朝日杯フューチュリティステークス2019出走予定馬や騎手・予想オッズ/狙いは先行馬

朝日杯フューチュリティステークス2019の出走予定馬や騎手・予想オッズを中心に注目馬の評価を紹介します。(2019年12月15日阪神競馬第71回朝日杯フューチュリティステークス2歳オープンG1/芝1600m)

今年も素質馬や良血馬、実績馬などが参戦予定で非常に楽しみな1戦です。

特に前走レコード勝ちをした2頭。サリオスにタイセイビジョンがどういった走りをするのか?さらに先行脚質で面白いのがビアンフェ。

今年も京王杯2歳S組かサウジアラビアRC組、さらにデイリー杯2歳S組が活躍しそうなメンバー構成となっています。

朝日杯フューチュリティステークス2019出走予定馬や騎手

  1. ウイングレイテスト/松岡正海
  2. エグレニム
  3. カリニート
  4. クリノプレミアム
  5. グランレイ/池添謙一
  6. サリオス/Rムーア
  7. ジュンライトボルト
  8. タイセイビジョン/武豊
  9. タガノビューティー
  10. トリプルエース/Wビュイック
  11. ビアンフェ/藤岡佑介
  12. プリンスリターン/原田
  13. ペールエール/Oマーフィー
  14. マイネルグリット/国分優作
  15. メイショウチタン/松山弘平
  16. ラウダシオン/Cルメール
  17. レッドベルジュール/Cスミヨン

朝日杯フューチュリティステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

朝日杯フューチュリティステークス2019注目馬評価

サリオス

調教師 堀 宣行(美浦)
馬主  有限会社 シルクレーシング
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 4031万5000円
通算成績 2戦2勝[2-0-0-0]
主な勝鞍 19’サウジアラビアRC
ハーツクライ
サロミナ
系統 サンデーサイレンス系

東京の新馬戦を上がり3F33.1をマークしてデビュー勝ちをすると、4ヶ月ぶりだったサウジアラビアRCでまた上がり3F33.1の鋭い切れ味を発揮して優勝。タイム1:32:7はレコード記録。

兄弟馬であるサラキアやサロニカとは一線を画する走りで距離適性も十分。

今回はRムーア騎手が騎乗もこの2戦はすべて違う騎手で勝利。気性面も問題無く、鞍上強化になる今走。

540キロの大型馬が休養明け初戦から動けたのは大きなプラス材料で長距離輸送さえクリア出来れば、勝ち負け候補筆頭。

↓サウジアラビア1着・赤い帽子3番サリオス

サウジアラビアロイヤルカップ2019予想!サリオスより前が狙い目その馬とは?
サウジアラビアロイヤルカップの予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します!(2019年10月5日(土)/東京競馬場/サウジアラビアロイヤルカップ/芝1,600mG3)過去5年、上がり勝負だけではない結果を加味すればサリオスより前にいる馬が狙い目。その馬とは?

レッドベルジュール

調教師 藤原 英昭(栗東)
馬主  株式会社 東京ホースレーシング
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 4540万6000円
通算成績 2戦2勝[2-0-0-0]
主な勝鞍 19’デイリー杯2歳S
ディープインパクト
レッドファンタジア
系統 サンデーサイレンス系

休養明けのデイリー杯2歳Sを優勝。上がり3F33.8とこちらもサリオスに負けぬ劣らぬ切れ味。

馬体重28キロ増での優勝は、成長分かどうかがハッキリしない中でもタイムや上がりを見る限りは成長分と捉えてよさそうかなと。

今回は叩き2戦目で体調も引き締まってくるだろうし、上積みも大きいはず。

また、1800mから距離短縮の1600mの重賞で優勝出来たのは何よりもプラス。

母レッドファンタジアが未勝利馬でゆいつの連対が1600mだったことを考えると、マイラー気質の可能性もあり、マイルのスローペースで折り合いがついたのも大きなプラス材料だったと思います。

↓デイリー杯2歳S・1着/白い帽子1番レッドベルジュール

デイリー杯2歳ステークス 2019予想オッズや過去データ/人気の盲点なら前走阪神組
デイリー杯2歳ステークス 2019の予想や過去データ傾向を中心に予想オッズや展開予測などを紹介します。サクセッションやペールエールが人気の中心もオッズの盲点になりそうな前走阪神組が狙い目。阪神新馬1600m戦を使ってきた馬が[2-0-0-0]

タイセイビジョン

調教師 西村 真幸(栗東)
馬主  田中 成奉
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 5753万8000円
通算成績 3戦2勝[2-1-0-0]
主な勝鞍 19’京王杯2歳ステークス
タートルボウル
ソムニア
系統 Northern Dancer系

個人的には、武豊騎手がどの馬に乗るのか興味津々でしたがCルメールのお手馬タイセイビジョンに騎乗ということでニヤッとしてしまったんですけどね。

そのCルメールが2走前小倉2歳Sを武豊騎手で3着に入ったラウダシオンに騎乗。

この時点で政治的側面が見え隠れしているので予想をする側としては、楽しくて仕方がない状態です(笑)

タイセイビジョンの前走京王杯2歳Sは、レコードで優勝。淡々としたペースでも折り合いがつき距離が伸びても問題無い走りに感じました。

またミドルペースから先行して上がり3F最速を出せた時点で並の馬ではないのがわかります。

近走は、京王杯2歳S組も相性が良いですから期待出来る1頭ですね。

↓京王杯2歳S優勝・青い帽子4番タイセイビジョン

京王杯2歳ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/広いコースでこその馬を狙う
京王杯2歳ステークス2019の予想を中心に枠順や予想オッズ・京王杯2歳ステークスデータ傾向を紹介します。(2019年11月2日土曜/東京競馬場/第55回京王杯2歳ステークス2歳オープンG2/芝1,400m)マイネルグリットのおかげで有利に立てる馬を紹介

ビアンフェ

調教師 中竹 和也(栗東)
馬主  前田 幸貴
生産者/産地 株式会社 ノースヒルズ/新冠町
中央獲得賞金 5446万8000円
通算成績 4戦2勝[2-2-0-0]
主な勝鞍 19’函館2歳ステークス
キズナ
ルシュクル
系統 サンデーサイレンス系

デビューしてから3戦連続で1200mを使って来たビアンフェ。

血統背景からして少し忙しい距離にも感じていましたが気性面を考えれば、この距離がベストだったということでしょうか。

前走京王杯2歳Sは、逃げて上がり3F3位で2着。ミドルペースを演出して連対した走りは、上々の出来で、これがプラス24キロでの出走だったことを考えれば、強い内容。

大型馬が休養明け初戦から逃げて連対する時点で気性面や成長分がかなりあったのかなと。

叩き2戦目の上積みも見込め、函館2歳Sで見せたスピードが活きる展開であれば、楽勝で上位を喰ってしまう可能性もあるだけに枠順と最終追い切りは要チェックですね。
↓京王杯2歳S・2着/オレンジの帽子8番ビアンフェ

京王杯2歳ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/広いコースでこその馬を狙う
京王杯2歳ステークス2019の予想を中心に枠順や予想オッズ・京王杯2歳ステークスデータ傾向を紹介します。(2019年11月2日土曜/東京競馬場/第55回京王杯2歳ステークス2歳オープンG2/芝1,400m)マイネルグリットのおかげで有利に立てる馬を紹介

ラウダシオン

調教師 斉藤 崇史(栗東)
馬主  有限会社 シルクレーシング
生産者/産地 (有)社台コーポレーション白老ファーム/白老町
中央獲得賞金 3110万9000円
通算成績 3戦2勝[2-0-1-0]
主な勝鞍 19’もみじステークス
リアルインパクト
アンティフォナ
系統 サンデーサイレンス系

Cルメール騎手騎乗予定ということで、騎手人気がネックになるかなと。

前走もみじSは、不良馬場の中、上がり最速を出して1着もタイムが平均でこれといった推し材料がないのが本音。

2走前小倉2歳Sこそ、ハイペースを上がり最速で差してきた脚は素晴らしかったですが、展開待ちの部分もあり、軸馬としては買いづらいかなと。

今回はCルメール騎手騎乗ですから、陣営も騎手もそれなりに感触を掴んではいると思いますが、個人的にはそこまで魅力を感じていない1頭です。

↓小倉2歳S3着/赤い帽子3番ラウダシオン

タイトルとURLをコピーしました