出走予定馬

阪急杯出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価/好メンバーが揃った1戦も中心は牝馬

阪急杯出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価を紹介します。(2020年3月1日阪神競馬第64回阪急杯4歳以上オープンG3/芝1400m)

今年のメンバーはかなり揃った感があり、G3のメンバーではないなというのが第一印象です。

レースの見どころとしては、サウンドキアラに続いてダイアトニックが重賞制覇をするのか?または、マイルで活躍してきたステルヴィオやクリノガウディーが初の芝1400mで違った一面を見せることが出来るのかどうか?

さらにハッピーアワーやフィアーノロマーノといった1400m巧者が活躍出来るのか?

見どころが多いレースになりそうです!

阪急杯2020出走予定馬

※出走予定馬は随時変更・追記をおこなっています。

馬名 性齢 毛色 斤量 騎手 調教師
アンヴァル 牝5 鹿 54.0 藤岡康 藤岡健
エスターテ 牝5 鹿 54.0 伊藤伸
クリノガウディー 牡4 56.0 藤沢則
サフランハート 牡7 鹿 56.0 幸英明 北出成
ジョイフル 牡6 鹿 56.0 川又賢 吉村圭
ステルヴィオ 牡5 鹿 57.0 丸山元 木村哲
ストーミーシー 牡7 56.0 松若風 斎藤誠
スマートオーディン 牡7 黒鹿 56.0 秋山真 池江泰
ダイアトニック 牡5 鹿 57.0 北村友 安田隆
ティーハーフ 牡10 56.0 西浦勝
ディープダイバー 牡4 黒鹿 56.0 酒井学 大久保
ニシノラッシュ 牡8 鹿 56.0 宮本博
ハッピーアワー 牡4 鹿 56.0 吉田隼 武幸四
(外)フィアーノロマーノ 牡6 鹿 56.0 川田将 高野友
ベストアクター セ6 56.0 浜中俊 鹿戸雄
マイスタイル 牡6 鹿 56.0 田中勝 昆貢
ライラックカラー 牡5 黒鹿 56.0 木幡育 藤沢和
ラヴィングアンサー 牡6 鹿 56.0 和田竜 石坂正
レインボーフラッグ 牡7 鹿 56.0 小崎憲
ロジクライ 牡7 黒鹿 56.0 岩田康 須貝尚

阪急杯2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

阪急杯2020出走予定注目馬評価

ダイアトニック

  • 生年月日/2015年05月12日 (牡5歳)
  • 調教師/安田 隆行(栗東)
  • 馬主/有限会社 シルクレーシング
  • 生産者/酒井牧場
  • 中央獲得賞金/1億7265万9000円
  • 通算成績/13戦6勝[6-3-1-3]
  • 主な勝鞍/19’毎日放送賞スワンS
  • Mr. Prospector系

前走京都金杯は太め残りの馬体重プラス12キロで出走の中、単勝2番人気に支持され2着に好走。

その時の優勝馬サウンドキアラが次戦の京都牝馬Sで優勝したことにより、ダイアトニックが有力になるのは間違いなく、サウンドキアラが1600m→1400mへ距離短縮しても結果を出していますので、非根幹距離1400mが得意なダイアトニックなら、さらに人気が集中しそうです。

京都芝1400mの成績が[5-0-0-0]と勝率100%と文句の無い結果。阪神芝1400mへの出走は初となりますが、開幕週の馬場状態の中でも、差し届きやすいのが阪急杯。

京都芝1400mで5勝したのはすべて外回りコースだったとしても、好走は可能だと思います。

ステルヴィオ

  • 生年月日/2015年01月15日 (牡5歳)
  • 調教師/木村 哲也(美浦)
  • 馬主/有限会社 サンデーレーシング
  • 生産者/ノーザンファーム
  • 中央獲得賞金/2億9384万4000円
  • 通算成績/12戦4勝[4-3-1-4]
  • 主な勝鞍/18’マイルチャンピオンS
  • Mr. Prospector系

クラシック戦線は距離の問題もあり、スプリングS優勝がゆいつの好走レースとなりましたが、古馬戦線に入ってからは、毎日王冠2着にマイルCSで初G1制覇と距離適性の高さと自力のあるところを見せてくれました。

昨年は、中山記念3着、大阪杯14着、安田記念8着とまずまずの成績も、安田記念が勝ち馬からコンマ4秒差だったことを考えれば、悲観するどころか、1600m~1800mに適正があることが再確認出来た年だったと思います。

今年の初戦が阪急杯からということで、芝1400mは初距離。それでも非根幹距離は得意ですし、マイラーとしての素質や地力は十分ですから、脚質的に見ても好走する可能性は十分にあるかなと。

阪急杯は、上がり勝負一辺倒では無いですが、展開さえ向けば、といった評価ですね。

クリノガウディー

  • 生年月日/2016年03月17日 (牡4歳)
  • 調教師/藤沢 則雄(栗東)
  • 馬主/栗本 博晴
  • 生産者/三輪牧場
  • 中央獲得賞金/6754万9000円
  • 通算成績/11戦1勝[1-2-1-7]
  • 主な勝鞍/18’サラ2歳新馬
  • Roberto系

先行抜け出しタイプで、上がりが切れる脚を持っていないですから、開幕週の馬場を味方に出来るかどうかは不安ですね。

また、前走東京新聞杯の走りを見る限り適正距離は、やはりマイルがベストかなと。

今回、芝1400mじたいが初距離となり、距離短縮で新たな走りに期待したいところも、現状は、厳しいかなと考えています。

また個人的には、前走でいきなりピークに持って来たような調教過程に見えましたので、ここは連下止まりの評価ですね。

アンヴァル

  • 生年月日/2015年01月28日 (牝5歳)
  • 調教師/藤岡 健一(栗東)
  • 馬主/有限会社社台レースホース
  • 生産者/ (有)社台コーポレーション
  • 中央獲得賞金/1億0256万9000円
  • 通算成績/17戦4勝[4-2-2-9]
  • 主な勝鞍/18’夕刊フジ杯オパールS
  • Mr. Prospector系

予想オッズでは、下位評価となっていますが、一発あるならここ阪急杯芝1400mかなと。

3歳時のフィリーズレビューが3着。タイム1:21.6秒は好タイムで内容も上々。

今回のメンバー中であれば、走って来てもおかしくない地力と実績があり、枠順次第では、ゴール前で飛んで来る1頭に見えますね。

前走北九州短距離Sは8着に敗退も、重馬場に前有利な展開に泣かされた競馬でしたから度返し出来るレース。今回は得意の阪神1400mで、ハイペース濃厚なメンバー構成ですから、前走以上の結果はイメージ出来ている1頭です。

フィアーノロマーノ

  • 生年月日/2014年08月21日 (牡6歳)
  • 調教師/高野 友和(栗東)
  • 馬主/吉田和美
  • 生産者/Kia Ora Stud
  • 中央獲得賞金/1億4066万7000円
  • 通算成績/14戦6勝[6-1-0-7]
  • 主な勝鞍/19’ダービー卿チャレンジ
  • Danzig系

本命候補の1頭で、その先行力から出る切れ味は、非根幹距離に対して相当高い適正があるかなと。

2018年のファイナルSが、ハイペースを先行しながら上がり3F35.7秒で優勝。1着2着馬が差し馬だったことを考えれば、かなりの強さを示したレースだったと思います。

また、前走阪神カップは控えて差す競馬で2着。タイム1:20.2秒は好タイムで、1着グランアレグリアからコンマ8秒を付けられたとしても内容が良かったかなと。

今回、枠順によっての位置取りになると思いますが、ファイナルSの時の川田騎手が騎乗予定ですから期待したい1頭ですね。

ハッピーアワー

  • 生年月日/2016年03月18日 (牡4歳)
  • 調教師/武 幸四郎(栗東)
  • 馬主/高嶋 祐子
  • 生産者/有限会社吉田ファーム
  • 中央獲得賞金/7798万6000円
  • 通算成績/12戦3勝[3-2-1-6]
  • 主な勝鞍/19’中スポ賞ファルコンS
  • Danzig系

本命候補2頭目のハッピーアワー。これまで12戦消化して、最大秒差がコンマ8秒と安定した走り。

今回のメンバーで阪神芝1400mで確実に近い切れ味で差せて来れそうなのがハッピーアワーで、個人的には、前がフィアーノロマーノなら、後ろがハッピーアワーというイメージです。

ファルコンS優勝後は、レベルの高い1戦ばかりで影が薄くなっている形ですが、芝1400mになれば、本当に期待出来る1頭だと思います。

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。