エンプレス杯2020予想や過去データ/2番手以下追走で本領発揮・古馬の貫禄を見せつける

エンプレス杯2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年3月5日川崎競馬第66回エンプレス杯Jpn2/キヨフジ記念/4歳以上牝馬オープン/ダート2100m)

エンプレス杯を最後に引退を表明しているアンデスクイーンのラストランに注目が集まる中、昨年の同レース優勝馬プリンシアコメータに、前走重賞勝ちサルサディオーネや、クイーン賞優勝馬クレイジーアクセルが出走します。

今年も豪華なメンバー構成となっており、何が来てもおかしくない競馬になりそうかなと思いながらも、

過去10年の優勝馬はすべてJRA組となっており、このあたりを考えれば、今年もJRA組が中心になるかなと考えています。

本命候補は、アンデスクイーンかプリンシアコメータか?このあたりが予想の分かれ目になりそうですね。

それでは、エンプレス杯2020の予想や過去データ傾向を紹介します。

エンプレス杯2020枠順

1 サンルイビル 藤本現(大井)
2 クレイジーアクセル 吉原寛(金沢)
3 プリンシアコメータ 岩田康(JRA)
4 アッキー 笹川翼(大井)
5 パッシングスルー 森泰斗(船橋)
6 ナムラメルシー 御神訓(小林)
7 アンデスクイーン ルメー(JRA)
8 ピアノイッチョウ 本田重(船橋)
9 シークレットアリア 左海誠(船橋)
10 ラインカリーナ 武藤雅(JRA)
11 サルサディオーネ 矢野貴(大井)
12 トーセンガーネット 的場文(大井)
13 グレートコマンダー 町田直(川崎)
馬番 馬名 騎手

展開のポイント

逃げ馬が揃ったことでミドルペース以上を想定していますが、逃げ馬には、上位人気馬ばかりが絡んで来ますので、スタート次第で、展開のすべてを決めてしまうかなと考えています。

川崎2100mは、最初のコーナーまでに距離がありますのでそこまでガツガツとは行きにくいですが、重賞で逃げ馬が揃うと、テンの入りからトップスピードに無理やり上げてハナ争いをすることあります。

その要因としては、6回通過するキツイコーナー。

逃げ馬がハナをスムーズに取れれば、小回りコースですから楽に競馬が出来ます。逆にスムーズにハナにいけない場合、必然と後ろへ下がるか、必要以上のロスを強いられる外回り競馬になります。

また、先行馬も同じで、スタートさえ決めてしまえば、好位が取れやすいですが、1枠8枠などの両極端な枠順の場合、スタートの出遅れや行き脚がつかなかった場合、それだけで不利な競馬になりやすいです。

今回、逃げ馬が、クレイジーアクセル、アッキー、シークレットアリア、ラインカリーナ、サルサディオーネと少なくとも5頭がおり、特に外枠のラインカリーナとサルサディオーネはスタートを決め、行き脚を付けて走らない限り、先行すら取れない競馬になる可能性が高い。

逆にスタートさえ決めてしまえば、内枠~中枠よりスムーズにハナを取れるのが7枠8枠ですから、近走内容のスタートはチェックしたいところです。

全体的に逃げ・先行勢が集まり、最終的に差し馬が台頭しそうな展開になりそうですが、それでも前の有利は変わらない競馬になると考えています。

エンプレス杯2020予想

◎本命:単勝

プリンシアコメータ

連覇が期待出来るプリンシアコメータ。

昨年のエンプレス杯は、4角2番手から抜け出す競馬。タイム2:15秒3は、好タイムで、今回のメンバー中でも最高タイム。

今年は逃げ馬が揃ったことで先行勢の出番が増える形。その中でもスタミナやパワーを備え、距離適性やコース適性に突起した馬を狙うのがベスト。

そのあたりを考えてもプリンシアコメータには最高の展開が待っているかなと。

陣営が話すように「行く馬がいなければハナに行くし、番手で控える競馬も出来るから脚質は問題ないよ」というように実際、逃げても先行しても結果を出していますのでここは素直に期待したいところです。

また、人気を分けそうなアンデスクイーンには、レディスプレリュードで負けていますが、得意の川崎コースに距離延長となれば、状況はプラスに転じるはず。

中間の調教もよく、最終追い切りもサラッと流しての良い状態に仕上がっているように見えますので、7歳ですが連覇を期待したいですね。

◎プリンシアコメータ
◯ラインカリーナ
▲アンデスクイーン
△サルサディオーネ
△クレイジーアクセル
×パッシングスルー
×トーセンガーネット

馬単◎⇒◯▲△△××6点

3連単
1着◎
2着◯▲△△
3着◯▲△△××

エンプレス杯2020過去データ傾向

過去10年の結果を参考に、特に重要なデータを紹介します。

  1. 単勝1番人気[5-3-2-0]と3着内率100%
  2. 過去10年の3着以内30頭中29頭が単勝6番人気以内での決着
  3. JRA組が全10勝を含む16連対(栗東12・美浦4)。地方組は船橋2頭・大井2頭が連対
  4. JRA組連対馬16頭中11頭が重賞勝ち実績、地方組は4頭中3頭が南関重賞勝ち実績
  5. 連対馬20頭中17頭が最後の4角通過3番手以内
  6. 前走TCK女王盃組・クイーン賞組が中心
  7. 8枠が苦戦。1枠5枠6枠7枠が中心
  8. 馬体重469キロ以上が中心

単勝1番人気[5-3-2-0]と3着内率100%とかなり強いデータ。その中でも5枠6枠7枠に集中している点は覚えておきたいところです。

JRA組連対馬16頭中11頭が重賞勝ち実績、地方組は4頭中3頭が南関重賞勝ち実績ということで、JRA組も地方組も重賞勝鞍実績は、強いデータ。単勝1番人気~単勝6番人気で重賞勝鞍実績がある場合、JRA組・地方組関係なく、軽視が出来ないデータ。

連対馬20頭中17頭が最後の4角通過3番手以内の逃げ・先行馬が中心。特に1着になった馬は、すべて4角5番手以内で、その中でも4角3番手以内が圧倒的。逃げ馬の好走が目立つのもポイントのひとつです。

年齢に関してはそこまで気にすることが無い結果も、8歳以上の3着以内は無し。狙うなら4歳~7歳がベスト。

タイトルとURLをコピーしました