回は叩き2戦目で得意の京都に。
鞍上も和田騎手ということもあり、期待が持てる1頭。
2100mの距離でも先行しながら切れる脚も使えるため、1900mは、丁度良い距離かなと考えています。

ただ、枠順はもう少し内枠に入って欲しかったですね。脚質の並びを見ると、何とか好位をスムーズに取れるかなと言う枠順です。

結局、人気馬から入る予定も人気薄を推奨。テルペリオンの複勝がどのくらい付くのかでテルペリオンの複勝でも良いかなというくらいです。テルペリオンは良い枠に入りましたね。

その他、今週の重賞&特別レース予想

東京新聞杯2019予想

東京新聞杯2019穴馬予想

節分S2019予想

アルデバランS2019予想

きさらぎ賞2019予想