デイジー賞2019予想!スローの上がり勝負なら中山33.8を出したあの馬


デイジー賞2019の予想を紹介します。

2019/4/7(日) 3回中山6日目
中山9Rデイジー賞芝1800m 10頭
サラ系3歳500万 牝 (特) 馬齢

3歳500万牝馬限定で1800mとなればスローペースが主流になりやすいので
コースバイアスに逆らわず、逃げ先行から狙って行こうと思います。

過去成績を見てもスローペースが主流で4角4番手以内が馬券になっています。

上位人気は、

3番アイリスフィール2.7
7番ミモザイエロー4.9
5番グレイスアン6.8

となっています。

現時点で10倍以下が5頭になっていますので全体的には割れたオッズです。

デイジー賞過去7年の結果を見ると
連は、単勝1番人気~5番人気以内で決着していて
過度な人気薄に手を出すのは無謀かなと。

オッズ傾向で言えば単勝2番人気の3着内率が71.4%と優秀な成績。
単勝1番人気3番人気まで手を伸ばすと3着内率が100%

今年も

3番アイリスフィール2.7
7番ミモザイエロー4.9
5番グレイスアン6.8

この3頭から1頭は3着以内に入るかなと。

脚質の並びから見るとスローペース。
多分けっこうなスローペースになると思っています。

そうなると上がり勝負必至。

過去を見ても上がり3F3位以内馬が活躍しており
今年も例外はない見立て。

  1. 単勝1番人気2番人気3番人気
  2. 先行馬~中団
  3. 上がり勝負に適した馬

 

複勝推奨馬3番アイリスフィール

前走フラワーカップは外枠発走から出遅れて後方待機策。
競馬をしたのは最後の直線のみ。
それでいて上がり最速33.8。

最後は流していましので余力残しの6着でした。

中山で33.8を出せる時点で並の馬ではない、もしくは
中山コースが非常に合う証拠だと思います。

今回は石橋騎手→石川騎手へ乗り替わり。
このあたりがどう出るかですが多分、プラスに働くと思います。

最終的には馬体重がどこまで回復しているか?
ここの確認だけは忘れないでほしいですね。

◎3番アイリスフィール
◯5番グレイスアン
▲9番ランペドゥーザ
△6番シトラスノキセキ
×7番ミモザイエロー

今年の桜花賞は穴党の出番ですよ♪:桜花賞2019最終予想!チューリップ賞1:33秒前半がないと桜花賞では好走出来ないその理由とは?

タイトルとURLをコピーしました