ベストウィッシュC2018予想!荒れる中山マイルを狙うならアルトリウス

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベストウィッシュC2018の予想を紹介します。中山、マイル、ハンデ、芝となれば、荒れる要素しかないかなと思っているんですけどね。これは、本当に荒れそうです。現時点の単勝人気上位は、外国人騎手で埋め尽くされていますが、実際には、過剰人気も入っていると思いますのでここは穴馬を狙っていきます。先行して決めて勝負が出来る馬ですね。

 

複勝12番サンクロウ

生年月日 2013年03月30日(牡5歳)
毛色:栗毛
調教師:斎藤 誠(美浦)
馬主:株式会社 G1レーシング
生産者/産地:ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金3422万4000円
通算成績 11戦3勝[3-1-2-5]
主な勝鞍 17’国分寺特別

今年に入って1000万クラスの壁を登り切れず
3戦0勝とイマイチな成績ですが
前走では、勝ち馬からコンマ3秒差の5着と
少しですが調子も上がってきたかなと。

もともとは、1000万クラスで2着があるように
走れないわけではなく、また、斤量も横一線の今回は
スムーズな競馬が出来かなと。

脚質の並びを見る限り、
3枠4枠5枠が差し、追い込み馬でかたまっており、
先行脚質のサンクロウには、丁度良い並びですね。

 

単勝15番アルトリウス

2014年01月28日(セ4歳)
毛色:鹿毛
調教師:藤沢 和雄(美浦)
馬主株式会社:G1レーシング
生産者/産地:追分ファーム/安平町
中央獲得賞金3601万2000円
通算成績 14戦3勝[3-1-3-7]
主な勝鞍 18’サラ3上500万

人気どころが先行馬なら、外差しで決めてくれそうです。

前走tvk賞(1000万)は、スローペースで展開が合わずの6着。
距離も1800mということで向かない競馬だったかなと。

1600mならスローペースでも問題なく、
前がある程度やりあってくれる展開なら突っ込んで来てもおかしくない存在。

今回はマーフィー騎手が騎乗と言うこともあり
スマートな乗り方ではないと思いますので個人的には、その辺にも期待したいですね。

今週開催予定の予想記事になります。

中山9RヤングJSFR中山22018予想
中山10R立志ステークス 2018予想
中山11RホープフルS2018予想

タイトルとURLをコピーしました