地方競馬最終予想

中京ペガスターカップ2021予想や過去データ傾向・控えた競馬で巻き返し可能な1頭

中京ペガスターカップ2021予想や過去データ傾向を紹介します。2021年3月9日名古屋競馬11R第5回中京ペガスターカップ3歳定量・ダート1600m

中京ペガスターカップ2021過去4年データ分析

【前走レース】前走スプリングカップ組[4-1-0-4]と好走しており中心の存在。また、3着以内[2-0-0-0]で全体に見ても10着からの巻き返しがあるなど、着順は不問と見て良さそうな結果。

【当日単勝人気】1番人気[2-2-0-0]連対率100%。単勝4番人気以内[4-4-2-6]と上位決着が中心です。

【前走距離】1600m、1800[4-3-1-11]で中心。前走1400mに勝ち星がないものの[0-1-3-14]。

【枠順】2枠5枠6枠8枠が好走。

【脚質】逃げ~先行馬が[3-3-1-8]で中心。特に逃げ馬は3着内率80%と優秀です。

中京ペガスターカップ2021予想

逃げ先行馬がそこまで揃っておらず、スローペースを想定。2頭ほどで後続馬を引っ張る形の中から、中団より前の外で折り合いをかくことなくスムーズな競馬をしていたブンブンマルが徐々に進出。

4角手前では先団に入り、前にいた2頭との追い比べ。

結果的に地力の違いでブンブンマルが後続2頭を突き放したところがゴール。

◎12番ブンブンマル

マイルは2勝と相性が良く、4走前ゴールドウィング賞では、ダイセンハッピーの逃げをとらえることが出来ずの2着でしたが、そこからは3連勝と勢いに乗るブンブンマル。

先行抜け出しできっちりと、前を交わして先頭でゴールに入る競馬を3戦連続で見せられると、3歳地元で敵はいないかなと思わせる走りで。

特に前走スプリングカップは、地元勢で3着に入ったブルースウェードに6馬身差。この時も仕掛けどころでついていけた3番手以下は1頭のみで、ブンブンマルの脚質は、少しレベルが違う走りだったと思います。

今回、8枠を引きましたが、スタートもまずまず良いほうですから、ある程度前を取り、仕掛けどころでもスムーズに外を上がっていけるため、ここでも勝ち負け出来る1頭だと思います。

○3番ダイセンハッピー

フーククリスタルにハナを取らせ、自身は控えた2番手を追走。そこから最後の直線でブンブンマルと追い比べに持ち込めれば・・・といったイメージですね。

前走新春ペガサスカップは、果敢にハナを奪いにいったものの、そこで脚を使い失速。逃げ馬の避けられない展開だったかなと。

今回、フーククリスタルが近隣枠に入ったことや、マイルでは控えて結果を出していることから、番手追走での競馬になるかなと。

マイル持ち時計1:48.0秒なら、このメンバー相手でも、番手追走から十分やれるはず。メンバーの脚質の並びを見ても、ある程度前が馬券になりそうですから、ここは必然と対抗が無難かなと思います。

[temp id=107]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。