重賞穴馬考察

エリザベス女王杯2020穴馬推奨馬・今年は前走府中牝馬S組と新潟牝馬S組が狙い目

エリザベス女王杯2020穴馬推奨馬・エリザベス女王杯2020阪神2200m・過去10年20年データ傾向分析(人気・枠順・血統・馬体重・斤量・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手)厳選して参考

2020年無料予想実績No.1サイト!

2020年無料予想プラス169,490円の獲得!
昨年の有馬記念&ホープフルSダブル的中に加え2021年中山金杯で183倍的中です!


■有馬記念73.7倍×400円
[払戻金]29,480円[回収率]526.4%
11番人気サラキアをしっかりと入れて高配的中!

■ホープフルS19.0倍×400円
[払戻金]7,600円[回収率]158.3%
ダノンザキッドを軸に堅め決着でもプラス収支!


◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額:277,890円
◎収支額:169,490円
最高値は天皇賞春7万弱獲得/回収率1350%
的確でありながら高配当が見込めます。

■先週の無料買い目結果
NHKマイルカップ3連複34.5倍×300円=10,350円獲得!
無料買い目画像がこちら↓

今週は、ヴィクトリアマイルの無料買い目を公開。

少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの無料買い目です。

こちらからご確認ください↓↓

↑上記フォームより【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認できます。

エリザベス女王杯2020各平均配当

  • 単勝配当1120円
  • 複勝配当320円
  • 枠連配当1690円
  • 馬連配当8070円
  • 馬単配当20000円
  • 3複配当15380円
  • 3単配当142000円

3連単平均配当が約142000円と10万オーバーで荒れやすいレース。

単勝20倍以上の3着以内が60頭中12頭と入っており、単勝1倍台~99.9倍台までに勝ち馬出るなど、馬単平均2万円も納得出来る結果です。

エリザベス女王杯2020登録馬

エリザベス女王杯2020予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1 ラッキーライラック 1.7
2 ノームコア 4.4
3 ラヴズオンリーユー 5.4
4 リアアメリア 14.0
5 センテリュオ 15.0
6 サラキア 19.2
7 エスポワール 27.6
8 ソフトフルート 35.6
9 ウラヌスチャーム 51.3
10 ミスニューヨーク 58.7
11 ウインマイティー 62.8
12 ウインマリリン 75.3
13 リリーピュアハート 88.6
14 サトノガーネット 98.2
15 ロサグラウカ 122.1
16 シャドウディーヴァ 145.7
17 サムシングジャスト 155.8
18 リュヌルージュ 215.1
19 カーロバンビーナ 225.9
[temp id=16]

エリザベス女王杯2020穴馬の条件

過去20年単勝オッズデータ

全体的に見れば、どこらでも勝ち負け出来ているような結果で、どの馬にもチャンスがあるエリザベス女王杯となっています。

その中で、今年は、単勝20倍~29.9倍・50倍~99.9倍の単回収率100%を越えている点に注目しながら、単勝15倍~99.9倍の穴馬の好走条件を探っていきます。

と、その前に、今年から新設された新潟牝馬S組から穴馬が絡んで来てもおかしくないかなとは思っていますが、上記単勝オッズの前走オープン組が[0-0-0-8]と苦戦しており、新設なんですが、今回はあえてスルーしておこうかなと思います。

前走レースデータ

まず初めに秋華賞組[1-0-0-33]まったくと言って良いほど好走出来ていません。1着馬1頭が出ていますが、穴馬として狙うには厳しい結果。

やはりと言うか、府中牝馬ステークス組から穴馬が数多く出ており、G3時代を合わせると5頭が激走しています。

まずは、前走府中牝馬ステークス組から穴馬を炙っていきますね。

前走府中牝馬ステークスデータ

着差は、コンマ3秒~1秒9まで幅広く好走馬を出しており、今年で言えば、サムシングジャスト、
シャドウディーヴァ、ラヴズオンリーユーの3頭が該当。

単勝オッズを考慮して、サムシングジャスト、シャドウディーヴァの2頭。

ロイヤルチャージャー系が好走しており、2頭共に該当。

過去10年で見た場合、単勝50倍以上からも好走馬が出ており、予想オッズの段階で2頭共に該当。

脚質は、先行~差し[2-1-2-18]と好走しており、こちらも2頭に該当。

シャドウディーヴァの内田騎手[0-1-0-2]、サムシングジャストの松山騎手[0-0-0-4]と、こちらはシャドウディーヴァが若干有利な結果。

ということで、前走府中牝馬ステークスの穴馬は、サムシングジャスト、シャドウディーヴァの2頭で問題無しだと思います。

穴サムシングジャスト
穴シャドウディーヴァ

前走新潟牝馬ステークス

前走新潟牝馬ステークス組は、今年に限ってはスルーしようかなと思っていましたが、個人的主観で狙いたい馬が1頭いますので紹介します。

穴エスポワール

新潟牝馬Sは、単勝1番人気で2着。新設オープン牝馬限定戦で単勝1番人気に支持されて最低限の走りを出来た時点で地力は確かなものを持っていることわかり、これが阪神芝2200mで開催されますので、開催替わりの恩恵を受けやすいのは同馬かなと。

これまで阪神芝は、1800mを2戦2勝と好走しており、非根幹距離だったことを考えても優秀な結果。

基本的にスローからミドルペースでG前に坂道のあるコースが得意で、息の長い脚質も、阪神芝2200mに向きそうなのは確か。

今回、調子の良い武豊騎手に乗り替わるのもプラスと見ており、前走が休養明け初戦だったことも考慮すれば、大一番のここなら叩き2戦目で前走以上が期待出来ると思います。

[temp id=13] [temp id=11]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。