北海道スプリントカップ2020予想や過去データ傾向/スピードスターの本気度が買いの根拠

北海道スプリントカップ2020の予想や過去データ傾向分析を紹介。過去の傾向から厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)の中から特に重要なデータを紹介。展開を予測して予想を組み立てています。

過去10年、単勝1番人気は[5-2-3-0]複勝率100%と好走しており、すべてJRA組の優勝。

また、4角5番手以内での決着が中心で、今年はスピードスタートの2頭が出走します。

予想の入り方としては、実績+陣営の本気度+先行力が最も優れていそうな馬から馬券を組み立てています。

開催日 令和2年/2020年6月4日/木曜日
開催場所 門別競馬場
レース名 第24回北海道スプリントカップ
グレード JpnⅢ
条件 3歳以上一般オープン
距離 ダート1200m・右回り
1着賞金 2,200万円

マイルCS的中!◎3連複無料情報で18万獲得!

11/21~23日の無料予想は3戦2勝。1万7740円獲得!楽勝でプラスです!

■無料公開マイルCS/回収率179%

桜花賞、安田記念、ヴィクトリアマイル的中からのマイルCSも!
無料予想でここまでG1当てるとは、お見事!

■マイルチャンピオンシップ無料買い目画像

■11/22マイルチャンピオンシップ
1着4グランアレグリア①番人気
2着8インディチャンプ③番人気
3着7アドマイヤマーズ⑤番人気
3連複16.1倍×600円=9660円獲得
回収率177.8%

単勝5番人気アドマイヤマーズを2頭目に入れての的中はお見事です。

■無料公開/姫路S/回収率168.3%

■11/23姫路ステークス
3連複20.2倍×400円=8080円獲得
回収率168.3%

2020年は、皐月賞、東京優駿、菊花賞、天皇賞春秋107%~1350%で無料公開予想的中!

■安田記念、日本ダービー無料買い目

◎安田記念/6720円/回収率140%
◎ダービー/14800円/回収率276%
◎Vマイル /11840円/回収率228%
◎天皇賞 /67500円/回収率1350%
◎皐月賞 /36600円/回収率653%
◎桜花賞 /50360円/回収率899%

■天皇賞秋・菊花賞の無料買い目

◎菊花賞3連複9点600円
32.1倍×600円=22860円獲得!回収率423%

◎3連複と同時公開のワイド無料予想も熱い!
基本は平場レースですが時にはカシオペアSなどメインレース無料公開もあります!

今週は、ジャパンカップと京都2歳ステークスの予想を無料公開!

変則3日間開催の3連複無料予想は3戦2勝。1万7740円獲得。しっかりとプラス収支で終了です。

先週のマイルCS・姫路Sできっちりと的中・利益を出したホライズンの無料予想は、的確でありながら高配当が見込めます。

ジャパンカップで稼ぐならココの無料予想が1番頼りになります!

↑上記フォームから【限定無料登録】より無料メルアド登録(yahooメール・GメールなどSNSアカウント簡単登録)で無料買い目が即確認出来ます!

北海道スプリントカップ2020 枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 オールドベイリー 騸6 56 松井伸也
2 2 ジョウラン 牡4 56 服部茂史
2 3 ニットウスバル 牡8 56 五十嵐冬樹
3 4 ショーム 牡5 56 横山武史
3 5 ハヤブサマカオー 牡5 56 阪野学
4 6 ソルサリエンテ 牡6 56 宮崎光行
4 7 ノボバカラ 牡8 58 桑村真明
5 8 キタアルプス 牡6 56 井上俊彦
5 9 マテラスカイ 牡6 57 武豊
6 10 ガンジー 牡9 56 岩橋勇二
6 11 フジノパンサー 牡7 56 石川倭
7 12 スズカコーズライン 牡6 56 酒井学
7 13 メイショウアイアン 牡10 56 落合玄太
8 14 スティンライクビー 騸8 56 阿部龍
8 15 ツルマルパラダイス 牡5 56 加藤誓二

北海道スプリントカップ2020 予想

◎本命:単勝

マテラスカイ

先に不安材料から話せば、地方の砂に適正があるかどうかは、まだ未知数で、案外ころっと負ける要素もありますから軸にしがたいのも本音。

ただ、清水調教師のコメントでは「普通に力を出し切れれば勝ち負けでしょう」という強気の発言も気になるところで、早めに門別入りしている点も本気度が伺えるかなと。

さらに中間の調教も時計を出しているということで、久々でも力を出し切れる状態。

北海道スプリントカップは、スタートを五分以上が最低条件で、ここでしくじると巻き返しが厳しいコース。

スタートさえ決めてしまえば、スムーズに好位が取れ、最後まで脚が使えますが、ここで出遅れると、特に内枠先行馬はダメージが大きく、出遅れを取り戻すために脚を使えば、最後の直線で失速する原因になります。

その点を考慮すれば、テンの入りは速いですし、メンバーを見てもスムーズにハナは取れる形。

外からスズカコーズライン、 スティンライクビーが競って来てもお構いなしでスピードを活かして最初から最後まで押し切れるイメージです。

個人的には、2018年の東京盃がトラウマになっていますが、門別の直線距離を考えれば1着を期待。

単複予想では単勝としていますが、笑けて来るくらいのオッズであれば、馬単で他馬と抱き合わせで回収率を上げを狙いたいところです。

○対抗

スズカコーズライン

7枠に入ったことで、マテラスカイを目標に自分の競馬さえ出来れば、3着以内は堅いかなと。

2走前大和Sは、最後の直線で3頭併せの追い比べから抜け出して優勝と接戦に強いタイプ。

今回も4角から直線に向いたところで、マテラスカイ、スズカコーズライン、ノボバカラの3頭が4着以下を離しての追い比べ、

もしくは、マテラスカイを追いかける展開をイメージしていますので、そうなれば、しぶとさを発揮する競馬。

初の地方競競馬で砂への対応が鍵になりますが、スズカコーズラインも良いスピードを持っていますので期待したい1頭ですね。

▲単穴

ノボバカラ

さきたま杯で約3年半ぶりに重賞優勝を果たしたノボバカラが連闘で挑むということですが、浦和からの輸送に斤量58キロと不安材料が揃っている形でやや不安。

それでもリピーター馬の活躍が目立つレースですから、完全に無視も出来ないだけに単穴の評価が妥当かなと。

スタートさえ良ければ、昨年は連対以上もあった内容だと思いますので、ここもスタートが鍵の1頭です。

◎マテラスカイ
○スズカコーズライン
▲ノボバカラ
△ショーム
△ニットウスバル
×ジョウラン

馬単◎⇒○▲△△×5点

東京ダービー2020最終予想

[getpost id=”12826″]

北海道スプリントカップ2020 過去データ傾向分析

特に重要な過去データを紹介します。

  1. 単勝1番人気は[5-2-3-0]複勝率100%
  2. 優勝馬10頭中全頭が単勝3番人気以内のJRA所属馬。2019年~2010年①①①①②③③③③①番人気
  3. 6歳馬が5勝3着2回でトップ。次に5歳の2勝2着3回3着2回
  4. 牡馬優勢、牝馬は苦戦
  5. 地方所属馬の優勝無し。2着4回3着1回
  6. 1枠2枠で5勝。内枠がやや優勢
  7. 単勝7番人気以下苦戦。単勝3番人気以内が中心
  8. 前走東京スプリント、かきつばた記念、天王山S組が優秀
  9. 前走名古屋、大井が中心
  10. 前走1400mか1200m組が優秀
  11. リピーター馬の活躍が目立つレース
  12. 4角5番手以内の先行馬が中心
  13. 馬体重500キロ以上が中心

[common_content id=”9739″]

タイトルとURLをコピーしました