フリージア賞2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年2月22日東京競馬フリージア賞3歳500万下/芝2000m)

東京コースで行われた過去4年は、単勝1番人気[2-0-1-1]と好走しており、単勝2番人気も[0-2-0-2]の成績。上位人気馬が順当に走って来ている結果となっています。

今年は、アメリカンシード、サトノフウジンあたりが人気の中心となりそうな中、特に特筆したい過去データで言えば、前走現級クラスで上がり3F3以内だった馬が[3-1-0-3]と好走している点。

この点を踏まえれば、アメリカンシードが優勢になってくる過去データ傾向となっています。

少頭数で東京コースですから「上がり3F」が得意な馬、また、血統背景から見て、切れ負けをしなさそうな馬を狙っていきたいと思います。

【無料情報】過去5年、買い続けるだけで回収率144.2%の安定性

神戸新聞杯の予想はココの指数が良いに決まっています!

何がそんなに良いのか?
それは、上位6位までの馬が、

1着に入る確率(単勝)約80%~90%
3着以内に1頭が入る確率(複勝)約90%~100%
3着以内に2頭が入る確率(ワイド)約70~80%

分かりやすく言えば、18頭立てのレースだろうと
わずか6頭で予想をすることが可能になります。

たとえば、過去5年の神戸新聞杯の指数は、

19年指数1→2→4位
18年指数2→3→5位
17年指数1→3→2位
16年指数1→5→3位
15年指数6→1→5位

上位6位までの3連複ボックスは5戦5勝で回収率は123.8%
上位5位までの3連複ボックスは5戦4勝で回収率144.2%

ただ単純に上位5位~6位を参考にするだけで、これだけのプラス収支です。

そして、無料指数は以下のように無料公開されます↓

神戸新聞杯、前日単勝1番人気はコントレイルの1.1倍。

単勝2番人気以下は何が来てもおかしくない混戦模様。
そんな難しい予想の時こそ、
ココの上位5頭の指数馬が頼りになります。

単純な単勝人気のような
指数順位になることが少ないですから、
純粋にその馬の能力を評価しての指数。

春NHKマイルでも
ラウダシオン9人気を指数6位推奨とか
1着は出来過ぎ感はありますが、
こういうの選んでくるから面白いんですよね!

上位5頭の指数馬。見るのは無料。参考にするのも無料。

フリージア賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

フリージア賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ショウナンバレリオ 牡3 56.0 池添謙 [栗]池添兼
2 2 カンバラ 牝3 54.0 丸山元 [美]黒岩陽
3 3 サトノフウジン 牡3 56.0 石橋脩 [美]堀宣行
4 4 マイネルミンドール 牡3 56.0 津村明 [美]相沢郁
5 5 フローズンスタイル 牝3 54.0 田辺裕 [美]黒岩陽
6 6 (外)アメリカンシード 牡3 56.0 川田将 [栗]藤岡健
7 7 ジェラペッシュ 牝3 54.0 吉田豊 [美]尾関知

春G1無料予想8戦6勝!さらに無料情報パーフェクト的中達成!

今週の重賞無料情報開放は「神戸新聞杯」です!

8月23日札幌記念回収率144%
8月23日小倉1R回収率203%
8月22日小倉3R回収率127%
8月22日新潟6R回収率210%

堅めの決着でしたが4戦4勝のパーフェクト的中はさすがです!

プラン情報も好調で◎重賞プラン「スターメーカー」情報

春G1無料3連複情報連チャン&3連単情報でさらに爆勝ち。桜花賞あたりからガチ凄い!完全夏荒れ対策モード発動してますね!実は七夕賞の無料3連複情報でもジナンボーは入れてませんでした! 

函館記念→113520円獲得!回収率11828%
七夕賞→667,980円獲得!回収率6958%

■無料情報・春G1シリーズ8戦6勝

◎安田記念5点+4点4800円
→6720円(回収率140%)
◎ダービー9点600円5400円
→14800円(回収率276%)
◎Vマイル13点400円5200円
→11840円(回収率228%)
◎天皇賞10点500円5000円
→67500円(回収率1350%)
◎皐月賞14点400円5600円
→36600円(回収率653%)
◎桜花賞14点400円5600円
→50360円(回収率899%)

たったのワンコインで天皇賞春67500円を獲得。

これと同じ予想が無料で手に入りますからマジで凄いんです。

そして、日曜無料情報は、神戸新聞杯です!

春G1シリーズで8戦6勝の無料情報

その実力を神戸新聞杯の無料情報で試して見てください!

秋競馬はココが確実です!

無料メルアド登録で即買い目が確認出来ます。

フリージア賞2020予想

過去データ的にも後押しする材料が豊富で、軸としてなら最適のアメリカンシードですが、前走福寿草特別の内容がイマイチに見えたかなと。

少頭数の上がり勝負だったため、平凡なタイムもそこまで悲観する内容ではなかったのですが、今回は同型馬がいる中で、前走のような走りになると、広い東京コースでどこまで上がりを使えるかが不安。

それならば、差す競馬で馬場変わりを歓迎出来るタイプを狙って見ようと思います。

◎本命:複勝

ジェラペッシュ

休養明け初戦を芝2000mから始動するジェラペッシュ。

前走阪神JFは、力の開きがあったようなレースに加え、初の遠征に外枠がもろにひびての結果だったと思えば度返しをして良い内容だったと思います。

今回は少頭数での競馬で、さらにコース相性もよく、初の2000mだったとしても狙いたくなる実績がありますので、ここは期待したいなと。

3走前のサウジアラビRCが4着。サリオスから1.2秒離されましたがレコード決着でのレース。そう考えれば健闘している内容でした。

続く2走前赤松賞は3着に好走。前走サウジアラビRCのことを考えれば、3着に入ったのは必然のような結果で、上がり3F2位も立派でした。

血統的にマイルまでが理想だとは思いますが、少頭数でスローペースなら、騙しながら脚を溜めることも出来そうですから、最後の最後で切れる脚で差してくるのはこの馬かなと。

残る7頭の実績面を考慮すれば、ここであっさりと勝ってもおかしくない1頭だと思います。

◎ジェラペッシュ
○アメリカンシード
▲マイネルミンドール

馬連◎=◯▲△3点

フリージア賞2020過去データ傾向

特に重要なデータを紹介します。

  1. 前走現級クラスで上がり3F3以内だった馬が[3-1-0-3]と好走
  2. 4年連続単勝6番人気以内の関西馬1頭が3着以内
  3. 単勝3番人気以内の関西馬[2-1-0-0]
  4. 4角6番手以内の先行馬が優秀
  5. 勝ち馬全頭は上がり3F2以内
関連キーワード
おすすめの記事