スポンサーリンク

フィリーズレビュー2019予想!前走クイーンCを叩いて更に狙い目

この記事は約4分で読めます。


フィリーズレビュー2019の予想を中心に重要なデータまとめや注目馬評価などを紹介します。

2019/3/10(日) 1回阪神6日目
阪神11Rフィリーズレビュー (GⅡ)
(桜花賞トライアル)
オープン(国)牝(指)馬齢
芝1400m

牝馬限定による非根幹距離1400m。過去10年を参考にすると単勝1番人気の3着内率は50%とG2の割に低い数字。また単勝8番人気以降も馬券になっており、紐荒れになるか、むちゃ荒れになるかのどちらかのようなレースになることが多いです。

ただし、紐荒れの場合は単勝9番人気までが馬券になることが多く、過度な期待は禁物ですから馬券の組み立て方が難しくなってきます。

フィリーズレビューの桜花賞での成績は[1-0-2-53]。ここで権利を取って桜花賞へ向かいたい馬、あくまでもここが目標の馬。このあたりも戦績などから見極めたいところです。

今年の人気の中心は、京王杯2着アウィルアウェイに春菜勝1着ココフィーユ、フェアリーS2着ホウオウカトリーヌあたりでしょうか。

それでは予想オッズです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリーズレビュー2019予想オッズ

出典:netkeiba.com

無料メルマガのご案内

無料メルマガ「俺たちの競馬ライフ」ご案内
配信解除はこちら「俺たちの競馬ライフ」 無料メルマガ「俺たちの競馬ライフ」発行者の足立裕二です。 無料メルマガの登録はこちら「俺たちの競馬ライフ」 競馬って楽しいですよね。 本当に楽しいです。 ひと昔前...

 

フィリーズレビュー2019重要なデータ

・サンデーサイレンス系ミスプロ系が中心
・近年は前走阪神JF組、平場500万、こぶし賞が好走
・前走1400mか1600mのどちらかでしか馬券になっていない
・栗東所属馬が有利
・先行差しが有利
・3連系の軸馬は単勝3番人気以内からがベスト
・キャリア1戦と8戦以降は馬券率0%で一番良いのが6戦
・好走率が高いのは距離短縮
・前走単勝3番人気以内が好走
・前走4角6番手以内

特に重要なデータとして「前距離1400m1600m以外の馬は今回馬券に絡んでいない」ということです。

また、前走4角6番手以内だった馬が毎年必ず1頭は3着までに来ていますのでここも重要なデータです。

最後に距離短縮。前走1600mから距離短縮の成績が優秀。

フィリーズレビュー2019注目馬評価

アウィルアウェイ

生年月日2016年02月04日(牝3歳)
毛色鹿毛
調教師高野 友和(栗東)
馬主吉田 勝己
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金3824万3000円
通算成績3戦2勝[2-1-0-0] 主な勝鞍18’ダリア賞
兄弟馬インディチャンプ、ミスパッション
系統サンデーサイレンス系

牡馬混合のG2で2着とその力は本物か?と疑いたくなるような走り。ただ、例年のタイムに比べるとかなり物足りないタイムというのが気がかりも相手がファンタジストならそれでも力はあるかなと。

また、上がり勝負になったとは言え、32秒台の切れ味はさすがサンデーサイレンス系かなと言った感じです。

桜花賞を見据えて休養明けのここは6、7割程度の仕上げで来ると思います。6、7割の仕上げで他馬を蹴散らすことが出来るかどうか?このあたりに注目したい1頭です。

プールヴィル

生年月日2016年03月14日 (牝3歳)
毛色鹿毛
調教師庄野 靖志(栗東)
馬主吉田 照哉
生産者/産地社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金3090万8000円
通算成績5戦2勝[2-1-0-2] 主な勝鞍18’りんどう賞
系統Red God系

阪神JF5着から前走紅梅S2着。休養明けだった阪神JFを叩いての紅梅Sは、完全な狙い目の複勝推奨馬でした。

レース自体は間隔をしっかりと開けて大切に乗っている感じに好感が持て、3戦目のここも他馬のレース内容を考えれば、普通に走ってきそうです。

ただ、阪神でどこまで切れることが出来るか?血統背景が少し心配な部分もありますので枠順次第というところです。

マジックリアリズム

生年月日2016年03月13日 (牝3歳)
毛色鹿毛
調教師尾関 知人(美浦)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者/産地社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金980万0000円
通算成績4戦1勝[1-2-0-1] 主な勝鞍18’サラ2歳未勝利
兄弟馬ソーグリッタリング、メジャーマジック
系統サンデーサイレンス系

前走クイーンCはコンマ6秒差の7着とまずまずの競馬。上がり3F3位と強力だったメンバーを考えると善戦したかなと。

また休養明けで馬体重プラス16キロの出走でこの成績と上がりですから、ひと叩きされた上積みも見込める形。

デビューしてから上がり3F3位内を続けている同馬もサンデーサイレンス系ですから、今回の舞台も十分に合うはず。

単純にメンバーが楽になるここは期待したい1頭で、密かに狙いを定めている1頭。出走してきて欲しいですね。

https://anarogukeiba.net/nakayamahinba2019

タイトルとURLをコピーしました