中央競馬最終予想

フルーツラインカップ2020予想や過去データ傾向分析・叩き2戦目で前走以上を期待

フルーツラインカップ2020予想や過去データ傾向分析を紹介します。2020年10月31日(土曜)3回福島1日・3歳以上3勝クラス・芝2000m

[temp id=16]

重賞も平場も強い無料予想・今週はエルムSを無料公開!

◎2020年G1無料予想は何と!+169,490円獲得!
◎2021年春G1無料予想も10戦5勝!

無料競馬予想で1番おすすめ出来る競馬サイトです!

■日本ダービー→26,400円/489%
■NHKマイルC→10,620円/186%
■天皇賞春→6,120円/128%
■桜花賞→10,640円/222%
■高松宮記念→8,800円/183%

もちろん、G1以外の重賞無料予想も好調で、
特にエプソムカップと京王杯SCはのダブル万馬券的中は激アツでした!

■エプソムカップ
3連複130.9倍×300円=39,270円回収率689%

京王杯SCでは、8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れて167.4倍×400円=66,960円的中と、ここの無料買い目は、的確でありながら高配当が見込める、

有料情報以上の精度と回収率です!

週末の無料予想は、重賞中心ですからライトユーザーにもお勧めです。

エルムステークスの無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

エルムステークスの無料買い目はコチラ

↑無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。また、Google・yahooのSNSアカウントでも簡単に登録できます。

フルーツラインカップ2020枠順

フルーツラインカップ2020枠順

1 ココロノトウダイ 2.1
2 ベレヌス 3.7
3 ハーメティキスト 6.5
4 ハウエバー 14.7
5 デクレアラー 14.7
6 ダンサール 16.5
7 ジャコマル 21.1
8 イノセントミューズ 22.4
9 トータルソッカー 24.3
10 ウィナーポイント 30.7
11 アヴィオール 31.8
12 スーパーブレイク 39.7
13 オスカールビー 41.6
14 バレーノロッソ 64.6
[temp id=8]

フルーツラインカップ2020過去データ傾向

2勝3勝クラス芝2000mの過去10年を参考にしています。

枠順データ

脚質データ

単勝人気データ

年齢データ

種牡馬データ

騎手データ

前走単勝人気データ

フルーツラインカップ2020予想

◎本命ココロノトウダイ/複勝

菊花賞除外で、大型馬のココロノトウダイにとっては、ひと叩きされた馬体に緩さがなくなったように見え、結果的に自己条件でも、得意の福島芝2000mに矛先を変えれたのはプラスだったかなと。

前走セントライト記念は、単勝8番人気で6着。勝ち馬バビットの番手を追走するも最後は脚が上がって6着に敗退。

これで、2走前猪苗代特別の芝2000mが現状では適距離だと仮定すれば、今回は、1枠に得意の福島コース。さらに叩き2戦目も歓迎ですから、期待出来る1頭。

同型馬が多いですが、先行しながらインで脚を温存。スタミナ勝負になる最終コーナーあたりから早めに先頭を伺い、そのまま抜け出す競馬。

息の入りやすい小回り福島コースは、同馬にとって競馬が一番しやすいはず。

期待したいですね。

◎1ココロノトウダイ
○14ハーメティキスト
▲8アヴィオール
△9ベレヌス
△12ダンサール
×13トータルソッカー
×4バレーノロッソ

[temp id=18] [temp id=17]

AD)函館3連単無双~!
荒れる夏も未勝利、新馬、重賞もOK
無料公開前半からよくきてましたよ~!
【8月1日】─────────────
函館1R3連単4220円 1→2→5位
函館2R3連単10510円 2→1→6位
函館4R3連単383830円 6→4→5位

函館5R3連単11220円 4→1→5位
7,9,10Rも3連単 そして無料公開重賞
クイーンステークス 3連単16480円
指数3→1→6位 8番人気3着サトノセシル お見事推奨!!

そして今週末エルムステークス
去年も推奨馬で3連単的中!
エルムステークス2020
指数1→2→4位3連単9480円
そして圧巻はレパードステークス2020
指数3→1→6位→3連単122050円
7人気ケンシンコウしっかり推奨
この6~9人気をつかむのが本当ドンピシャなんです!

無料予想はこちらからご確認ください↓↓
今週の無料予想はこちら

登録に必要なのはメールアドレスのみ!名前も住所も必要ありません。
「ezweb」及び「icloud」は登録できない場合があるのでyahoo,gmailなどがおススメです。

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。