中央競馬最終予想

初茜賞2021予想や過去データ傾向・得意の中山で巻き返し可能な1頭

初茜賞2021予想や過去データ傾向分析を紹介します。過去データは、枠順・脚質・人気・騎手・生産者・調教師などを分析して紹介。2021年1月23日(土曜)1回中山競馬7日4歳以上2勝クラス牝馬・ダート1800m

2020年無料予想実績No.1サイト!

2020年無料予想プラス169,490円の獲得!
昨年の有馬記念&ホープフルSダブル的中に加え2021年中山金杯で183倍的中です!


■有馬記念73.7倍×400円
[払戻金]29,480円[回収率]526.4%
11番人気サラキアをしっかりと入れて高配的中!

■ホープフルS19.0倍×400円
[払戻金]7,600円[回収率]158.3%
ダノンザキッドを軸に堅め決着でもプラス収支!


◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額:277,890円
◎収支額:169,490円
最高値は天皇賞春7万弱獲得/回収率1350%
的確でありながら高配当が見込めます。

■先週の無料買い目結果
NHKマイルカップ3連複34.5倍×300円=10,350円獲得!
無料買い目画像がこちら↓

今週は、ヴィクトリアマイルの無料買い目を公開。

少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの無料買い目です。

こちらからご確認ください↓↓

↑上記フォームより【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認できます。

初茜賞2021登録馬

中山ダート1800mコース解説

スタンド前直線の入口からスタートして最初のコーナーまでの距離は375m。最後の直線距離は中央4場では最短の308m。コース全体の高低差は4.4mで、JRA10場の中で最も起伏に富んでいる。スタート直後から急坂を駆け上がり、向こう正面は下り坂。3~4コーナーを回って再び直線の急坂となる非常にタフなコースで、砂が深いことも相まって最後は我慢比べとなる。

脚質は逃げ、先行馬が圧倒的に有利で、マクリも決まる。最後の直線では前に行った馬も、後ろにいる馬も同じ脚になるというレースが多々見られ、4コーナーでのポジションは非常に重要。下級条件では上がり3F40秒を超えることもあり、スピードよりもバテないパワーが要求される。参考:競馬ラボ

初茜賞2021予想オッズ

上位5頭

人気 馬名 予想オッズ
1 ピクシーメイデン 2.2
2 ナスノフォルテ 5.5
3 ワンダーマンボ 6.5
4 フラッシングジェム 12.3
5 レトロフィット 14.4

参考:ネット競馬

[ad]

初茜賞2021過去データ傾向分析

中山ダート1800m/2勝クラス/4歳以上牝馬限定の過去10年データ分析になります。

枠順

5枠が勝率~3着内率まですべてTOPの成績。

次に7枠が好走しており、全体的には、奇数枠順が中心となっている結果です。

馬番

5番11番13番が好走しており、特に13番は、勝率23%3着内率31%。単復回収率100%超えの結果。

全体的に見ても、奇数馬番[12-10-5-86]勝率10%3着内率23.9%と偶数馬番を上回る結果です。

脚質

逃げ3着内率44%と好走しており単復回収率200%超えは優秀な結果です。

追い込み馬以外は、3着内率20%台と中心の脚質です。

上がり3F5位以内が軒並み単複回収率100%を超えており、切れ味は必要なレースです。

年齢

4歳5歳が好走しており中心。

所属

関東馬が好走。関西馬の出走数は少ないですが、数字では関東馬を上回る結果です。

馬体重

馬体重440kg~479kgが好走しており中心。馬格のある500kg以上も走っていますが、あまり馬格のある馬はやや苦戦傾向にあります。

馬格の無い馬体重439kg以下は苦戦しています。

単勝人気

勝ち馬は単勝9番人気以内まで。

単勝1番人気勝率19%3着内率38%と信頼度はかなり低め

単勝2番人気~3番人気で勝率21.9%3着内率46.9%とこちらが上位では中心になるでしょうか。

単勝オッズ

単勝4倍~9.9倍が好走しており中心。特に4倍~4.9倍は、単復回収率100%を超えており軽視出来ない存在だと思います。

初茜賞2021騎手・調教師・生産者データ

騎手

横山典騎手、内田騎手が好走。

調教師

生産者

社台F生産馬で当日単勝2番人気以内は[0-1-0-8]と苦戦。単勝3,4番人気が好走しています。

ノーザンF生産馬で当日単勝2番人気以内は[0-2-2-5]と勝ち切れておらず、単勝3,4番人気が好走しています。

両方共に、過剰気味の人気馬になりやすいかなといった結果です。

[temp id=54]

初茜賞2021過去データ傾向分析まとめ

好走データ

  • 5枠が勝率~3着内率まですべてTOP
  • 奇数枠順
  • 5番11番13番
  • 奇数馬番
  • 4歳5歳
  • 関東馬
  • 馬体重440kg~479kg
  • 単勝2番人気~3番人気
  • 単勝4倍~9.9倍
  • 横山典騎手、内田騎手

苦戦データ

  • 追い込み馬
  • 馬体重439kg以下
  • 単勝10番人気以下勝ち星無し
  • 単勝1番人気
  • 単勝30倍以上に勝ち星無し
  • 社台F生産馬で当日単勝2番人気以内

初茜賞2021予想

本命◎3番ナスノフォルテ・複勝

前走西湖特別は、久々の競馬で不慣れなマイルだったこともあり12着に敗退。スピードも必要な東京コースは少し厳しかったかなと思います。

今回、叩き2戦目に得意の中山ダート1800mですから、先行力が活きる走りが出来そうで、3枠を引いたことで、スタートさえ五分なら好位先団から抜け出す競馬。これがハマるイメージです。

中山ダート1800mも、クラスが上がるに連れて時計を縮めており、中山ダート1800m3勝のうち、2勝を挙げた三浦騎手が騎乗しますので、陣営の本気度が高いレースといえそうです。

期待出来る1頭です。

◎3ナスノフォルテ
○4フラッシングジェム
▲11ワンダーマンボ
△1ピクシーメイデン
×14レトロフィット
馬連3-4.11.1.14/4点

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。