スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪神牝馬ステークス2019予想データ推奨馬は5歳6歳の古豪牝馬

この記事は約4分で読めます。

サンスポ杯阪神牝馬ステークス2019の予想を中心に過去10年のデータや枠順の有利不利、予想オッズ、データ推奨馬などを紹介します。

2019/4/6(土) 2回阪神5日目
サンスポ杯阪神牝馬S(G1)
オープン (国) 牝 (指) 別定
芝1600m 15頭 発走

今年のサンスポ杯阪神牝馬ステークス2019は例年にない面白いメンバーが集まり予想をするのが楽しくて仕方がありません。

個人的には先月の単複予想の回収率96.25%と100%を切ってしまったので今月のこのサンスポ杯阪神牝馬ステークス2019は何が何でも的中させて弾みをつけたいところです。

参考:中央競馬厳選単複予想2019年3月度結果/回収率96.25%

人気の中心はラッキーライラックにレッドオルガ、カンタービレでしょうか。ラッキーライラックに至ってはクラシック無冠に終わり、個人的にも非常に残念でしたが古馬になってからの前走中山記念はさすがの走りで2着と存在感を表したレースでした。

阪神1600mと言えば先行~差しが有利でペース次第でその脚質傾向が変わってくるコースバイアスです。また過去10年のペースを見ると、ハイペースになったのは2010年の1回のみであとはスローペースからミドルペース。

脚質の並びから展開を予測出来ることが的中へのポイントのようなレースになっています。

古馬4歳が勝つのか?それとも5歳以上が迎え撃つのか?このあたりも非常に気になるサンスポ杯阪神牝馬ステークス2019ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪神牝馬ステークス2019予想オッズ

引用先:netkeiba.com

阪神牝馬ステークス2019重要なデータ

  • サンデーサイレンス系が有利、特にディープインパクト産駒
  • 4年間では1着馬は全て4番人気以内
  • 3枠~6枠が優秀
  • 4歳の勝率が一番良いが3着以内までなら5歳6歳も
  • ノーザンF生産の人気馬は優秀
  • 斤量は前走からマイナス馬が優秀
  • 斤量54キロが中心
  • 前走5番人気以内で1着馬が優秀
  • 前走重賞5番人気以内
  • 前走4角7番手以下が優秀

16年から1600mとなったためデータを鵜呑みに出来ない場合もありますが特に重要なデータからデータ推奨馬を紹介します。

阪神牝馬ステークス2019データ推奨馬

全体的のデータ参考推奨馬

ディープインパクト産駒

ミッキーチャーム
カンタービレ
ワントゥワン
サトノワルキューレ
レッドオルガ
メイショウオワラ
サラキア

斤量54キロが中心

ミッキーチャーム
ワントゥワン
レッドオルガ
メイショウオワラ
サラキア

前走重賞5番人気以内

ミッキーチャーム
ワントゥワン
サラキア

前走4角7番手以下が優秀

ワントゥワン
サラキア

斤量は前走からマイナス馬が優秀

ワントゥワン

生年月日 2013年03月21日(牝6歳)
毛色黒鹿毛
調教師藤岡 健一(栗東)
馬主青山 洋一
生産者/産地社台ファーム/千歳市
中央獲得賞金1億6461万7000円
通算成績 27戦5勝[5-8-2-12] 主な勝鞍 18’雲雀ステークス
兄弟馬キスミーワンス
系統サンデーサイレンス系

今回のメンバーなら、ぜんぜんあってもおかしくないですよね。たぶん、ミドルペースでもスローよりの展開になると思いますので上がり3Fならこの馬の出番もあります。ただ、完全な追い込み一辺倒馬ですから展開待ちがある部分は否めないですね。

騎手の乗り替わりである程度前に行けるなら(追い込み→差し)展開さえあえば一気の強襲もありまえすので狙ってみるのもありでしょうか。

ノーザンF生産の人気馬は優秀

レッドオルガ

生年月日 2014年04月26日(牝5歳)
毛色鹿毛
調教師藤原 英昭(栗東)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金9478万5000円
通算成績 12戦5勝[5-1-3-3] 主な勝鞍 18’紅葉ステークス
兄弟馬クラレント、レッドアリオン
系統サンデーサイレンス系

前走東京新聞杯は牡馬混合レースの中、勝ち馬からコンマ1秒差の2着と好走で1:32.0はかなり優秀な時計。ミドルペースを先行してこの結果ですから京都コースなら更に前進が可能な1頭です。

京都コースは新馬戦5着以来のレースになりますが、今のレッドオルガなら問題なく
走ってくると思います。

阪神牝馬ステークス2019まとめ

データで重要なのが

  1. ディープインパクト産駒
  2. 斤量マイナス馬
  3. 斤量54キロ組

この3点でしょうか。

展開を考えればペースはミドルペースまで。ある意味、先行馬も差し馬も有利不利が生じにくいペースですから最後は切れ味がものを言うかなと考えています。

タイトルとURLをコピーしました