函館記念2020予想や過去10年データ傾向/やはり今年も荒れる可能性がある函館記念

函館記念2020予想や過去データ傾向から厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)を分析。そして最終的に展開予測や近走内容実績を考慮して函館記念2020最終予想を紹介します。

 

過去10年データ傾向から言えば、レイエンダは危険な人気馬になるため、予想の入り方としては、レイエンダ以外の単勝6番人気以内から入って行くのがベストかなと。

また、3連単平均配当が25万を越え、馬連平均配当が9千円を越えていることから、荒れやすいレースと言えます。

このあたりは、過去データでレイエンダを危険な人気馬と把握していますので、やはり今年も荒れるレースになるイメージで予想をおこなっています。

函館記念2020レース概要

開催日 2020年7月19日/日曜日
開催場所 函館競馬場
レース名 第56回農林水産省賞典函館記念
条件 3歳以上オープン/ハンデ
距離 芝2000m・右回り
本賞金1着 4100万円

函館記念2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

函館記念2020予想

枠順発表後に最終的な予想を紹介。

それまでは、1週間前予想として狙い馬を紹介します。

  1. トーラスジェミニ
  2. バイオスパーク
  3. ナイトオブナイツ
  4. プレシャスブルー
  5. ベストアプローチ
  6. レッドサイオン
[common_content id=”10677″]

函館記念2020過去10年データ傾向分析

枠順データ

2枠3枠4枠で9勝と内枠が有利な結果。8枠[0-0-3-17]、1枠[0-1-2-16]と共に苦戦しています。

8枠で馬券に絡んだ3頭はすべて単勝6番人気以下。2枠3枠4枠も人気下位馬が良く絡んでおり、人気薄は2枠3枠4枠が最低条件になってくるでしょうか。

逆に言えば、ここにさえ入れば、それだけで押さえる必要性が出て来る過去結果となっています。

上位組は、単勝1番人気~3番人気で6勝を挙げていますが、2枠2勝、3枠3勝、4枠1勝となっており、やはり2枠3枠4は、好走条件の最低条件になりそうです。

馬齢データ

2番7番16番から3着以内馬が1頭も出ておらず苦戦。

3番4番6番8番が好走しており、16頭立てでもほぼ同等の結果です。

単勝人気データ

勝ち馬は単勝5番人気以内からとなっており、単勝1番人気が[1-1-0-8]と苦戦。単勝5番人気以内が[10-1-2-37]となっており、勝つか大敗するかの二択のような結果。

逆に単勝6番人気以下[0-9-8-92]と好走していますので、紐荒れ傾向の強いレースと言えます。

全10勝を挙げている前走クラスは、10頭中8頭が重賞組で、残る2頭がオープン特別組です。さらに単勝オッズまで突っ込めば、単勝3.9倍以内は[0-0-0-7]と苦戦。単勝人気で見る場合、ここが大きなヒントになるでしょうか。

足立祐二
ここのデータだけでもレイエンダは危険な人気馬になりますので私は軸にはしないですね。

単勝オッズデータ

単勝3.9倍以内[0-0-0-7]と苦戦。

単勝5倍~29.9倍が[10-8-9-66]と好走。その中で特に注目したいのが、7倍~9.9倍で[6-0-1-13]、単回収率239%と狙い目十分な結果です。

単勝100倍以上[0-0-0-13]と苦戦しており、穴馬を狙うにしても、過度な人気薄は期待出来ない結果となっています。

脚質データ

逃げ先行馬が活躍しており[7-6-6-25]。特に逃げ馬は単複回収率100%を余裕で越えていますので、狙い目でしょうか。

追い込み馬は[0-0-1-49]と苦戦で、4角10番手以下[0-0-1-61]の成績。

所属データ

関西馬が若干有利な結果。単勝6番人気以下の人気薄も、ほぼ同等の結果です。

間隔データ

性別データ

  • 牡馬・セン馬[10-10-9-122]
  • 牝馬[0-0-1-7]

牡馬・セン馬が有利な結果です。

斤量データ

斤量56キロが[4-2-1-34]と中心の結果で、単勝3番人気以内に限れば[4-1-0-7]とさらに好走。トーラスジェミニあたりがそれに該当するかなと。

穴馬なら単勝6番人以下の斤量51.5~55.0キロまでが狙い目でしょうか。

血統データ

4頭以上に限定

サンデーサイレンス系が優秀で、特に中長距離血統が好走していますが、ディープインパクト産駒[0-1-0-9]と苦戦しており、全頭が単勝4番人気以下での結果ですから、函館記念は苦戦する可能性は高いですね。

ただし、単勝3番人気以内に支持されたディープインパクト産駒が過去10年で1頭のみの結果ですから、人気馬は少し警戒が必要でしょうか。

馬体重データ

馬体重460キロ~499キロが6勝と中心の存在。その他では、極端な大型馬は苦戦しており、軽馬体重馬もやや苦戦している結果です。

騎手データ

  • 前走から同騎手[6-5-4-63]
  • 前走から乗り替わり[4-5-6-66]

基本的に騎手での偏りはそこまで無い結果です。

調教師データ

生産者データ

前走距離データ

前走2000m、2500m組が好走。頭数が多い1800m組は、数字では少し物足りない結果です。

前走クラスデータ

前走重賞組が[8-5-7-57]と中心の存在。

前走3勝クラス以下[0-0-1-7]と苦戦。

前走レースデータ

前走目黒記念組が3勝していますが、全体的には、前走巴賞組が[1-4-2-44]と好走。

その巴賞組をさらに掘り下げると、単勝オッズ10倍~29.9倍が好走しており、それ以外は苦戦。また前走6着~9着が好走しています。

前走単勝人気データ

前走単勝6番人気以下[7-7-6-79]と好走しており、巻き返し可能な結果。

函館記念2020過去10年データ傾向まとめ

  1. 2枠3枠4枠で9勝と内枠が有利
  2. 3番4番6番8番が好走
  3. 勝ち馬は単勝5番人気以内から
  4. 単勝3.9倍以内[0-0-0-7]と苦戦
  5. 単勝5倍~29.9倍が[10-8-9-66]と好走
  6. 逃げ先行馬が活躍しており[7-6-6-25]
  7. 追い込み馬は[0-0-1-49]と苦戦
  8. 牡馬・セン馬[10-10-9-122]
  9. ディープインパクト産駒[0-1-0-9]と苦戦
  10. 馬体重460キロ~499キロが6勝と中心
  11. 前走2000m、2500m組が好走
  12. 前走重賞組が[8-5-7-57]と中心
  13. 前走3勝クラス以下[0-0-1-7]と苦戦
  14. 前走単勝6番人気以下[7-7-6-79]と好走

函館記念2020穴馬のポイント

穴でも軸でも、単勝5倍~29.9倍が好走しており、3連単平均配当が25万を越え、馬連平均配当が9千円を越えている理由がここで。

この単勝オッズの中の傾向を少し探って見たいと思います。

単勝5倍~29.9倍の前走組を調べると、前走重賞組が好走しており、目黒記念、エプソムカップ組が好走。ただし、10着以下は苦戦しており、今年は、巴賞組が中心になるかなと。

その巴賞組は[1-4-2-20]。そして新潟大賞典組も[1-1-1-3]と好走していますので、今年で言えば、ベストアプローチとプレシャスブルーあたりがそれに該当してくる形。

ここに脚質傾向や斤量を考慮すれば、ベストアプローチが相応しいかなと思います。

[common_content id=”9806″]
タイトルとURLをコピーしました