福島記念2019予想や過去データ傾向/リリックドラマのすぐ後ろが狙い目その馬とは?

福島記念2019の予想や過去データ傾向、展開予測などを紹介します。また、11月10日(日)の全レースの中から厳選した複勝推奨馬も紹介します。

トップハンデと最軽斤量との差が8.5キロということで、まさにハンデ戦といったところでしょうか。

トップハンデは前走オールカマー2着ミッキースワロー。最軽斤量がトーセンガーネット。

地方競馬を予想する方にとってトーセンガーネットの斤量50キロは「えっ?マジで?」見たいな感覚になっている方もいると思いますが個人的にも「マジか!!」っていう衝撃です(笑)

ミッキースワローのトップハンデ58.5キロは過去10年で初。上位人気割れだとしても現在の単勝オッズが6.8倍をどう考えるか?

今回はスローペースで競馬が進むと考えていますので差し活きる競馬が出来るかどうか?このあたりが予想のポイントになってきそうです。

日程 11月10日日曜日
開催 福島競馬場
距離 芝1,600m
格付け オープンハンデG3
条件 サラ系3歳以上
斤量 斤量50kg~58.5kg
出走数 16頭

 11月02日(土)【福島10R】高配当的中!
単勝12,870円・複勝2,110円・馬連63,690円・ワイド18,170円・ワイド11,680円・ワイド4,210円

詳しい内容や結果は、下記をクリック!

↓ ↓ ↓
【オクトプロジェクト】2大競馬商材&ツールセット

2019年11月9日東京競馬予想/京都競馬予想/福島競馬予想/デイリー杯2歳S予想/武蔵野S予想

エリザベス女王杯2019予想!展開から見て最高の枠に入った4歳非根幹巧者とは?
エリザベス女王杯2019の予想オッズや予想を中心にエリザベス女王杯の過去データ傾向や展開予測を紹介していきます。内枠に入ったことでインポケットに潜り込み、最後は、息の長い脚で抜け出す競馬。春クラシックの鬱憤をここで晴らせるはず!狙うのは4歳
福島記念2019予想や過去データ傾向/リリックドラマのすぐ後ろが狙い目その馬とは?
福島記念2019の予想や過去データ傾向、展開予測などを紹介します。また、11月10日(日)の全レースの中から厳選した複勝推奨馬も紹介します。展開的に見ればミッキースワローが嵌りそうな展開ですがスローペースを予測していますので狙いは先行馬ですね
オーロカップ2019予想や過去データ傾向/上がり勝負ならラヴィングアンサー
オーロカップ2019の予想や過去データ傾向を紹介します。(2019年11月10日東京競馬場/3歳上オープンハンデリステッド競走/芝1,400m)久しぶりのミドルペース以上を想定。そうなると上がり3F32秒台が炸裂するレースですね。
デイリー杯2歳ステークス 2019予想オッズや過去データ/人気の盲点なら前走阪神組
デイリー杯2歳ステークス 2019の予想や過去データ傾向を中心に予想オッズや展開予測などを紹介します。サクセッションやペールエールが人気の中心もオッズの盲点になりそうな前走阪神組が狙い目。阪神新馬1600m戦を使ってきた馬が[2-0-0-0]
武蔵野ステークス 2019 予想や過去データ傾向/3歳牡馬が狙い目その理由とは?
武蔵野ステークス2019の予想や予想オッズ、武蔵野ステークス2019の過去データ傾向や展開予測を紹介します。ドリームキラリの作るペースで一番恩恵を受けそうなのが3歳勢。さらにミドルペースなら1着。ハイペースなら2着3着の見立て。狙える理由を解説
オキザリス賞2019予想オッズや過去データ傾向/混戦なら騎手の手腕を信頼
オキザリス賞2019の予想や過去データ傾向を中心に予想オッズや展開予測などを紹介します。ダート1400mの非根幹距離ということで過去5年の結果は紐荒れになっており、今年も単勝7番人気くらいまではしっかりと予想をしていきたいところです。人気の中心は、前走2歳500万下で勝ち負けをしたジェネティクスでしょうか。

 

2019年11月10日(日)

複勝推奨馬

馬場/R 馬番 馬名 着順 単勝 複勝
東京4 7 シェーンクラート 4
東京8 11 ホウオウモントレー 4
東京10 10 ウィンドライジズ
京都4 10 キョウワディーヴァ 2 190
京都7 11 サダムラピュタ 4
2019年11月9日(土)

複勝推奨馬

馬場/R 馬番 馬名 着順 単勝 複勝
東京3 13 スウィートメリナ 1 800 150
東京4 9 ヴィズサクセス 1 350 230
東京6 11 ナイルリバー 1 410 190
東京8 17 ニシノカツナリ 2 190
東京9 2 オヌシナニモノ 3 370
京都4 4 イプシランテ 
京都9 10 ドンアルゴス 4

京都4Rは、馬番も馬名も間違えていました。やってしまいました。すいません。本来は12番でしたがあとの祭りですね。

さらに京都9Rを10Rと表記していましたが実際は京都9Rです。

宜しくお願いします。

福島記念2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 フローレスマジック 牝5 53.0 丸山 元気
1 2 リリックドラマ 牝5 52.0 西村 淳也
2 3 ルミナスウォリアー 牡8 56.0 柴山 雄一
2 4 アドマイヤジャスタ 牡3 53.0 藤田 菜七子
3 5 レッドローゼス 牡5 56.0 田辺 裕信
3 6 デンコウアンジュ 牝6 55.0 柴田 善臣
4 7 トーセンガーネット 牝3 50.0 丸田 恭介
4 8 マイネルファンロン 牡4 55.0 丹内 祐次
5 9 ステイフーリッシュ 牡4 57.5 中谷 雄太
5 10 クレッシェンドラヴ 牡5 55.0 内田 博幸
6 11 カンタービレ 牝4 55.0 吉田 隼人
6 12 ミッキースワロー 牡5 58.5 菊沢 一樹
7 13 メートルダール 牡6 56.0 和田 竜二
7 14 アロハリリー 牝4 54.0 酒井 学
8 15 ウインイクシード 牡5 54.0 松岡 正海
8 16 マイネルサージュ 牡7 55.0 国分 優作

展開予測

先行勢が揃い、特に中枠~外枠にかたまった事でミドルペース以上を想定したいですが、意外とレースは落ち着くかなと。

ハナに立ちたいのは、リリックドラマ。外からアロハリリー、ウインイクシードが絡み、中枠からは、ステイフーリッシュ、マイネルファロンが好枠を活かしてスムーズに前へ。

このあたりが先団を形成し、中団には、アドマイヤジャスタ、デンコウアンジュ、ミッキースワローあたりが構える形。

リリックドラマが逃げた場合は、スローペースになりやすく、アロハリリー、ウインイクシードもそこまでハナを突くようなタイプでは無いのでペースは速くてもミドルペース。

限りなくスローペースに近いかなと想定。

そうなると、息の長い脚で伸びるタイプが有利になってきますので4角5番手以内を通過。直線に向いてからジワジワと伸びて行きそうな馬を狙います。

福島記念2019予想

斤量58.5キロがどういった結果をもたらすか想像すらつかない中、ミッキースワローの枠順や脚質の並びから考えると、2017年2着スズカデヴィアスや、2016年2着ゼーヴィントの走りが近いように思います。

2レース共にスローペースを進み、最後の直線ゴール前で先頭集団を飲み込む競馬ですが、斤量58.5キロでこれが出来るのであればミッキースワローなんですけどね。

また、見方を変えるとこの2レース、4角通過5番手以内が馬券になっています。

このあたりを考ると今回の展開予測と合致しますから、狙うのはやはり先行馬ということになりますね。

◎本命:複勝

アロハリリー

アドマイヤジャスタと両睨みの中、先行策を必ず取るならという部分でアロハリリーに。外枠を引いたことでどうかな?と思いましたが、ローカル小回りで先行力を活かせる福島コースは歓迎かなと。

2000m[2-3-0-1]と距離相性は抜群に良く、小倉コースで実績がある背景から見ても息の入りやすいコースは競馬がしやすい上にスローペースならゴール前まで十分に持ちこたえる可能性があります。

最終追い切りは、坂路53.1-38.5-11.8と抜群の仕上がりで早め福島に滞在しての参戦もプラスに働きそうです。

リリックドラマの逃げが西村敦騎手で買いの材料には十分になるんですけど、前を目標にしやすいアロハリリーの方が競馬がしやすいかなと。

ここは期待したい1頭ですね。

アドマイヤジャスタ

前走で先行力を取り戻しつつあるレースぶりに藤田菜七子騎手なら重賞初制覇もありえるだけに先行出来るかがすべて。

リリックドラマ

西村敦騎手というだけで買いたい馬ですが、テン乗りでどこまで制御出来るかなと。本来であれば、アロハリリー、アドマイヤジャスタ、リリックドラマの単勝3点で行きたいんですけどね。

ミッキースワロー

外差しで来ると思います。クレッシェンドラブが早めのマクリで行き急ぐ展開の中、もうワンテンポ遅らせて、大外を強襲してきそうなイメージ。

この馬の脚質なら福島記念の展開に向きそうですが「結果的に伸びなかったのは斤量でしょうか。馬は良く頑張っていますよ」というコメント付きの4着もありえますので。

それでも実績は最上位ですし、58.5キロが何のそのなら・・・ですね。

トーセンガーネット

応援ですが前走で芝が慣れたと思いますので掲示板くらいはあるかなと。応援ですね。

<<参考印>>
◎アロハリリー
◯ミッキースワロー
▲アドマイヤジャスタ
△リリックドラマ
△ステイフーリッシュ
×トーセンガーネット

福島記念コース解説

スタンド前直線を延長したポケットからスタート。ポケットはコースで一番高い4コーナーのさらにバンクの外側にある。下りスタートで最初の直線が約500mと長いため、テンは1800mよりも速くなる。

向正面で馬群が縦長になりいったん落ち着くが、3コーナーから再びペースがあがり、4コーナーの下りで加速して直線へ。先行馬と差し馬が激突し、直線は激しい追い比べになる。

1800mよりも前傾ペースになりやすく、展開一つで追い込み馬が間に合うこともあるが、やはり小回りコースで勝ち馬の中心は先行馬。先行力があり、消耗戦に強い、渋太いタイプの馬が狙い目だ。引用先:競馬ラボ

小回りコースですから逃げ先行馬が有利なのは想像がつくと思いますが福島記念は4角4番手通過が優秀です。

ただし、ハイペースになると差し馬も馬券に絡むことがありますので展開予測は重要になってきます。

福島記念2019過去データ傾向

過去10年の結果を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[1-3-2-4]
  2. 単勝2番人気[3-1-1-5]
  3. 単勝3番人気[1-3-2-4]
  4. 単勝4番人気[0-0-1-9]
  5. 単勝5番人気[0-1-0-9]
  6. 単勝6番人気[1-0-1-9]
  7. 単勝7番人気[2-0-1-7]
  8. 単勝8番人気[1-1-0-8]
  9. 単勝9番人気以下[1-0-1-71]
  10. 関東馬[7-7-4-68]
  11. 関西馬[3-3-6-59]
  12. 牡馬・セン馬[10-9-9-109]
  13. 牝馬[0-0-1-18]
  14. 1枠[3-2-3-11]
  15. 2枠[2-0-2-16]
  16. 3枠[4-1-1-14]
  17. 4枠[0-1-0-19]
  18. 5枠[1-2-0-16]
  19. 6枠[0-1-0-19]
  20. 7枠[0-3-1-16]
  21. 8枠[0-0-3-16]
  • 連対馬18頭中17頭がコーナー4つあるコースの1800mか2000mで勝ち星があるか、重賞で2、3着の実績がありました
  • サンデーサイレンス系、ミスプロ系が優秀もディープインパクト産駒はイマイチ
  • 57キロ以上のトップハンデが単勝3番人気以内に支持された場合[2-2-2-3]と好走。4番人気以下は[0-0-1-17]と不振
  • 前走東京重賞組の2ケタ着順組が5勝。そのうち同年に重賞で連対していた関東馬が[3-0-0-1]
  • 同年、中山金杯、函館記念組の3着以内は優秀な結果
  • 前走オープンで4着以下の今回単勝1番人気が[1-1-2-0]
タイトルとURLをコピーしました