福島競馬芝1800m特徴や傾向・好走データ・コース解説/

福島競馬芝1800m特徴や傾向・好走データ・コース解説。過去10年の結果を参考に、人気・枠順・距離・血統・馬体重・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬などのデータ分析を紹介します。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

福島競馬芝1800mコース解説

なんといっても最後の直線が短いという部分で、それだけで逃げ先行馬が圧倒的に有利。

スタートから最初のコーナーまで約300mと、ローカル競馬では一番距離が長く、その分、テンから忙しくなることが多い。

スパイラルカーブのため、4コーナー出口でバラけやすいため、やはりインの逃げ先行馬が有利になってきます。

福島競馬芝1800m過去データ傾向分析

3勝クラス以上過去10年の結果を参考にしています。

枠順データ

5枠以外、どこからでも勝ち負けが出来ている結果。あえて好走枠を挙げるなら3枠[7-7-6-38]3着内率34.5%。

単勝人気データ

単勝1番人気[9-10-5-11]連対率54.3%3着内率68.6%と単勝2番人気以下と大きく離している結果。基本的に福島芝1800mは単勝1番人気が強いレースと言えます。

単回収率で狙ってみたいのが単勝3番人気[6-3-2-24]勝率17.1%単回収率114%。このあたりの人気で単回収率100%を越えているのは、上位拮抗レースが多いということだと思いますので、単勝1番人気に不安を感じる場合には積極的に狙っていきたいですね。

オッズで予想を組み立てる方にとっては、単勝1番人気、3番人気は外せない単勝人気ですね。

足立祐二
単勝3番人気を重賞に絞れば[5-1-1-12]単回収率185%とさらに上がるから狙い目十分ですね!

単勝オッズデータ

単勝1.9倍以下が3着内率100%ですが、まあ滅多に出ないオッズですから参考程度に。

狙い目としては、2倍~2.9倍[3-5-3-2]連対率61.5%3着内率84.6%でしょうか。軸馬には最適のオッズです。

全体的に見ると、単勝49.9倍までの3着内率が10%を越えていますので、3連系の穴馬なら、ここまで手をのばす必要があるかなと思います。

個人的には、そこまでの人気薄の好走は、意外と少ないなといった印象ですね。

脚質データ

逃げ・先行馬の単複回収率が140%を越えてる点は要注目データ。

3着内率も逃げ先行馬が30%を越えており、前有利のコースになります。

上がり3F3位までが3着内率46%以上ですから、上がり3F競馬になりやすいレースと言えます。

所属データ

栗東所属馬の出走頭数が少ないわりに、美浦所属馬より数字が良いい点は注目したいデータですね。

間隔データ

中5週~9週の出走が多く、24勝は最多。数字で言えば、連闘以外は、そこまで気にする必要もない結果となっています。

性別データ

  • 牡馬・セン馬[23-21-22-217]勝率8.1%連対率15.5%23.3%
  • 牝馬[12-14-13-166]勝率5.9%連対率12.7%3着内率19%

血統データ

サンデーサイレンス系が非常に強く、その中でもディープインパクト産駒の3着内率が43.9%

馬体重データ

馬体重419キロ以下の小柄でも好走はしていますが、基本的に馬体重440キロ以上が中心。最も勝数がある480キロ~499キロが10勝で、平均的な結果と言えます。

騎手データ

上位トップ10は、美浦所属騎手で埋まっており、さすがの結果。その中でも戸崎騎手の3着内率が34.8%は、さすがはといった所なんですが、5勝はすべて単勝5番人気以内を考えれば、もう少し率が上がっても良さそうなんですけどね。

その他では石橋脩騎手の3着内率40%。柴田大知騎手などが好走しています。

単勝4番人気で穴を持って来れる騎手としては、

やはり、柴田大知騎手、北村宏司騎手などが好走しています。

調教師データ

美浦調教師よりも栗東所属調教師が好走しており、以外な盲点かなと。

栗東所属馬が出て来た時は、単勝5番人気以内であれば、積極的に狙っても良いかもしれませんね。

生産者データ

福島競馬芝1800m過去データ傾向分析まとめ

  1. 5枠以外ならどこからでも勝ち負け
  2. 単勝1番人気[9-10-5-11]連対率54.3%3着内率68.6%
  3. 単勝オッズ2倍~2.9倍[3-5-3-2]連対率61.5%3着内率84.6%
  4. 逃げ・先行馬の単複回収率が140%を越えてる点は要注目データ
  5. 中5週~9週の出走が多く、24勝は最多
  6. ディープインパクト産駒の3着内率が43.9%
  7. 馬体重480キロ~499キロが中心
  8. 上位トップ10は美浦所属騎手
  9. 美浦調教師よりも栗東所属調教師が好走

足立祐二
全体的に上位人気組が評価通りの結果になりやすい福島芝1800mですね。
[getpost id=”13687″ title=”福島競馬特徴や傾向” ][getpost id=”13803″ title=”福島競馬特徴や傾向” ][getpost id=”13753″ title=”福島競馬特徴や傾向” ]
[common_content id=”9807″]
タイトルとURLをコピーしました