ギャラクシーステークス2019の予想や予想オッズ、過去データ傾向分析を紹介します。(2019年12月22日阪神競馬第12Rギャラクシーステークス3歳上オープン/ダート1400m)

阪神1400mダートはペースによって決まり脚質が変わることはもひろんですが超ハイペースとハイペースでもその決まり脚質が変わってくる難解なコース。

さらに絶対的逃げ馬の存在がさらに予想を難しくする存在で、ハイラップを刻みながらでも逃げ切ってしまう馬。これがいるだけで2着3着の脚質が予測とはまったく違う形になりやすいです。

絶対的逃げ馬といえば、昨年のゴールドクイーンが代表的な例。

馬場コンディションの稍重が追い風になったと思いますが、テンと終い以外は飛ばしっぱはなしで逃げ切り。さぞハイペースだったんだろうなと思えば、意外とそうでもないラップですから展開予測が難しい。

今年は、良馬場で開催されそうですからそこまで逃げ馬に神経質にならないで良いかもしれませんが非根幹距離でマイルじゃ少し足りない覚醒逃げ馬の登場もありえるだけに各馬の近走をじっくりとみながら予想に入ります。

春G1無料予想8戦6勝!さらに無料情報パーフェクト的中達成!

今週の重賞無料情報開放は「神戸新聞杯」です!

8月23日札幌記念回収率144%
8月23日小倉1R回収率203%
8月22日小倉3R回収率127%
8月22日新潟6R回収率210%

堅めの決着でしたが4戦4勝のパーフェクト的中はさすがです!

プラン情報も好調で◎重賞プラン「スターメーカー」情報

春G1無料3連複情報連チャン&3連単情報でさらに爆勝ち。桜花賞あたりからガチ凄い!完全夏荒れ対策モード発動してますね!実は七夕賞の無料3連複情報でもジナンボーは入れてませんでした! 

函館記念→113520円獲得!回収率11828%
七夕賞→667,980円獲得!回収率6958%

■無料情報・春G1シリーズ8戦6勝

◎安田記念5点+4点4800円
→6720円(回収率140%)
◎ダービー9点600円5400円
→14800円(回収率276%)
◎Vマイル13点400円5200円
→11840円(回収率228%)
◎天皇賞10点500円5000円
→67500円(回収率1350%)
◎皐月賞14点400円5600円
→36600円(回収率653%)
◎桜花賞14点400円5600円
→50360円(回収率899%)

たったのワンコインで天皇賞春67500円を獲得。

これと同じ予想が無料で手に入りますからマジで凄いんです。

そして、日曜無料情報は、神戸新聞杯です!

春G1シリーズで8戦6勝の無料情報

その実力を神戸新聞杯の無料情報で試して見てください!

秋競馬はココが確実です!

無料メルアド登録で即買い目が確認出来ます。

ギャラクシーステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

ギャラクシーステークス2019予想

個人的にはメンバーの揃った1戦に見え、タレント馬が数多くいるように見えるだけにそこまで荒れることはないのかなと思いながらも、狙いたいのは外枠の先行馬。

強力な逃げ馬がそこまでいない中、スタート次第では追っつけてスズカコーズラインがハナに行く構えからフュージョンロックやゴライアスもそれに続く形。

外枠に逃げ先行勢がかたまった関係でテンの入りから速くなるものの意外とミドルペース後半で落ち着く見立て。

そうなると先行勢にチャンスが回って来るようなレースとなり、そのまま押し切る競馬をイメージしています。

本命◎:複勝

ゴライアス

前走霜月Sは、スタートはまずまずも行き脚が付かず7番手からの競馬。

スタートダッシュの上手いゴライアスですからこのあたりは休養明け初戦だったことが影響したのかなと。

追走は楽におこなえていましたが最後の直線では窮屈な競馬を強いられながらもしっかりと伸びて3着。

初の非根幹距離1400mの内容からしても適正は十分にあったと思います。

今回が叩き2戦目で上積みがあり、スタートしてからの行き脚も前走とは違ってくるはず。本来先行して抜け出す競馬が得意ですから7枠からスッと前に出て好位を取れやすい形を作れそうです。

また、仮にハイペースになったとしても実績がありますし、どんな競馬にも対応出来るのもプラス。

これまで5着以下がなく、オープンに上がってからも崩れていない走りに過去データ的にも材料が揃っていますので期待出来る1頭だと思います。

<<参考印>>

◎ゴライアス
◯スズカコーズライン
▲ショーム
△クリノケンリュウ
×フュージョンロック

[ad]

【無料情報】過去5年、買い続けるだけで回収率144.2%の安定性

神戸新聞杯の予想はココの指数が良いに決まっています!

何がそんなに良いのか?
それは、上位6位までの馬が、

  • 1着に入る確率(単勝)約80%~90%
  • 3着以内に1頭が入る確率(複勝)約90%~100%
  • 3着以内に2頭が入る確率(ワイド)約70~80%

分かりやすく言えば、18頭立てのレースだろうと
わずか6頭で予想をすることが可能になります。

たとえば、過去5年の神戸新聞杯の指数は、

19年指数1→2→4位
18年指数2→3→5位
17年指数1→3→2位
16年指数1→5→3位
15年指数6→1→5位

上位6位までの3連複ボックスは5戦5勝で回収率は123.8%
上位5位までの3連複ボックスは5戦4勝で回収率144.2%

ただ単純に上位5位~6位を参考にするだけで、これだけのプラス収支です。

そして、無料指数は以下のように無料公開されます↓

堅い傾向の神戸新聞杯ですが、3連複なら人気薄が上位6位に入っていますので人気サイドの2頭が入ったとしても、回収率の底上げも見込めるのがここの指数です。

たとえば、NHKマイル9人気ラウダシオン指数6位推奨1着!9.10人気を指数5,6位に推奨してくると熱かったりします!

神戸新聞杯は、今年も無料公開との事!

当日お昼前に公式ブログで公開されます。

他2会場24レースも無料公開ですから、激アツの無料指数で当たる馬券を堪能してください!

今週は確実にココです!まずは精度確認してみてください。

ギャラクシーステークス過去データ傾向分析

ハンデ戦を加えた過去7年を参考

  • 当日単勝1番、2番人気[2-4-2-6]連対率42.8%3着内率57.1%
  • 当日単勝11番人気以下[0-0-0-38]
  • 6歳以下[0-1-1-39]
  • 関東所属馬[1-2-0-18]
  • 前走1600mの距離短縮組か同距離組が優秀
  • 前走武蔵野S組が優秀で着順不問
  • 前走4角5番手以内が優秀
  • 前走武蔵野Sで先行して差された馬の巻き返しに注意
  • ミスプロ系、ボールドルーラー系、ロベルト系、サンデーサイレンス系
  • 中5週以内が好走の目安
  • 馬体重474キロ以上が優秀。特に500キロ以上が狙い目
  • 2枠7枠8枠が優秀

ハンデ戦や開催の無かった年などがあり、データ傾向を鵜呑みに出来ない部分はありますが、今年は前走武蔵野S組が2頭ということで共に差し。

展開によっては差せる形も、データ的に狙えるのは武蔵野S5着以内。さらに逃げ先行馬が有利なコースですからどこまで迫れるのか。

前走同距離組が大半を占める中、前走貴船、オータムリーフ組の脚質は、逃げ先行馬が馬券になりやすく、差し追込みで今走の場合は、苦戦傾向。

荒れやすいギャラクシーSでも当日11番人気以下が大苦戦で狙うなら当日単勝10番人気以内が目安。

関東所属馬が苦戦傾向に見える着順数も連対率で行けば、関西所属馬よりも優秀な結果。

[ad]

有馬記念2019最終予想

有馬記念過去データ傾向

有馬記念2019で引退を表明している馬たち

阪神カップ2019最終予想

ホープフルステークス2019出走予定馬や予想オッズ

東京大賞典2019出走予定馬や騎手

おすすめの記事