中央競馬最終予想

ヒヤシンスステークス予想や過去データ/外を追走してから一気の抜け出しがハマる

全日本2歳優駿組が人気を集めやすいヒヤシンスステークスですが、意外と苦戦しており、それに変わって好走しているのが前走1勝クラス(500万下)の1着馬です。

特に1600m~1800m組が優秀で、今回で言うなら、ヤウガウ、レーヌブランシュ、ロンゴノットの3頭。

そして特筆したい点が『人気に関わらず好走している』ということ。

今年は、京都、小倉共にこれからの雨量次第で不良馬場になる可能性が高く、東京も馬場コンディションが悪くなる可能性もありますが、このデータは馬場コンディションが関係無い結果となっていますので、まずはこの3頭から予想に入って行こうと思います。

ヒヤシンスステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

ヒヤシンスステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 (外)ジェットマックス 牡3 56.0 佐藤友 [栗]森秀行
2 2 ダイメイコリーダ 牡3 56.0 田辺裕 [栗]森田直
3 3 (外)カフェファラオ 牡3 56.0 Mデム [美]堀宣行
3 4 ウルトラマリン 牝3 54.0 内田博 [栗]今野貞
4 5 キメラヴェリテ 牡3 57.0 福永祐 [栗]中竹和
4 6 メイショウテンスイ 牡3 56.0 武豊 [栗]南井克
5 7 タイセイポリシー 牡3 56.0 津村明 [美]栗田徹
5 8 ロンゴノット 牡3 56.0 石橋脩 [美]高柳瑞
6 9 (外)ヘルシャフト 牡3 56.0 大野拓 [栗]野中賢
6 10 ヤウガウ 牡3 56.0 Cルメ [栗]須貝尚
7 11 (外)ナイルリバー 牡3 56.0 Sフォ [栗]藤原英
7 12 タガノビューティー 牡3 56.0 和田竜 [栗]西園正
8 13 レーヌブランシュ 牝3 54.0 松山弘 [栗]橋口慎
8 14 (地)モリノブレイク 牡3 56.0 江田照 [美]大江原

ヒヤシンスステークス2020予想

ハナに行きたい馬が多く、先行勢も揃ったことでハイペースは必至状態かなと。

東京ダート1600mの難しいところは、ハイペースになったとしても、差し・追い込み馬に有利な展開になるとは限らないという部分。

過去10年、ハイペースで行われたレースが6回。3着以内18頭中9頭が4角8番手以下からの競馬で、残る半数の9頭が逃げ先行馬の結果。

このあたりを考えても、展開による有利不利が発生しにくいコースで、なおかつ、この時期の3歳オープンダートということでハイレベルな戦いは必至。

結果的に上位人気が活躍出来るレースになりやすいということになりますので、前走500万1着馬が活躍しているのも頷ける話しです。

今年は、前走新馬戦で強い勝ち方をしたカフェファラオが人気の中心になると思いますが、個人的には、実績のある1勝クラスから本命を決めたいと思います。

◎本命:複勝

ヤウガウ

前走未勝利戦は単勝7番人気と低評価を覆す走りで1着。タイム1:54.3秒は平均でしたが、休養明けでの出走に加え、プラス24キロの馬体重だったことを考えれば上々の内容だったと思います。

今回は、逃げ先行馬が揃ったことで、少し控えた4番手~7番手あたりが馬券になりやすい展開を想定していますので、脚質の並びからしてヤウガウが一番理想的な枠順に入ったかなと。

スタートして芝を通れる分、スムーズに外目を取れそうなのがプラスで、仮に外枠馬が先に前に行ったとしても、後ろに下げてしまうほどの理由にはならいはず。

そうなれば、あとは前がやり合ってくれているのを横目で4角からスッと上がり、最後の直線で抜け出す。そんな競馬が今回はハマりそうかなと考えています。

また鞍上にルメール騎手というのが非常に心強く、東京ダート1600mの複勝率は40%を維持している走り。また血統的に見ても、好走種牡馬である父ゴールドアリュールも後押し出来材料です。

◎ヤウガウ
◯メイショウテンスイ
▲レーヌブランシュ
△カフェファラオ
△ロンゴノット
×タガノビューティー
×ヘルシャフト

馬連◎◯=◎◯▲△△××11点

[common_content id=”10529″]

ヒヤシンスステークス2020過去データ傾向

特に重要なデータを紹介します。(過去5年の結果を参考)

  1. 前走全日本2歳優駿組は苦戦
  2. 前走500万クラス1着馬が優秀。特に1600m~1800m組が好走
  3. 前走芝[0-2-0-3]とまずまずの成績
  4. 連対馬10頭中9頭が単勝5番人気以内。2連系は上位決着傾向
  5. 牝馬[0-0-0-7]と苦戦
  6. ゴールドアリュール産駒が好走
  7. 前走4角5番手以内の逃げ先行馬が優秀
  8. 過去5年の1着馬全頭の馬体重は、500キロ以上
  9. 中8週9週が中心
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。