中央競馬最終予想

フルーツラインカップ2020予想や過去データ傾向分析・叩き2戦目で前走以上を期待

フルーツラインカップ2020予想や過去データ傾向分析を紹介します。2020年10月31日(土曜)3回福島1日・3歳以上3勝クラス・芝2000m

[temp id=16]

フルーツラインカップ2020枠順

フルーツラインカップ2020枠順

1 ココロノトウダイ 2.1
2 ベレヌス 3.7
3 ハーメティキスト 6.5
4 ハウエバー 14.7
5 デクレアラー 14.7
6 ダンサール 16.5
7 ジャコマル 21.1
8 イノセントミューズ 22.4
9 トータルソッカー 24.3
10 ウィナーポイント 30.7
11 アヴィオール 31.8
12 スーパーブレイク 39.7
13 オスカールビー 41.6
14 バレーノロッソ 64.6
[temp id=8]

フルーツラインカップ2020過去データ傾向

2勝3勝クラス芝2000mの過去10年を参考にしています。

枠順データ

脚質データ

単勝人気データ

年齢データ

種牡馬データ

騎手データ

前走単勝人気データ

フルーツラインカップ2020予想

◎本命ココロノトウダイ/複勝

菊花賞除外で、大型馬のココロノトウダイにとっては、ひと叩きされた馬体に緩さがなくなったように見え、結果的に自己条件でも、得意の福島芝2000mに矛先を変えれたのはプラスだったかなと。

前走セントライト記念は、単勝8番人気で6着。勝ち馬バビットの番手を追走するも最後は脚が上がって6着に敗退。

これで、2走前猪苗代特別の芝2000mが現状では適距離だと仮定すれば、今回は、1枠に得意の福島コース。さらに叩き2戦目も歓迎ですから、期待出来る1頭。

同型馬が多いですが、先行しながらインで脚を温存。スタミナ勝負になる最終コーナーあたりから早めに先頭を伺い、そのまま抜け出す競馬。

息の入りやすい小回り福島コースは、同馬にとって競馬が一番しやすいはず。

期待したいですね。

◎1ココロノトウダイ
○14ハーメティキスト
▲8アヴィオール
△9ベレヌス
△12ダンサール
×13トータルソッカー
×4バレーノロッソ

[temp id=18] [temp id=17]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。