中央競馬最終予想

芙蓉賞予想/好枠い入ったことで主力メンバーの中から頭ひとつ抜けている1頭

芙蓉賞2020の予想を紹介します。(2020年9月1日 第7回川崎競馬第2日3歳オープン/ダート2000m)

代替え開催となった芙蓉賞2020ですが、とりあえずが開催出来そうなので良かったです。

川崎ダート2000mは、キツイコーナーを4回通過しますので内枠が有利で、それが少頭数でも多頭数でも変わらないと考えています。

2020年無料予想実績No.1サイト!

2020年G1無料予想+169,490円獲得!

昨年の有馬記念&ホープフルSダブル的中に加え、
2021年中山金杯で183倍的中です!

■2020年G1無料予想結果

◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額:277,890円
◎収支額:169,490円

2021年春G1シリーズ無料予想も好調!
7戦4勝で回収率100%超えです!

◆高松宮記念◎レシステンシア軸で3連複22倍
◆桜花賞◎サトノレイナス軸で3連複26.6倍
◆天皇賞春◎ワールドプレミア軸で3連複20.4倍
◆NHKマイルカップ◎シュネルマイスター軸で3連複35.4倍

無料買い目画像がこちら↓

土曜は京王杯SCを的中。
3連複167.4×400円=66,960円獲得!
回収率1674%!

今週は、ヴィクトリアマイルの無料買い目を公開!

少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの無料予想です。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

ヴィクトリアマイルの無料買い目はコチラ

↑上記フォームより【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認できます。

芙蓉賞2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 パラダイムチェンジ 牡3 54 橋本直哉
2 2 カスタムオーダー 牡3 54 町田直希
3 3 コガラスマル 牡3 54 山林堂信彦
4 4 ウタマロ 牡3 56 西村栄喜
5 5 ヤマジュンサルサ 牝3 52 赤津和希
6 6 チョウライリン 牡3 55 吉留孝司
7 7 ヴァケーション 牡3 56 伊藤裕人
8 8 バブルガムダンサー 牝3 53 臼井健太郎
8 9 トーセンタイミング 牡3 54 見越彬央

芙蓉賞2020予想

ダート1800mで連対以上経験か、ダート1600mで1着経験のある馬が予想の最低条件になるのかなと。

今年は、脚質傾向が定まっていないメンバーが多く、なかなか展開を読むのに苦労するのですが、強力な逃げ馬不在でスローペースを想定。

過去2年の結果を見る限り、4角2番以内通過が馬券になっていますので、やはり今年も逃げ先行馬を狙ってみます。

◎本命:複勝

カスタムオーダー

主力馬2頭のウタマロ、ヴァケーションが休養明け初戦でデキや距離適性に不安があるなら、順調に使われてきたカスタムオーダーを推したいなと。

とにかく良い枠順、2枠に入ったことで、コーナーのキツイ川崎ダート2000mなら、好位先団をロス無く競馬が出来、息も入りやすく、強力な逃げ馬不在のため、そこまでペースも上がらない。

その中で、2走前アマテラス賞は、タイムこそ平凡ですが、2番手で折り合いをつけて、勝負どころで前を交わす競馬が芙蓉賞でも出来れば、おのずと結果が付いてくるはず。

もちろん、展開面でと言う意味合いです。

メンバーが上がれば、タイムも縮めてくると思いますので、やはり「展開面」は、一番競馬がしやすいと思います。

また、今回の騎手で言うなら町田騎手は信頼出来そうで、このあたりもすべて含めての本命としたいですね。

◎カスタムオーダー
○バブルガムダンサー
▲ウタマロ
△ヴァケーション
×チョウライリン

馬連◎=○▲△×4点

[common_content id=”9807″] [common_content id=”14532″]

5千円投資が8~9万円に変わるのでやめられません!

無料予想:京王杯SC・1674%的中!
無料買い目画像↓

京王杯SC3連複167.4倍×500円
[払戻]83,700円[回収率]1674%
相手馬に8,10人気入れて超高回収率の離れ業!!

無料公開買い目・ほか実績
◎谷川岳S回収率148%
◎サンシャインS回収率413%
◎中山GJ回収率193%
◎日経賞回収率163%
◎スプリングS回収率255%
◎壇ノ浦S回収率238%
◎チューリップ賞回収率103%

高回収率はマグレじゃない↓
オーシャンS回収率1865%
無料買い目画像↓

的中率狙いながら時にこんな高配当あり!
5千円投資が8~9万円に変わるのでやめられません!

日曜の無料買い目はコチラ

↑昨年から追いかけてますがココは本当にオススメ!日曜日も無料予想あるので今すぐチェックです◎

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。