函館2歳ステークス2020予想や過去データ傾向/的中攻略のヒントは枠順と生まれた月

函館2歳ステークス2020予想や過去データ傾向から厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)を分析。そして最終的に展開予測や近走内容実績を考慮して函館2歳ステークス2020最終予想を紹介します。

 

函館記念は非常に荒れやすいレースですが、函館2歳ステークスは堅い決着が中心と、同じ函館競馬でも両極端なレースに。

函館2歳ステークスの過去10年、勝ち馬は単勝4番人気以内までとなっており、連対馬も5番人気以内が目安。3着に人気薄が入ることで3連系の回収率を上げていますが、基本は単勝5番人気以内が好走。

単勝上位馬の好走には、生まれた月が関係しており、1月~4月生まれが好走。早めに体が仕上がるタイプがどうやら勝ち馬になりやすい結果となっています。

また、当日単勝4番人気以内の1月~4月生まれに限定すれば、

さらに好走率が上がってきます。

この他にも興味深いデータがありますので参考にして見てください。

それでは函館2歳ステークス2020予想や過去データ傾向を紹介します。

函館2歳ステークス2020レース概要

開催日 2020年7月18日(土)
開催場所 函館競馬場
レース名 第52回函館2歳ステークス
グレード G3
条件 2歳オープン
距離 芝1200m・右回り
本賞金1着 3100万円

函館2歳ステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

函館2歳ステークス2020・1週間前予想

  1. ディープエコロジー
  2. フォドラ
  3. モンファボリ
  4. リキサントライ
  5. リンゴアメ
  6. ルーチェドーロ
  7. レディステディゴー

函館2歳ステークス2020最終予想

◎本命:複勝

フォドラ

逃げ馬が揃った1戦で、予想のポイントになるのが、控えた先行脚質が物を言うかなと。

フォドラの前走函館新馬戦は単勝1番人気で1着。タイム1:09.6は、稍重だったことを考えれば、好タイムの部類で、それでいて上がり3F最速を出している点も心強い走り。

今回、逃げ馬が多い中、前走内容からして控える競馬も出来そうで、そうなれば5枠を活かして最後まで脚をためられる走りができ、オーバーペースで前を走る逃げ、先行馬を交わす競馬。これをイメージしています。

もちろん、フォドラが控えればの注文は付きますが期待したいですね。

◎フォドラ
○モンファボリ
▲ホーキーポーキー
△ディープエコロジー
△リンゴアメ
×フォルセティ
×リキサントライ

馬連◎○=▲△△××10点

足立祐二
モンファボリが8枠を引いたことで、武豊騎手が控える競馬を選択する可能性もあり、そうなれば逃げ切る以上に強い競馬をしそうですね。
[common_content id=”10677″]

函館2歳ステークス2020過去データ傾向分析

枠順データ

3着内率は3枠[1-4-3-10]44.4%と優秀。勝率は6枠[4-1-1-14]20%がトップ。全体的には2枠以外ならどこからでも勝ち負けが出来る結果。

6枠の脚質傾向を確認すると、逃げ[1-0-0-2]、先行[2-0-1-1]、差し追い込み[1-1-0-11]と先行馬が好走、単勝5番人気以内で逃げ~差しなら[4-0-1-1]と好走。

6枠+単勝5番人気以内+逃げ~差しなら軸馬候補には十分な結果でしょうか。

単勝人気データ

単勝1番人気以内[3-2-0-5]勝率30%、連対率50%。単勝2番人気[4-1-2-3]勝率40%連対率50%と、単勝上位2頭が強い結果。特に単勝2番人気は、単複回収率187%と狙い目十分。

また単勝6番人気以下は[0-4-4-94]と回収率の底上げになる結果tなっており、上位組から紐穴を狙う形がしっくりと来る結果ですね。

単勝14番人気以下[0-0-0-20]と苦戦。

単勝オッズデータ

単勝10倍以下[0-6-6-99]と勝ち星が無く、9.9倍以内が1着の成績。また3倍~9.9倍の単回収率が100%を越えていますので、単勝オッズなら3倍~9.9倍までが1着候補になりやすい結果です。

単勝100倍以上は[0-0-0-25]と苦戦。

脚質データ

先行[3-5-5-24]勝率8.1%、連対率21.6%、3着内率35.1%と中心の存在。

上がり3F勝負になりやすく、勝ち馬8頭が上がり3F3位以内の成績。

所属データ

関西馬が9勝でダントツの結果。連対率も3着内率も関西馬が関東馬を圧倒していますが、単勝5番人気以内の関東馬なら[1-3-2-10]と見限れない成績。

間隔データ

連闘馬[1-0-0-8]とやや苦戦。

それ以外はどこからでも勝ち負けが出来ている結果です。

性別データ

  • 牡馬・セン馬[6-4-6-64]
  • 牝馬[4-6-4-58]

牡馬・牝馬共に互角の成績ですが、単勝5番人気以内の牝馬に限定すれば[4-3-2-11]と好走。

血統データ

サンデーサイレンス系、ミスプロ系が優秀も、メジャーな種牡馬の好走が少ない結果です。

馬体重データ

馬体重419キロ以下[0-0-0-8]と苦戦。

馬体重420キロ~499キロ以内[9-10-10-106]と中心の存在。

騎手データ

調教師データ

生産者データ

社台が苦戦しており、ノーザンファームが[0-3-1-10]。

生月データ

勝鞍は4月生[4-2-3-39]とトップの成績ですが、数字では1月生[1-1-2-6]が優秀。

全体的には、1月~4月[10-9-7-100]と好走しています。

前走距離データ

前走同距離1200mが中心で[9-8-8-82]で勝率8.4%、連対率15.9%、3着内率23.4%。出走頭数が多いですが、基本は同距離組が優秀な結果です。

前走クラスデータ

前走オープン組が苦戦しており、昇級組が好走。昇級組でも前走混合組が好走しており、牝馬でも牡馬と戦ってきた前走が好走しています。

前走レースデータ

前走新馬戦組[7-6-7-72]と好走しており、その中でも前走単勝5番人気[3-1-1-3]3着内率62.5%。

逆に前走新馬戦で単勝6番人気以下は[0-0-1-9]と苦戦。

前走単勝人気データ

前走単勝1番人気[4-6-3-37]、前走5番人気[3-1-1-12]。この人気が好走しており、単勝6番人気以下は[0-0-1-13]と苦戦。

前走場所データ

前走函館組[10-9-7-82]と好走しており中心の存在。

函館2歳ステークス2020過去データ傾向まとめ

  • 3枠6枠が優秀な結果
  • 2枠4枠がやや苦戦
  • 単勝1番、2番人気が7勝と優秀
  • 単勝6番人気以下は[0-4-4-94]
  • 単勝14番人気以下[0-0-0-20]と苦戦
  • 単勝9.9倍以内が10勝
  • 先行馬が優秀
  • 関西馬が9勝でダントツの結果
  • 連闘馬[1-0-0-8]とやや苦戦
  • 牡馬、牝馬共に互角
  • 馬体重420キロ~499キロ以内[9-10-10-106]と中心
  • 馬体重419キロ以下[0-0-0-8]と苦戦
  • 勝鞍は4月生[4-2-3-39]とトップ
  • 前走同距離1200mが中心で[9-8-8-82]
  • 前走オープン組が苦戦
  • 前走新馬戦組[7-6-7-72]と好走
  • 前走新馬戦で単勝6番人気以下は[0-0-1-9]と苦戦
  • 前走函館組[10-9-7-82]と好走

枠順発表前であれば、新馬戦+新馬戦で単勝5番人気以内+先行・差しが狙い目で、枠順が発表されれば、6枠+単勝5番人気以内+逃げ~差しなら軸馬候補には十分な結果

足立祐二
新馬戦で単勝1番人気は[2-3-3-23]とやや物足りない成績。前走人気だけで判断するのは危険かも?ですね。
[common_content id=”9806″]
タイトルとURLをコピーしました