朝日杯フューチュリティステークス2019血統分析評価/血統まであの馬が1番手評価

朝日杯フューチュリティステークス2019の血統分析評価を紹介します。(2019年12月15日阪神競馬第71回朝日杯フューチュリティステークス2歳オープンG1/芝1600m)

朝日杯FSは、血統背景と生まれた月が重要で、ある意味ここだけクローズアップすれば、ある程度の馬まで絞り込め、穴馬を拾うことも出来る可能性が十分にあります。

今回は特に2頭の穴馬を紹介していますので参考にして見てください。

今年は、消去法データ推奨馬(別記事)で上がって来た4頭のうち3頭が何かと不安材料を持っていますので意外と荒れる可能性もあります。

そのあたりも含めて、朝日杯フューチュリティステークス2019血統分析評価を紹介していきます!

朝日杯フューチュリティステークス好走血統データ

  1. サンデーサイレンス系が優秀で特にディープインパクト産駒、次にキングカメハメハ産駒
  2. 父か母のどちらかが欧州的な血統背景
  3. 欧州以外でもスタミナ系の母か父が理想

朝日杯フューチュリティステークス2019血統分析

サリオス:評価S

ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス
(Grey Sovereign系)
トニービン
ビユーパーダンス
サロミナ
(Nijinsky系)
2009年度産
Lomitas
(Nijinsky系)
Niniski
La Colorada
Saldentigerin
(Danzig系)
Tiger Hill
Salde

欧州牝馬系×SS系ということで完全にスタミナ豊富な血統背景。

それを裏付けるように母は、独G1オークス(2200m)を優勝。半姉にはサラキアでローズS2着と好走。

母の父は凱旋門賞馬デインドリームの父ですから2400mまでなら十分に走れる血統背景ですね。

朝日杯FSが欧州血統向きのコースでスタミナと切れ味が必要なコースですからサリオスは文句無い血統筋だと思います。

スポンサーリンク

レッドベルジュール:評価A

ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア
(Lyphard系)
Alzao
Burghclere
レッドファンタジア
(Mr. Prospector系)
Unbridled’s Song
(Mr. Prospector系)
Unbridled
Trolley Song
Cat Chat
(Storm Bird系)
Storm Cat
Phone Chatter

3代前母Phone ChatterがBCジュベナイルフィリーズの優勝馬で祖母も北米重賞のウイナー。ダート色強い背景を持っていますが全姉2頭が芝で活躍。

母系から受け継がれたのは完全なるマイラー色で父ディープインパクトがさらにそれを強くしている印象を受けます。

父ディープインパクト×母父Unbridled’s Songは、2014年1着ダノンプラチナと同じ配合。

米国血統ですがここでも十分に走れる血統背景だと思います。

スポンサーリンク

タイセイビジョン:評価B

タートルボウル
(Northern Dancer系)
Dyhim Diamond
(Northern Dancer系)
Night Shift
Happy Landing
Clara Bow
(Nearco系)
Top Ville
Kamiya
ソムニア
(サンデーサイレンス系)
スペシャルウィーク
(サンデーサイレンス系)
サンデーサイレンス
キャンペンガール
ドリームスケイプ
(Mr. Prospector系)
エルコンドルパサー
ドリームビジヨン

母ソムニアは函館2歳S3着馬。近親には函館記念など重賞2勝馬のアロハドリームやその半弟でダートG1を4勝したユートピア。さらにステイヤーズS優勝馬インターフラッグがいます。

母方がスプリント色の強い血筋も母方の種牡馬が中長距離のため、適正距離が極端な方向に出やすいのかなと。

このあたりを考えればタイセイビジョンもマイルは走れそうですが近走内容を見る限り1400mまでかなと。

一応の評価材料としては、欧州ノーザンダンサー系が薄いですから1400mまでとしましたが距離適性の判断が難しいのは確かですね。

スポンサーリンク

ペールエール:B

ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
サンデーサイレンス
(サンデーサイレンス系)
Halo
Wishing Well
スカーレットブーケ
(ノーザンテースト系)
ノーザンテースト
スカーレツトインク
アピール2
(Native Dancer系)
Selkirk
(Native Dancer系)
Sharpen Up
Annie Edge
Amenixa
(Lyphard系)
Linamix
Amen

伯母に仏短距離重賞2勝のzinziberineがいるようにフランスを中心に活躍馬を出している仏系一族。

母の父Selkirkは、中距離を中心に欧州で成功した種牡馬で数多くのG1馬を排出。

母方がスプリント色強い血統でも父ダイワメジャーのスタミナとパワーが上手く伝わっているように見え、生粋のマイラーと言えるかなと。

血統的に時計のかかる馬場をパワーで押し切るようなイメージが強く高速決着は少し分が悪い印象。

時計がかかるような展開になれば好走する可能性は大きいですね。

スポンサーリンク

ジュンライトボトル:評価A

キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
2001年度産
Kingmambo
(Mr. Prospector系)
Mr. Prospector
Miesque
マンファス
(Northern Dancer系)
Last Tycoon
Pilot Bird
スペシャルグルーヴ
(サンデーサイレンス系)
2007年度産
スペシャルウィーク
(サンデーサイレンス系)
サンデーサイレンス
キャンペンガール
ソニックグルーヴ
(Vice Regent系)
フレンチデピュティ
エアグルーヴ

兄弟に活躍馬がいない現状も3代母がエアグルーヴという大きな器がある時点で馬券冥利。

欧州ナスルーラ系を持っており、父キングカメハメハのスタミナと切れ味がしっかりと受け継がれた形の近走内容。

サラキアやレッドベルジュールの上がり3Fが切れすぎてジュンライトボトルの切れ味が薄く見える印象もこれまですべて上がり3F2位以内。

母の母父がスペシャルウィークということで馬体の仕上がり具合が遅い可能性もありますが走れる可能性のある血統背景だということは間違い無いですね。

マイネルグリット:評価A

スクリーンヒーロー
(Roberto系)
2004年度産
グラスワンダー
(Roberto系)
Silver Hawk
Ameriflora
ランニングヒロイン
(サンデーサイレンス系)
サンデーサイレンス
ダイナアクトレス
マイネショコラーデ
(Halo系)
2008年度産
ロージズインメイ
(Halo系)
Devil His Due
Tell a Secret
コスモヴァレンチ
(Mr. Prospector系)
マイネルラヴ
イブキローマン

母マイショコラーデは、函館2歳S2着など早い時期から活躍。

伯父には、JBCスプリントやダート、芝両方の重賞で活躍したドリームバレンチノがいます。また、叔父にもダート路線で活躍したウインムートなど。

3月生まれで若干遅い感じもしますが母系が早くから馬体が出来やすい血筋でマイネルグリットも例外は無いかなと。

スプリント色&ダート色強い血統ですが父スクリーンヒーローのスタミナとパワーのが受け継がれている可能性もあり、距離延長で嫌われるなら面白い1頭。

スピード面はトップクラスですね。

スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティステークス2019好走血統条件合致馬

サリオス

調教師 堀 宣行(美浦)
馬主  有限会社 シルクレーシング
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 4031万5000円
通算成績 2戦2勝[2-0-0-0]
主な勝鞍 19’サウジアラビアRC
ハーツクライ
サロミナ
系統 サンデーサイレンス系
1週間前追い切り 2019/12/05美浦南W(良)81.0-65.0-50.8-37.5-12.3

1週間前追い切りは3頭併せの馬なりで12.3と絶好調の調教。状態は良さそうですね。

1月生まれで前走馬体重が540キロと2歳でありながら馬体の完成度が高い上、先行さしても重たくなく上り3F33.1は、少し他馬とは違う性能を持っている証かなと。

これまで新馬戦8頭立て、サウジRC9頭立てという少頭数でのレースですから多頭数で展開が速くなった場合にどういった競馬が出来るのか?このあたりがポイント。

過去3年はスローペースですが今年は先行勢も揃いましたからミドルペースもあり得るだけに展開が速い+高速決着に対応出来るかがやはりポイントになるでしょうね

朝日杯フューチュリティステークス2019関連記事

朝日杯フューチュリティステークス2019出走予定馬や騎手・予想オッズ/狙いは先行馬
朝日杯フューチュリティステークス2019の出走予定馬や騎手・予想オッズを中心に注目馬の評価を紹介します。(2019年12月15日阪神競馬第71回朝日杯フューチュリティステークス2歳オープンG1/芝1600m)注目は前走レコード勝ちをした2頭。サリオスにタイセイビジョンがどういった走りをするのか?さらに先行脚質で面白いのがビアンフェ。
朝日杯フューチュリティステークス2019消去法データ推奨馬/サリオス対3頭の戦い
朝日杯フューチュリティステークス2019の消去法データ推奨馬や予想を紹介します。(2019年12月15日阪神競馬第71回朝日杯フューチュリティステークス2歳オープンG1/芝1600m)サリオス対3頭の戦いもケチが付けやすい3頭なだけに紐荒れも。

有馬記念2019出走予定馬や消去法データ推奨馬

有馬記念2019出走予定馬や枠順・予想オッズ/牡馬の出番が無い可能性があるグランプリ
有馬記念2019の出走予定馬や騎手・枠順や予想オッズ・注目馬考察・有馬記念ファン投票の最終結果を紹介します。(2019年12月22日中山競馬/有馬記念第64回グランプリ/芝2500m/3歳上オープンG1)総勢11頭のG1馬に6頭の引退馬
有馬記念2019過去10年データ傾向/前走別はジャパンカップ組か菊花賞組が優勢
有馬記念2019の過去10年のデータ傾向や予想推奨馬を紹介します。(2019年12月22日中山競馬/有馬記念第64回グランプリ/芝2500m/3歳上オープンG1)過去データの中で大きな割合を占めるのが前走別。特にジャパンカップと菊花賞は別格になります
有馬記念引退馬2019まとめ/リスグラシュー・レイデオロ・シュヴァルグランなど
有馬記念2019で引退を表明している馬たちを紹介します。(2019年12月22日中山競馬/有馬記念第64回グランプリ/芝2500m/3歳上オープンG1)現時点で有馬記念を最後に引退を表明しているのは、リスグラシュー、レイデオロ、シュヴァルグラン、アエロリットの4頭。

東京大賞典2019出走予定馬や騎手

東京大賞典2019出走予定注目馬/ゴールドドリームの位置取りがポイントになるレース
東京大賞典2019の出走予定注目馬を紹介していきます。(2019年12月29日大井競馬第65回東京大賞典3歳以上オープンG1/ダート2000m)JRAトップクラスであるゴールドドリームのスピードについていけるのか鍵。先行勢優勢の予感
タイトルとURLをコピーしました