中央競馬最終予想

萩ステークス2020予想や過去データ傾向・前走不利な条件で善戦・条件替わりで狙い目

萩ステークス2020予想や過去データ傾向分析を紹介します。2020年10月31日(土曜) 4回京都7日萩ステークス2歳オープン芝1800m

萩ステークス過去10年のデータ分析(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬など)

[temp id=18]

萩ステークス2020登録馬

萩ステークス2020予想オッズ

1 レベランス 1.9
2 ワンダフルタウン 3.7
3 シュヴァリエローズ 4.4
4 ピンクカメハメハ 6.6
5 ジュンブルースカイ 14.5
6 ギャラントウォリア 17.6
7 フォティノース 22.4
8 ワールドリバイバル 55.5
[temp id=12]

萩ステークス2020過去データ傾向分析

枠順データ

8枠[0-0-0-10]と苦戦。

1枠[4-1-1-4]勝率40%3着内率60%と好走。

さらに8頭立て以下のレースになると、

8頭立て以下のレース

さらに1枠の好走が目立つ結果。

全体的に見ても、1枠4枠5枠が好走しており、8枠が苦戦。少頭数でも内枠~中枠が有利なことが良くわかり、個人的には強いデータかなと考えています。

脚質データ

逃げ[0-1-2-7]とやや苦戦。

先行馬が6勝と好走しており、差し馬も好走。

上がり3F勝負になりやすく、上がり3F2位以内が8勝。前走上がり3Fも3位以内が10勝と好走しており、前走上がり3F1位[6-4-5-15]勝率20%3着内率50%と高い数字を残しています。

単勝人気データ

単勝3番人気以内[6-7-4-13]と中心。

キャリアデータ

キャリア4戦以上[0-0-0-12]と苦戦。

キャリア3戦[4-1-3-6]が好走しており、今年は、ギャラントウォリア、ピンクカメハメハの2頭が該当。

騎手データ

川田騎手、浜中騎手、福永騎手、ルメール騎手、武豊騎手、岩田騎手が好走。

秋山騎手[0-0-0-4]、幸騎手[0-0-0-4]と苦戦。

前走クラスデータ

前走新馬戦、未勝利戦が好走。G3組に勝ち星は無いものの、複回収率110%と上々の内容だと思います。

前走レースデータ

萩ステークス2020過去データ傾向分析まとめ

8枠[0-0-0-10]と苦戦

1枠[4-1-1-4]好走

逃げ[0-1-2-7]とやや苦戦

先行馬が6勝と好走

単勝3番人気以内[6-7-4-13]と中心

キャリア3戦[4-1-3-6]が好走

川田騎手、浜中騎手、福永騎手、
ルメール騎手、武豊騎手、岩田騎手が好走。

前走新馬戦、未勝利戦が好走

萩ステークス2020予想

◎本命・複勝シュヴァリエローズ

前走新潟2歳Sは、スタートで出遅れ。

終始、馬場の悪い内ラチ沿いを後方で走り、最後の直線も内ラチ沿いを差す競馬。明らかに内と外の馬場の良し悪しで伸びきれなかったシュヴァリエローズも、上がり3F3位は立派だったと思います。

今回、間隔を明けた1戦にはなりますが、最終追い切りは抜群で、前走以上の状態にはなったかなと。

新馬戦は先行して上がり3F3位を出すほど、切れ味も申し分なく、今回は平坦京都非根幹距離。血統的に1ハロン延長は問題無く見え、コース血統も相性が良い。

小柄な馬体ですが、前走で馬場の悪いところを走って善戦しており、京都7日目の馬場も味方につけるはず。

ここは期待出来る1頭だと思います。

◎シュヴァリエローズ
○ワンダフルタウン
▲レベランス
△ギャラントウォリア
×フォティノース

[temp id=10] [temp id=17]

 

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。