羽田盃2020予想や過去データ傾向/展開有利な競馬から抜け出すのはゴールドホイヤー

羽田盃2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年4月29日大井競馬第65回羽田盃3歳オープンS1/ダート1800m)

今年は、昨年のような力関係がはっきりとしたメンバーとは違い、何が来てもおかしくない混戦模様で、個人的にはかなり難解なレースです。

そんな難解なメンバーの中でも、前走雲取賞で3馬身半差をつけて優勝したゴールドホイヤーに京浜盃1着ブラブール。さらに2歳最優秀牡馬ヴァケーションなどが中心になるでしょうか。

過去データ的には、コバルトウィング、ファンシーアップ、ティーズダンクが該当しており、これら3頭は、前走京浜盃組の2着3着4着。

この3頭がデータ推奨馬になったことにより、ただでさえ整理がついていない私の脳内が完全に崩壊。1週回ってわけわからん状態ですが、展開面などを考慮して予想を組み立てています。

2020年G1無料予想16戦10勝の実力・チャンピオンズCの無料予想はココ!

◎春G1シリーズ8戦6勝!桜花賞からマイルCSまで16戦10勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、ジャパンカップ、マイルCS的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■G1無料予想16戦10勝

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

◆無料情報3連複実績↓
無料情報クラシック三冠制覇
◎皐月賞 →36,600円/回収率654%
◎東京優駿→14,880円/回収率276%
◎菊花賞 →22,860円/回収率423%
→(三冠的中買い目画像
無料情報で天皇賞春秋的中
◎天皇賞春→67,500円/回収率1350%
◎天皇賞秋→5,760円/回収率107%
→(天皇賞春秋買い目画像
その他の無料情報も的中街道
◎桜花賞  →50,360円/回収率899%
◎Vマイル →11,840円/回収率227%
◎安田記念 →6,720円/回収率140%
◎マイルCS→9,660円/回収率179%

ここのG1予想が熱いんです。
いろいろ検証してみても10勝してるとこはないです。

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料買い目公開
12月5日(土)ステイヤーズステークス
12月6日(日)チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

羽田盃2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 アジュバント 牡3 56 本田正重
2 2 ブラヴール 牡3 56 本橋孝太
3 3 ドイテー 牡3 56 繁田健一
4 4 ヴァケーション 牡3 56 御神本訓史
5 5 コバルトウィング 牡3 56 矢野貴之
6 6 モンゲートラオ 牡3 56 的場文男
6 7 ゴールドホイヤー 牡3 56 山崎誠士
7 8 グリーンロード 牡3 56 森泰斗
7 9 ファルコンウィング 牡3 56 左海誠二
8 10 ファンシーアップ 牡3 56 真島大輔
8 11 ティーズダンク 牡3 56 笹川翼

展開予測

逃げて味のあるファルコンウィングと、逃げても番手追走でも競馬が出来るグリーンロードが同7枠を引いたことで、ハナ争いはこの2頭かなと。

この2頭共にスタートからのテンの速さがそこまであるわけでもないので、押して押してのスタートになりやすいですから、前半はそこまで速く無い競馬を想定。速くてもミドルペース以内。

先行勢には、ドイテー、ヴァケーション、ファンシーアップがつけ、好位中団には、コバルトウィングモンゲートラオ、ゴールドホイヤー。

中団よりやや後ろにティーズダンク、 ブラヴール、アジュバントあたりが構える形。

展開は、ファルコンウィング、グリーンロードが気持ちよく前を行きながら縦長の展開。ペースが速くなる3角手前から後続馬を引き寄せ最後の直線へ。

ファルコンウィングが後続馬を懸命に引き離す中、グリーンロードも併せに行き、先行勢からヴァケーション、ファンシーアップ、そしてゴールドホイヤーが前との差を必死に詰め寄る中、エンジンのかかりが遅い2頭、コバルトウィング、ブラヴールが大外から差す競馬。

羽田盃2020予想

心の本命は、ファルコンウィングですが、前走を使ったことで上がり目があるのかと言えば、胸を張って推せないのが本音も、あえて言うなら、スタートさえ五分で前走より楽な単騎逃げが出来るならといったところ。これはこれで、こそっと少額でも単勝を買っておこうかなと。

ミドルペース以内を想定していますので、前も後ろも同じ上がりになるなら、前走内容を高く評価しての本命ということで、

◎本命:複勝

ゴールドホイヤー

前走雲取賞を3馬身半差で優勝。初重賞挑戦で1着もなかなかのものですが、レース内容がそれ以上のもので。

ゆったりとしたペースを6番手で追走。3角手前から捲くって4角には2番手に。そこから逃げるファルコンウィングを残り150mほどで捕えると、あとは差を広げる競馬。最後は流す余裕も見られた競馬でした。

タイム1:56.1は、昨年のミューチャリーが2着で出した1:56.2を上回る走りで、さらにミューチャリーが重馬場に対して、ゴールドホイヤーが良馬場でのタイムだったことを考えれば、さらにその評価は高くなる形に。

確かに多頭数のレースを経験していないゴールドホイヤーが大外を引当て、終始楽に競馬ができたといった有利た、ペースが落ち着いたことが勝因にもなりますが、

自分から動いて抜け出し、後続馬を引き離した競馬は、羽田盃の人気上位馬が差しに偏っていることを考えれば、ここでは頭1つ抜けた存在かなと。

また、大井外回りコースで結果を出したこと、さらにファルコンウィング、グリーンロードが隣枠から前に行く分、横2列目の外を走れる余裕ができそうなのもプラス。

雲取賞は、上がり3F38.3を出していますので、ミドルペースまでなら、後ろと同じ脚色で走れるのもプラス。

期待出来る1頭だと思います。

◎ゴールドホイヤー
◯ファルコンウィング
▲コバルトウィング
△グリーンロード
×ティーズダンク

馬連◎◯=◎◯▲△×7点

羽田盃2020過去データ傾向

  1. 単勝1番人気[6-2-0-2]
  2. 単勝2番人気[3-2-1-4]
  3. 単勝3番人気[0-4-2-4]
  4. 単勝1番人気~3番人気[9-8-3-10]3着内率66.7%
  5. 近6年は単勝1番人気が連対中
  6. 単勝7番人気以下[1-1-3-77]3着内率6.1%
  7. 連対馬20頭中15頭に南関重賞連対以上の実績
  8. 連対馬18頭が前走5着以内
  9. 逃げ先行馬が有利
  10. 船橋10連対、大井9連対と、この2つが中心
  11. 前走1500m~1700mが優秀で1200m~1400mは苦戦
  12. 全日本2歳優駿5着以内が優秀
  13. 京浜盃5着以内が優秀
  14. 前走単勝8番人気以下[0-0-1-38]

過去データ傾向の中で特に重要な項目が、

  • 全日本2歳優駿5着以内が優秀
  • 京浜盃5着以内が優秀
  • ニューイヤーカップ3着以内

この3つが重要なステップレースになります。

昨年の優勝馬ミューチャリーが、前走雲取賞2着から羽田盃を優勝していますので、ゴールドホイヤーは一応の該当馬になります。

ブラヴール
ヴァケーション
グリーンロード
ファルコンウィング
コバルトウィング
ファンシーアップ
ティーズダンク
ゴールドホイヤー

以上の8頭が3つの重要なレースに該当する馬で、ここからさらに本命候補を過去データから割り出すと、以下の3頭になります。

  1. コバルトウィング
  2. ファンシーアップ
  3. ティーズダンク

[common_content id=”11383″]

タイトルとURLをコピーしました