ダイヤモンドステークス2020予想や過去データ/前走内容が圧巻・東京でも十分に勝ち負け

ダイヤモンドステークス2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年2月22日東京競馬第70回ダイヤモンドステークス4歳以上オープンG3ハンデ/3,400m芝)

人気の中心は、前走万葉Sで優勝したタガノディアマンテやオセアグレイト。

ダイヤモンドステークス過去10年の単勝1番人気が[7-1-0-2]と好走していますから、タガノディアマンテには追い風となるデータ。

また、人気上位3頭が揃って3着外になったことが無い反面、単勝6番人気以下も4連対と好走していますので、基本的には上位から人気薄へ流す馬券の組み立て方がメインになってくるのかなと。

全体的に見れば、芝2400m以上での勝鞍は必至となっており、距離適性への実績は不可欠。さらに上がり3F勝負になりやすい点も考慮したいところ。

予想の入り方としては、各種データを尊重しながら近走内容などから入って行きます。

ダイヤモンドステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

ダイヤモンドステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 オセアグレイト 牡4 54.0 野中悠 [美]菊川正
1 2 ウインテンダネス 牡7 56.0 内田博 [栗]杉山晴
2 3 ポポカテペトル 牡6 55.0 北村宏 [栗]友道康
2 4 ロサグラウカ 牝5 52.0 丸山元 [美]尾関知
3 5 (地)リッジマン 牡7 57.0 Sフォ [栗]庄野靖
3 6 レノヴァール 牡5 54.0 横山典 [栗]高野友
4 7 タガノディアマンテ 牡4 55.0 川田将 [栗]鮫島一
4 8 アドマイヤジャスタ 牡4 54.0 田辺裕 [栗]須貝尚
5 9 ステイブラビッシモ 牡7 52.0 江田照 [美]久保田
5 10 サトノティターン 牡7 57.0 石橋脩 [美]堀宣行
6 11 タイセイトレイル 牡5 55.0 中谷雄 [栗]矢作芳
6 12 ダノンキングダム 牡6 54.0 津村明 [栗]安田隆
7 13 ヴァントシルム 牡6 55.0 Mデム [栗]須貝尚
7 14 メイショウテンゲン 牡4 55.0 池添謙 [栗]池添兼
8 15 バレリオ 牡5 54.0 Fミナ [美]相沢郁
8 16 ミライヘノツバサ 牡7 54.0 木幡巧 [美]伊藤大

ダイヤモンドステークス2020予想

芝2400m以上での優勝実績は絶対不可欠で、これが無いと軸にしづらく、さらに東京コースという部分での上がり勝負がすべてを決めてしまいそうですから、位置取りより上がり3Fがキレそうな馬を狙っていきたいなと。

特に長距離レースですからスローペースは必至で、好位先行~中団で脚をためながら2周目の3角から徐々に進出。4角では先団に取りつき、最後の直線では抜け出す競馬。

これが王道である好走条件になってくると考えています。

◎本命:複勝

タガノディアマンテ

前走万葉Sの内容が頭から離れないのが正直な理由で。

この手の馬が重賞で単勝1番人気になった場合、あっさりと負けてしまうことは多々あっただけに、前走内容だけで判断するのはあまりにも酷な話しかなとは思うのですが

スタートをしてから後方での競馬。内ラチ沿いを淡々と進み、向こう正面から外を上がって行きマクって4角先団へ。最後はグングン加速していったあの走りは完全なステイヤータイプで、東京コースでも十分に走れる内容だったかなと。

また、脚質の並びから見て、スローペースを想定していますが、そこまで極端な遅いペースでもないように思いますので、好位中団~後方からの競馬がさらにハマるかなと考えています。

過去データ的にも申し分なく、前走万葉S組は[3-2-2-31]。2016年からは、4年連続で連対馬を輩出しているのも心強いデータ。

今回も川田騎手が騎乗ですから期待出来る1頭だと思います。

◯対抗

オセアグレイト

前と後ろの位置取りの差の部分が着順に関係してくるなら、対抗にオセアグレイトを据えたいなと。

東京未勝利戦芝2400mでは、2着馬にコンマ7秒差をつけて圧勝。タイム2:26.0は平均を大きく上回る数字で、3勝クラスの平均。

それでいて、先行しながら上がり最速34.1は好内容でした。

東京コースは何度も好走しており、クラスが上がってもそのパフォーマンスが落ちることが無く、苦手なコースに入る前走中山コースの迎春Sでは、先行して上がり最速で1着。

これまでの内容からして力を付けて来ており、今回は叩き2戦目での相性の良い東京コース。

タガノディアマンテが前を捉えきれない状況になった時、前にいるのはオセアグレイトかなといったイメージです。

◎タガノディアマンテ
○オセアグレイト
▲タイセイトレイル
△メイショウテンゲン
△ポポカテペトル
×ダノンキングダム
×バレリオ

馬連◎◯=◎◯▲△△××11点

[common_content id=”9804″] [common_content id=”10529″]

ダイヤモンドステークス2020過去データ傾向

過去10年の結果を参考

単勝人気別

  • 単勝1番人気[7-1-0-2]
  • 単勝2番人気[1-2-2-5]
  • 単勝3番人気[0-0-2-8]
  • 単勝4番人気[1-2-0-7]
  • 単勝5番人気[0-2-0-8]
  • 単勝6番人気[0-2-3-5]
  • 単勝7番人気~9番人気[0-1-2-27]
  • 単勝10番人気以下[1-0-1-53]
注目データ
  1. 単勝1番人気で重賞勝ち馬は[5-0-0-0]と好走
  2. 単勝6番人気以下の人気薄も好走
  3. 上位2頭が揃って3着外になったレースは無い結果

所属別

  • 関東[6-6-2-55]
  • 関西[4-4-8-60]
注目データ
  1. 関東馬がやや優勢もそこまでの差は無し
  2. 関西馬の単勝7番人気以下の連対は無し

性別

  • 牡馬[10-10-10-108]
  • 牝馬[0-0-0-7]

前走クラス別

  • G1[2-0-0-7]
  • G2[4-2-5-33]
  • G3[0-0-0-8]
  • オープン特別[4-3-2-43]
  • 1600万[0-2-0-7]
  • 海外[0-2-0-2]
  • 地方[0-0-0-1]
注目データ
  1. 前走オープン特別組が中心の中、今走斤量53以下が[1-2-0-4]とまずまずの成績
  2. 連対馬20頭中9頭が重賞勝ち馬。残る11頭9頭はオープン3着以内の実績
  3. 連対馬20頭中8頭が芝3000m以上で優勝経験。残る12頭中9頭は2400m~2600mで優勝経験

年齢

  • 4歳[4-3-3-10]
  • 5歳[3-2-1-24]
  • 6歳[2-1-4-25]
  • 7歳歳以上[1-4-2-56]
注目データ
  1. 4歳は前走オープンクラス5着以内[4-0-2-3]とまずまずの成績
  2. 7歳以上で前走5着以下[0-0-1-46]と苦戦

脚質傾向

  • 逃げ[1-1-1-8]
  • 先行[1-3-4-29]
  • 差し[5-6-4-40]
  • 追い込み[2-0-1-37]

斤量

  • 49kg以下[0-0-0-9
  • 50kg[0-1-1-5]
  • 51kg[0-1-1-8]
  • 52kg[0-2-0-5]
  • 53kg[1-0-0-16]
  • 54kg[2-0-5-27]
  • 55kg[2-1-2-14]
  • 55.5kg[0-0-0-0]
  • 56kg[1-3-1-19]
  • 56.5kg[0-0-0-0]
  • 57kg[1-0-0-6]
  • 57.5kg[0-0-0-2]
  • 58kg以上[3-2-0-4]
注目データ
  1. 前走から斤量増で当日2番人気以内が[6-1-0-1]と好走
  2. 53キロ以下が5連対と好走の中、前走万葉S組が[1-2-0-4]と好走
タイトルとURLをコピーしました