ダイヤモンドS2019最終予想!複勝ならグローブシアター激熱穴馬なら

この記事は約3分で読めます。


ダイヤモンドS2019の最終予想を紹介します。

2019/2/16(土) 1回東京7日目
東京11RダイヤモンドS(G3)
サラ系4歳上オープン (国)[指] ハンデ
芝3400m 10頭 15:45発走

本日の無料厳選鉄板軸馬⇒厳選鉄板軸馬

ユーキャンスマイルとグローブシアター が揃って8枠。少頭数のここであっても良い枠に入ったかなと考えています。過去10年、逃げ馬で馬券になったのは2頭のみ。あとは差し、追込み馬が活躍。

今年は少頭数での出走ですから、力と力、スタミナとスタミナの勝負になると思います。そうなると、東京7日目を考えた場合、距離ロスを覚悟でも外枠を追走するほうが良いのかなと考えたり、多頭数の場合のみに通じるバイアスなのかなと考えたりと、脳がフル回転しています。

そして出した結論が、予想のポイントは「少頭数」ということです。

まずは、予想オッズです。

 

出典:netkeiba.com


2018年鉄板軸馬成績連対率80%や3着内率86%超えなど無料情報ではありえない情報が毎週見られる優良サイトです。また、重賞予想には定評があり、毎週初めの注目馬も要チェックです。詳しくはこちら⇒黒の馬券師

ダイヤモンドS予想オッズ上位2頭の評価

ユーキャンスマイル

データ解析推奨馬でも文句無しの1頭。
前走万葉Sは、ミドルペースの中、上手く逃げられたヴォージュを褒める内容。血統背景も申し分なく、先行しながらの上がり最速を出せる辺りは、これまでのステイヤーと少し異なる部分かなと。少頭数での発走ですから、例年以上にスローペース。そうなると先行しながら上がり最速を出せる同馬は、ここでも勝ち負けかなと考えています。

グローブシアター

前走万葉Sは位置取りの差で3着と惜しい競馬。
これまで2600mまでを主戦としてき中で、今ひとつ詰めの甘さがあったように思いますが初の3000mでその部分が払拭。間隔の開いた前走でしたが、先行しながらしっかりと追走。勝負どころでも、上がる最速で3着とユーキャンスマイルと遜色ない走り。

個人的にはユーキャンスマイルより距離適性があるのは?と考えています。

ダイヤモンドS2019複勝推奨馬

9番グローブシアター

2歳ではG2ホープフルS3着や、弥生勝はコンマ4秒差の8着と素質の高さを示していましたが、その後はなかなか勝ちきれない競馬。

4歳の暮れから2400m以上に出走すると、2連勝とステイヤーの片鱗を見せ初め、
1600万クラスを3戦目で卒業。2歳3歳は差し馬でしたが4歳暮れから逃げ~先行にチェンジして成績が安定。

こういった戦歴を見る限り、距離が伸びれば伸びるほど良いタイプかなと。

東京も問題なく、折り合いも心配ない同馬。もしかするとユーキャンスマイルより、この距離なら上かなと勘ぐっています。

ダイヤモンドS2019激熱穴馬推奨馬

展開さえ向けば、激熱穴馬として紹介したいのが6番ララエクラテール

前走早春Sは、コンマ7秒差の5着もタイムが2:26.1と優秀。メンバーも揃った中でのレースでしたから内容は良かったと考えています。

今回、斤量51キロで出走してきますのでスタミナ面もスピード面も楽になるはずですし、この馬も上がり競馬になれば良いものを持っていますので侮れない存在かなと見ています。

先行勢が崩れるなら、この馬が飛んで来てもおかしくないですね。

タイトルとURLをコピーしました