アルテミスステークス2019予想オッズや過去データ/不発の無い上がり最速が狙い目

アルテミスステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/東京競馬場/11R第8回アルテミスステークス2019/2歳オープン牝馬G3/芝1,600m)

近年は、後のG1馬を輩出するなどレベルが非常に高くなってきているアルテミスS。

優勝もしくは、2着になれば、来春クラシックでの好走は約束されたようなもので、予想をする側にとっても陣営側にとってもある意味試金石のようなレース。

そういった背景が関係してか、出走メンバーも毎年『良血馬』『素質馬』といった馬が出走してきます。

今年の注目馬は、何と言ってもリアアメリカ。

前走新馬戦では圧倒的な内容と着差で優勝。その素質を新馬戦で確かなものにし、初重賞アルテミスSで「どういった勝ち方をするのか?」このあたりに注目が集まる一方、馬券的に考えれば、リアアメリカ固定の馬単や3連単で勝負しないことには配当も付かない状況。

単複屋の私としては、リアアメリカの単勝が150円でもついてくれれば、それはそれで天皇賞秋への軍資金が増えますので「あり」かなと思う反面、いやらしい気持ち全開で「穴を開けそうな馬を探す旅」に出かけようかと思います。

いつも通りに過去データ傾向や展開予測から渾身の1頭をお届け出来たらと思います。

アルテミスステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

アルテミスステークス2019予想

少頭数で東京1600mですから完全に上がり勝負になると前提すれば、1度のみの上がり最速を出しただけではその馬の本来のポテンシャルがわからないのが本音。

何かしらの「都合」で突然不発という話しは良くある話しですから強い強いリアアメリカは来るものと前提して他の上がりを連発している馬を狙おうかなと。

展開は、先行勢が揃った形も少頭数ですからそこまで速くならず、速くてもミドルペースまで。たぶんスローペースで競馬が進むかなと考えています。

本命◎:複勝

ラインオブダンス

過去好走データに合致⇒前走9月以降の未勝利戦(芝1600m以上)で勝利した馬は[2-0-3-0]と3着内率100%

前走阪神1800m戦を4角5番手から上がり最速33.7で差し切った辺りは強い内容で、距離が伸びて勝利が出来たのはアルテミスSでの条件にはかなりのアドバンテージ。

初勝利までに3戦を要しましたが距離の部分と競馬に慣れるまでに時間がかかっただけで内容は十分。

3戦の内2戦がスローペースで3着1着。折り合いは心配せずに済みそうですし、ここでキャリアが良い方向へ出そうなレース展開になりそうかなと。

今回は坂井瑠星騎手からミルコデムーロ騎手への乗り替わりで陣営の期待度もわかりますし、上がり最速3連発の末脚をここでも出してくれる騎乗が見れそうなのもプラス。(個人的には坂井騎手のほうが良いと思いますが)

仮にリアアメリカと叩き合いになっても、ラインオブダンスの方が上だと思っています。

期待出来る1頭ですね。

<<参考印>>
◎ラインオブダンス
◯リアアメリカ
▲オータムレッド
△オムニプレゼンス
×サンクテュエール

10月26日東京競馬予想/京都競馬予想/新潟競馬予想/天皇賞秋2019予想

東京競馬

アルテミスステークス2019予想オッズや過去データ/不発の無い上がり最速が狙い目
アルテミスステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/東京競馬場/11R第8回アルテミスステークス2019/2歳オープン牝馬G3/芝1,600m)上がり勝負必至なら素直に上がり最速馬を狙う
天皇賞秋2019予想オッズや枠順!過去データ傾向や展開予測/揺らぐ絶対王者の足下
天皇賞秋2019の予想を中心に枠順や予想オッズ・天皇賞秋過去データ傾向、天皇賞秋共同会見での騎手コメントを紹介します。(2019年10月27日(日曜)/東京競馬場/第160回天皇賞秋3歳以上オープン/芝2,000mG1)重賞4勝以上が近年優勝馬の最低条件

京都競馬

萩ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/小柄でもナタの切れ味ヴィースバーデン
萩ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/9R萩ステークス2019/2歳オープンリスデッド/芝1,800m)昨年の優勝馬は天皇賞秋に出走するサートゥルナーリアや、一昨年はG1馬タイムフライヤーなど2年連続でG1ホースを出している萩S。
古都ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/持ちタイム優秀差す競馬がハマる
古都ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/10R古都ステークス/3歳上1600万下/芝2,400m)京都芝2400m外回りコースは、少頭数になればなるほど逃げ先行馬が活躍出来る展開になりやすく、馬場が緩むとその傾向がさらに加速します。
スワンステークス2019予想オッズや過去データ傾向/重賞優勝経験がすべての鍵
スワンステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/京都競馬場/11R毎日放送賞ステークス2019/3歳上オープンG2/芝1,400m)重賞1着経験が絶対条件!狙い目は6歳牡馬と4歳牡馬

新潟競馬

柏崎特別2019予想オッズや過去データ傾向分析/少頭数でこそ逃げ馬が狙い目!
柏崎特別2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月26日土曜日/新潟競馬場/11R柏崎特別2019/3歳1000万下/芝1,600m)スローペースなら前も後ろも同じ脚色!狙うなら逃げ馬!

アルテミスステークスコース解説

向正面の奥からスタートし、250m地点までは緩やかな下りが続く。

3コーナーまでは約550mほどの直線でポジション争いはさほど激しくならず、枠順に有利不利も少ない。

ただし、3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため、息を抜きたいはずのコーナーで息が抜けない。そのため1400mに比べ上がりが掛かる傾向がある。

マイル戦ながらスタミナ消耗戦になるコースで、このコースを逃げ切るにはスピードに加え、スタミナ、底力が必要となる。このコースが『中距離を走れるくらいのスタミナが要求される』と言われる所以だ。

クラスが上がるほど逃げ一辺倒では難しくなる……はずだが、外差しが利きにくくなっている影響なのか、近年は安田記念(ロゴタイプ)、NHKマイルC(メジャーエンブレム、ミッキーアイル)など大舞台での逃げ切りも目立っている。とはいえ、基本は瞬発力を持つ馬が有利なコースだ。引用先:競馬ラボ

創設されてから初の10頭未満でのアルテミスS。多頭数の場合は、ミドルペース以上が通例で、最終的に上がり勝負になっていましたが、今年は少頭数のためハイペースは無いかなと。

枠順の有利不利は無いので完全に力勝負。

上がり3F最速馬は[4-2-0-2]の結果ですから、リアアメリカを倒すには先行+上がり最速、もしくは、リアアメリカの上がりから1秒以内には走っていたい、そんなレースになりそうです。

スワンステークス過去データ傾向分析

  1. 単勝1番人気[2-2-0-3]
  2. 単勝2番人気[2-1-1-3]
  3. 単勝3番人気[0-0-0-7]
  4. 単勝4番人気[0-1-1-5]
  5. 単勝5番人気[0-1-2-4]
  6. 単勝6番人気[1-1-1-4]
  7. 単勝7番人気[0-0-1-6]
  8. 単勝8番人気[0-0-0-7]
  9. 単勝9番人気[1-0-0-6]
  10. 1枠[1-0-0-10]
  11. 2枠[1-2-2-9]
  12. 3枠[1-0-1-12]
  13. 4枠[0-2-0-11]
  14. 5枠[0-0-2-12]
  15. 6枠[0-2-1-11]
  16. 7枠[1-0-1-16]
  17. 8枠[3-1-0-14]
  18. 関東馬[3-4-2-65]
  19. 関西馬[4-3-5-28]
  20. 逃げ[0-2-0-5]
  21. 先行[2-0-4-16]
  22. 差し[3-4-3-47]
  23. 追い込み[2-1-0-27]
  • サンデーサイレンス系が優秀
  • 単勝1番人気[2-2-0-3]の中で着外になった3頭はすべて関東馬
  • 前走4角3番手以内で上がり1位が優秀
  • 前走コンマ4秒以上の差で負けた場合[0-0-0-29]
  • 連対馬14頭のうち13頭に1600m以上での優勝経験
  • 連対馬14頭のうち7頭が牝馬限定新馬戦か未勝利戦
  • 前走9月以降の未勝利戦(芝1600m以上)で勝利した馬は[2-0-3-0]と3着内率100%
タイトルとURLをコピーしました