スポンサーリンク

ブリーダーズゴールドカップ2019予想!過去10年データやコースバイアス有利な馬は?

この記事は約5分で読めます。

第31回ブリーダーズゴールドカップ2019の予想を中心に、過去10年データやコースバイアス有利な馬を紹介していきます。

2014年から牝馬限定戦になったブリーダーズゴールドカップ。

過去データは2014年から2018年の5年間の結果を分析して、その傾向を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリーダーズゴールドカップ2019枠順

1-1 ソーディスイズラヴ(牝5、吉原寛人・田中正二)
2-2 ラインカリーナ(牝3、武藤雅・武藤善則)
3-3 クイーンマンボ(牝5、M.デムーロ・角居勝彦)
4-4 アルティマウェポン(牝6、井上俊彦・林和弘)
5-5 ゴッドパイレーツ(牝5、落合玄太・桧森邦夫)
6-6 プリンシアコメータ(牝6、岩田康誠・矢野英一)
6-7 ザワールド(牝4、井上幹太・小野望)
7-8 クオリティスタート(牝5、桑村真明・角川秀樹)
7-9 ビスカリア(牝7、森泰斗・山内研二)
8-10 ジュンアイノキミ(牝5、石川倭・米川昇)
8-11 アンデスクイーン(牝5、戸崎圭太・西園正都)

ブリーダーズゴールドカップ2019過去5年データ傾向

  1. 過去5年も10年も、3着以内はJRA組みが独占
  2. 4歳5歳が中心
  3. 4枠~8枠が有利
  4. 単勝5番人気以内の着順を決めるようなレース
  5. 前走単勝6番人気以下の巻き返しも可
  6. 前走6着以下からの巻き返しも可能も、基本は3着以内

JRA組み以外の地方馬の出番は無し。

以下、JRA組み出走メンバー。

  • アンデスクイーン(牝5・戸崎圭太・西園正都)
  • クイーンマンボ(牝5・M.デムーロ・角居勝彦)
  • ビスカリア(牝7・森泰斗・山内研二)
  • プリンシアコメータ(牝6・岩田康誠・矢野英一)
  • ラインカリーナ(牝3・武藤雅・武藤善則)

データで行くと、

  • アンデスクイーン(牝5・戸崎圭太・西園正都)
  • プリンシアコメータ(牝6・岩田康誠・矢野英一)

この2頭が本線。

ブリーダーズゴールドカップ2000mコース解説

スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長いため、テンの入りは落ち着きやすいです。

ですから、内枠、外枠の有利不利はあまりないのが特徴。

また、2000mですから、必然と逃げ馬の好走はあまりなく、先行馬が有利なコースバイアスです。

最後の直線も長いため、追い込み馬の活躍も見込めそうですが、門別2000mの追い込み馬は不振。

狙うなら、やはり先行馬です。

スポンサーリンク

ブリーダーズゴールドカップ2019予想!

メンバーの脚質の並びを見ても、そこまで先行馬が揃った印象がなく、展開はスローペースかなと。

それならば、明日の台風の影響がどこまであるかわからないですが、とりあえずは、門別2000mのコースバイアスである、5枠から外の先行馬を狙います。

本命

プリンシアコメータ

斤量57キロは、絶好調の岩田騎手でもキツイかなと思いましたが、脚質の並びから見て、最高の枠に入った感が半端なかったですね。

展開も、逃げやすい枠に入ったラインカリーナがレースを引っ張ってくれるなら、2、3番手を追走出来るプリンシアコメータにとっては「良きかな、良きかな」といった感じ。

競馬はスローペースで流れるため、最後の切れ味勝負で、プリンシアコメータが、バテだしたラインカリーナを捕えるレースになると思います。

イメージはエンプレス杯。

ラインカリーナとも2秒以上のタイム差がありますので。

対抗

アンデスクイーン

戸崎騎手が乗るならの対抗。

枠順的に見ても、プリンシアコメータとラインカリーナが前にいてくれる限り、最後の直線では、大外を差すというよりは、バテた馬を尻目に上がって来そうなイメージですね。

ここまで、これといった重賞で好走をしていませんが、JBCレディスクラシック。この時の走りや、近走OPクラスを牡馬と走りながら僅差の結果は、ここでなら十分にやれるなと。

戸崎騎手+枠順+位置取り+近走

個人的には、これだけ買い材料が揃えば十分かなと考えています。

単穴

クイーンマンボ

ちょっと枠順が嫌なところに入ったので単穴。

これまで戦ってきた相手を考えれば、普通に馬券になっても驚かない実績がありますし、上手く流れに乗ることが出来れば、アンデスクイーンと同じように上がってくるかなと。

今年に入ってから調教が上手くいっていないのかどうかというところで、イマイチ乗り切れていない部分もあります。

ただ、善戦はしていますので、叩き4戦目で何かしらの変化を期待して。

スポンサーリンク

黒潮盃2019予想結果!本命と対抗の2点予想で完全的中!

黒潮盃2019の予想は、

本命:リンノレジェンド1着

対抗:グリードパルフェ2着

単勝590円

馬連940円

馬単2320円

ちょっと出来すぎですが、展開理論通りのレース展開になりましたので、こうなれば、普通にとれますよね。

↓さらに詳しい内容はこちら

黒潮盃2019結果予想!過去データやコースバイアス、脚質の有利不利、展開理論で予想
黒潮盃過去10年、1番人気が[7-2-1-0]と3着内率100%と、笑けてくるくらいの優秀さ。そんな黒潮盃2019を過去データを分析し、その傾向や、コースバイアス、脚質の有利不利、展開理論で、大井競馬場1800mで行われるSII戦の予想を紹介します。久々の地方馬のみの地方競馬予想。黒潮盃2019はバシッと的中させたいですね。

サマーチャンピオン2019予想結果!3頭のみの予想で完全的中!

サマーチャンピオンの予想は、

本命:シャインヴィットゥ3着

対抗:ヒザクリゲ2着

穴:グランドボヌール1着

スマートレイチェルは完全に見切って軽視。

↓さらに詳しい内容はこちら

サマーチャンピオン2019予想! 過去10年データやコースバイアス有利な馬は?
強そうな2頭が揃って内枠を引き、さらには、過去10年で6番人気以下の馬の連対はなく、3着が1回あるだけ。そんなサマーチャンピオン2019で好走する馬を過去10年のデータやコースバイアス、脚質の並びなどから判断して、予想を紹介していきます。

クラスターカップ2019予想結果!本命と対抗の2頭のみで的中!

ちなみにクラスターカップは、的中出来ましたね。過去データもばっちしでしたよ♪

本命:ヒロシゲゴールド2着

対抗:コパノキッキング3着

↓さらに詳しい内容はこちら

クラスターカップ2019予想!過去データからの結果予想はコパノキッキングだけど
クラスターカップ過去10年の1番人気は[6-1-1-2]と断然の結果。また、2番人気は[1-4-2-3]となっており、6番人気以下の連対が無しという、完全な上位人気争いのクラスターカップ。そんなクラスターカップ2019の過去データやコースバイアスなどからの予想を紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました