白秋ステークス2020予想や過去データ傾向分析・馬体リフレッシュで前走以上を期待

白秋ステークス2020予想や過去データ傾向分析・予想オッズや枠順を紹介します。2020年10月17日(土曜)4回東京3日白秋ステークス3歳以上3勝クラス1400m

白秋ステークス2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ペイシャドリーム 牝4 55.0 的場 勇人
1 2 レッドイグニス 騸7 57.0 田辺 裕信
2 3 エクレアスパークル 牡6 57.0 横山 和生
2 4 ラスティユース 牡5 57.0 武士沢 友治
3 5 ネリッサ 牝4 55.0 北村 宏司
3 6 サンノゼテソーロ 牡4 57.0 大野 拓弥
4 7 オーヴォドーロ 牝5 55.0 武藤 雅
4 8 カルリーノ 牡4 57.0 三浦 皇成
5 9 トウカイオラージュ 牡4 57.0 松山 弘平
5 10 ウォータースペース 牝4 55.0 石橋 脩
6 11 アプルーヴァル 牡5 57.0 和田 竜二
6 12 ボーダーオブライフ 騸6 57.0 伊藤 工真
7 13 ザイツィンガー 牡4 57.0 津村 明秀
7 14 フレッチア 牡5 57.0 C.ルメール
7 15 ミュージアムヒル 牝5 55.0 丸山 元気
8 16 ダイトウキョウ 牡8 57.0 幸 英明
8 17 オールザゴー 牡6 57.0 北村 友一
8 18 ビッククインバイオ 牝3 53.0 戸崎 圭太

白秋ステークス2020予想オッズ

1 ビッククインバイオ 3.1
2 フレッチア 3.8
3 カルリーノ 5.2
4 レッドイグニス 11.5
5 ペイシャドリーム 12.5
6 ザイツィンガー 15.9
7 トウカイオラージュ 17.0
8 オールザゴー 19.5
9 ミュージアムヒル 20.9
10 アプルーヴァル 24.8
11 サンノゼテソーロ 27.7
12 ネリッサ 28.8
13 ボーダーオブライフ 50.9
14 エクレアスパークル 54.7
15 ウォータースペース 64.4
16 ダイトウキョウ 64.4
17 ラスティユース 99.8
18 オーヴォドーロ 137.6

白秋ステークス2020過去データ傾向分析

枠順データ

全体的にはどこからでも勝ち負けが出来ている結果です。

その中でも3枠6枠7枠がやや優勢といった成績で、3着内率トップは8枠29.2%。

脚質データ

逃げ[1-0-2-7]とやや苦戦しており、差し馬[7-5-4-51]と中心の存在。

上がり3F勝負にはなりにくい反面、上がり3F2位以内の3着内率が50%を越え、切れる脚があれば越したことは無い感じでしょうか。

単勝人気データ

単勝1番人気[2-3-0-5]とまずまずの成績で、単勝2番人気[1-1-4-4]と3着内率60%で優秀。

単勝13番人気以下[0-1-0-35]と苦戦しています。

年齢データ

6歳以上が苦戦しており[0-0-0-40]。

3歳~5歳[10-10-10-82]と中心の存在。

特に4歳で単勝1番人気は[2-3-0-1]と好走しており、強いデータかなと思います。

所属データ

馬体重データ

極端な大型馬や、軽馬は苦戦しており、馬体重440キロ~519キロが中心の存在。

騎手データ

前走クラスデータ

前走重賞組が苦戦しており[0-0-0-9]。

前走同クラス組[7-6-8-93]と好走しており中心の存在。また出走数こそ少ないものの、前走2勝クラス[3-3-1-18]と好走しており、当日単勝1番人気なら[1-1-0-1]。

当日単勝6番人気以下からも好走馬が出ており、何かと要チェックは必須かなと思います。

前走レースデータ

過去データ傾向分析まとめ

3枠6枠7枠がやや優勢

逃げ[1-0-2-7]とやや苦戦

差し馬[7-5-4-51]と中心

上がり3F2位以内の3着内率が50%を越え

単勝1番人気[2-3-0-5]とまずまずの成績

単勝2番人気[1-1-4-4]と3着内率60%で優秀

単勝13番人気以下[0-1-0-35]と苦戦

6歳以上が苦戦しており[0-0-0-40]

3歳~5歳[10-10-10-82]と中心

4歳で単勝1番人気は[2-3-0-1]と好走

馬体重440キロ~519キロが中心

前走重賞組が苦戦しており[0-0-0-9]

前走同クラス組[7-6-8-93]と好走

前走2勝クラス[3-3-1-18]と好走

足立の予想のポイント
4歳+前走3勝クラス+3着4着5着=[2-2-2-3]と好走していますので狙い目十分かなと思います。また3着で勝ち馬からコンマ2秒以内なら[1-1-1-0]。

白秋ステークス2020予想

◎本命・複勝

カルリーノ

前走フリーウェイSは、単勝4番人気で2着に好走。スタートこそ綺麗に切りましたが、ダッシュつかず後方待機へ。

4角までに馬群が凝縮したこともあり、そこまで後ろの位置取りではなかった中から、外めを上がって行き、最後の直線へ。

追い出すタイミングを計るほど余裕がありましたが、突き抜けることなく2着は、これまでの善戦での疲労が残っていたかなと。

今回、休養明け初戦となりますが、実績は申し分なく、得意の東京1400mですから、ここでも十分に期待が持て、前走と似たような枠順ですから、

スタートさえ五分なら、中団外めを追走しながら、最後はきっちりと差してくれるイメージが強いですね。

斤量2キロ増の57キロですが、2勝クラスで経験での優勝。さらに勝ちタイムも3勝クラスなら勝ち負け出来る優秀なタイムですので、休養明け初戦のここは、リフレッシュした馬体で前走以上を期待出来ると思います。

◎カルリーノ
○ペイシャドリーム
▲ネリッサ
△フレッチア
△ビッククインバイオ
×ボーダーオブライフ
×オールザゴー

馬連◎○=○▲△△××6点

 

足立祐二
秋華賞や府中牝馬Sの
無料予想はコチラです!
[getpost id=”17357″] [getpost id=”17304″] [getpost id=”17254″]
[common_content id=”16829″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました