白山大賞典2020予想や買い目・過去データ傾向・好枠からマクる競馬で勝ち負けに期待

白山大賞典2020予想や買い目・過去データ傾向を紹介します。

白山大賞典の過去10年の結果データ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析。

印付きの買い目予想を紹介します。

白山大賞典2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 エルデュクラージュ 騸6 54 C.ルメール
2 2 ロンギングルック 牝4 52 中島龍也
3 3 ロードゴラッソ 牡5 55 藤岡佑介
4 4 ティモシーブルー 牡6 54 畑中信司
5 5 ロードレガリス 牡5 54 武豊
5 6 リンノレジェンド 牡4 54 吉原寛人
6 7 ドリームリヴァール 騸10 54 池田敦
6 8 ヒストリーメイカー 牡6 54 畑端省吾
7 9 ホーリーブレイズ 牡6 54 田中学
7 10 リンクスゼロ 牡6 54 深沢杏花
8 11 マスターフェンサー 牡4 55 川田将雅
8 12 サウスアメリカン 牡5 54 栗原大河

白山大賞典2020予想

好メンバーが揃ったレースで、個人的には予想が面白くて仕方がないと言った感じで。

金沢競馬長距離レースという部分で、スタミナが必要なのは確かですが、それ以上にパワーも要するコース。

地方競馬の中でも重めの馬場ですから最後まで走りきれるスタミナに先行力を必要とするパワーは不可欠なレースです。

過去データ傾向の前走レースや前走コースを見て頂くとわかるように、前走JRA組が好走している中でも、重めの中山や札幌組が好走しているのは、頷ける話しだと思います。

また、勝ち馬は4角3番手以内通過からしか出ておらず、長距離レースでも逃げ先行馬が有利。

さらに8枠が最も好走しており、コーナーを6回通過する金沢コースであっても、内枠が有利とは限らないから注意したいところです。

◎本命・複勝

マスターフェンサー

前走マーキュリーカップは、マクって最後の直線でデルマルーヴルとの叩き合いに持ち込んで優勝と、非常に強い内容で、それが盛岡2000mでしたから、今回のレースを考えた時には、価値ある優勝だったと思います。

もともとズブい馬で、気難しい面もありそうな道中の走りがある中でも、JRAダートで2着以下に敗れたレースはコンマ6秒以内に善戦しており、すべて掲示板以内の結果と安定した走り。

今回、2度目の地方競馬になりますが、距離は問題なく、パワーも中山や阪神で好走していますので、コチラも問題がない。

好走枠の8枠を引いたというのも大きく、外枠からスムーズに好位中団を取りながら、スピードの上がる3角手前から徐々に上がっていけそうな位置取りを取れるのもプラス。

さらに先行勢が揃った中で、人気の一角エルデュクラージュが、重めの馬場を最後まで走りきれるかが疑問ですから、ここはマスターフェンサーに勝機があるイメージです。

期待出来る1頭です。

◎マスターフェンサー
○ロードゴラッソ
▲リンノレジェンド
△ヒストリーメイカー
×ロードレガリス
×エルデュクラージュ

馬連◎=○▲△××5点

白山大賞典2020過去データ傾向分析

過去10年を参考にしています。

単勝人気データ

3着以内30頭中全頭が単勝6番人気以内までとなっており、単勝7番人気以下は[0-0-0-51]と苦戦。

勝ち馬は単勝4番人気以内で、単勝1番人気[4-1-2-3]勝率40%、3着内率70%と好走。ただし、数字で言えば、単勝2番人気が[2-5-2-1]勝率20%、連対率70%、3着内率90%の成績。

複回収率109.2%と狙い目十分となっています。

全体的には、上位人気馬が活躍するレース結果となっています。

枠順データ

8枠[5-3-0-12]と好走しておりトップの成績。

また8枠に単勝2番人気以内の逃げ馬は[3-0-0-1]勝率75%、単回収率177.5%と驚異の数字。また先行馬も[2-2-0-3]勝率28.6%と好走。

今年の8枠マスターフェンサーは最低でも押さえておくべき馬でしょうか。

その他では、6枠に勝ち星が無い結果で、それ以外は、どこからでも勝ち負けが出来ている結果です。

脚質データ

逃げ先行馬で9勝とダントツの結果を出しており、2着3着までもが逃げ先行馬。

1角&4角通過データ

1角通過

4角通過

最初のコーナーと4角通過は5番手以内が馬券になっており、逃げ先行馬が有利ですが、マクリも利くレースとなっており、結果的に4角を5番手以内で通過出来れば、好走しやすい結果です。

ただ、やはり逃げ先行馬で9勝を挙げていますので、素直に前を狙うのがベストかなと。

また面白いのが、4角通過は、1位から順に成績が悪くなっており、それは、2着3着の成績も比例していること。勝率だけではなく、連対率、3着内率も、1位通過から順に悪くなっています。

そして、4角通過3番手以内が、軒並み複回収率100%を越えている点も見逃せないかなと思います。

年齢データ

3歳4歳6歳が好走しており、9歳以上は[0-1-0-5]と苦戦。

性別データ

牡馬[10-9-10-51]と優秀な結果。牝馬で2着は、2016年単勝3番人気の関西馬アムールブリエ。地方重賞の実績がありました。

所属別データ

JRA組が10勝と強く、3着以内30頭中25頭がJRA組。特に関西馬が強く8勝2着7回。

地方組は、地元金沢[0-2-0-22]が最も好走。

騎手データ

岩田騎手[3-1-0-1]と好走していますが、今年の騎乗予定は無し。

勝ち星は無いものの、今年はリンノレジェンドに騎乗の吉原寛騎手が[0-3-0-4]。ロードレガリス騎乗の武豊騎手が[1-0-1-0]。ルメール騎手は、今回が初参戦となります。

調教師データ

種牡馬データ

前走人気データ

前走単勝7番人気以内が好走。単勝12番人気が1勝を挙げていますが、全体的には7番人気以内が目安かなと。

前走着順データ

前走1着2着が[7-9-6-28]と好走しており中心の存在。

ただし、7着以下から3勝を挙げていますので、巻き返し可能な部分も持ち合わせている結果です。

前走レースデータ

前走エルムS組[4-1-2-6]と好走。地方では、ブリーダーズGC組が[1-1-1-1]。東京記念[0-2-1-3]。

出走数が大い割に苦戦しているのが、前走イヌワシ賞組で[0-0-0-17]。

前走コースデータ

白山大賞典2020過去データ傾向分析まとめ

  1. 3着以内30頭中全頭が単勝6番人気以内
  2. 単勝7番人気以下は[0-0-0-51]苦戦
  3. 勝ち馬は単勝4番人気以内
  4. 上位人気馬が活躍するレース
  5. 8枠[5-3-0-12]と好走
  6. 逃げ先行馬で9勝とダントツの結果
  7. 4角を5番手以内で通過が好走
  8. 3歳4歳6歳が好走
  9. 9歳以上は[0-1-0-5]苦戦
  10. 牡馬[10-9-10-51]と優秀な結果
  11. JRA組が10勝
  12. 地方組は地元金沢[0-2-0-22]
  13. 吉原寛騎手が[0-3-0-4]
  14. 前走単勝7番人気以内が好走
  15. 前走1着2着が[7-9-6-28]好走
  16. 前走エルムS組[4-1-2-6]好走
  17. 前走ブリーダーズGC組[1-1-1-1]好走
  18. 前走東京記念[0-2-1-3]好走
  19. 前走イヌワシ賞組[0-0-0-17]苦戦

[common_content id=”16638″]

[common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました