スポンサーリンク

兵庫ゴールドトロフィー2018予想あえて逆らうならサクセスエナジー

この記事は約4分で読めます。

兵庫ゴールドトロフィー2018の予想になります。兵庫ゴールドトロフィー2018の人気の中心は、前走のJBCスプリントでは逃げてタイム差なしの2着のマテラスカイ。今回は大外8枠からのスタートですが、出遅れさえなければ、格の違いとスピードの違いでここは逃げ切り濃厚でしょうか。そうなると、問題は紐馬探しですね。過去10年を見ると、JRA所属馬が毎年連対を果たしている影で地方馬の健闘も目立つレースです。今年は、笹松GP1着のエイシンバランサーが地方所属馬では狙い目でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

兵庫ゴールドトロフィー2018予想外枠有利な園田1400m

1-1 サクセスエナジー(牡4、松山弘平、栗東・北出成人)
2-2 サンライズメジャー(牡9、大野拓弥、栗東・浜田多実雄)
3-3 キクノステラ(牡6、岡部誠、兵庫・田中範雄)
4-4 サハラファイター(牡5、大柿一真、兵庫・山口浩幸)
5-5 リッパーザウィン(牡6、鴨宮祥行、兵庫・橋本忠明)
5-6 ウインムート(牡5、和田竜二、栗東・加用正)
6-7 エイシンヴァラー(牡7、田中学、兵庫・新子雅司)
6-8 サクラレグナム(牡9、赤岡修次、高知・田中守)
7-9 ラブバレット(牡7、山本聡哉、岩手・菅原勲)
7-10 エイシンバランサー(牡6、下原理、兵庫・新子雅司)
8-11 アールプロセス(牡7、川原正一、兵庫・柏原誠路)
8-12 マテラスカイ(牡4、吉村智洋、栗東・森秀行)

過去10年を見ると7枠8枠が有利です。ただ、全体的にはそこまで悪く無い結果となっていますから、脚質の並び次第で、枠順の有利不利が出てくると思います。

過去5年で逃げ切っての優勝は、2014年のメイショウコロンボのみ。今回、強力な逃げ馬はマテラスカイ。8枠でもテンの入りが早いですから、辺に内枠を引くよりは良かったかもしれませんが、それにしても逃げ切った馬が1頭しかいないのが気になりますね。

兵庫ゴールドトロフィー2018予想データ解析ここでもJRA所属馬が主体なのか?

地方交流重賞となると、JRA所属馬が断然有利ですよね。ただ、すべての重賞がそうでもなく、兵庫ゴールドトロフィーは地方馬でも勝ち負けが出来る重賞なんです。

過去10年で地方馬が馬券になったのは8回。この数字を見る限り、地方馬を馬券から完全に外すのは得策では無いと思いませんか?

以下、重要なデータとして

  1. 前走JBCスプリント、カペラS組が好走
  2. 前走距離は1200m、1400mが断然有利
  3. 1着馬のハンデは56キロ以上から。軽ハンデ馬は紐まで
  4. 1着馬の前走距離は1200mがトップ
  5. 地方馬で信頼出来るのは前走地方重賞組(近年では笹松GP)
  6. 過去10年、4角通過順位3位以内が1着

今年のJBCスプリントは京都開催だったため、データとしては不十分な数字ですが、これまでの流れから行くと信頼出来るローテションです。

過去10年、1着だった馬のハンデは56キロ以上。実績が見込まれた馬の活躍が目立ち、軽ハンデ馬は紐参考に。

兵庫ゴールドトロフィー2018予想マテラスカイを捕らえるとしたらサクセスエナジー

推奨馬は以下の2頭です。

12番マテラスカイ
1番サクセスエナジー

複勝◎1番サクセスエナジー1点

12番マテラスカイの東京盃は、太め感いっぱいの明らかな叩き台で、2戦目JBCスプリントではきっちりとタイム差無しの2着。単純に力関係からしても、ここでは2枚も上手。もともとはパッとしない成績の中、武豊騎手に乗り代わって、逃げ脚質を覚えてから一気に覚醒した持ち主。前走がメイチならば、ここは凡走してもおかしくないんですけどね。ただ、地方交流重賞ですから地力の差で逃げ勝つ可能性のほうが大きいです。

1番サクセスエナジーは、地方交流重賞2勝の実力馬。差し脚質から先行脚質に変えてから順調に1600万クラスまで勝ち進み、そこから重賞制覇。阪神コースに良成績があるように重たいパワーのいる砂にも適正があり、このメンバーなら楽に先手を奪い、マテラスカイの番手追走が可能でしょうね。また、マテラスカイを最後のゴール前で交わせるとしたらこの馬かなと。息の長い脚が武器ですから、マテラスカイの体調次第では、差せる可能性もありますよね。

この2頭で決まりのようなレース。他にも先行や差し脚質であっと言わせるほどの馬がいるかもしれませんが、サクセスエナジーは、数字がイマイチな1枠ですが、脚質の並びを見る限りでは、1枠でも大丈夫かなと。

マテラスカイに対しては、月の彼方まで飛んでくれ!といった感じです。

 

12月度の当サイトの地方競馬予想は以下になります。

12月27日(木)兵庫ゴールドトロフィー1400m
12月29日(土)東京大賞典2000m
12月24日(月)名古屋グランプリ2500m
12月24日(月)ゴールドカップ1400m

タイトルとURLをコピーしました