当サイト無料メルマガ予想→皐月賞ダノンキングリー桜花賞クロノジェネシス的中!無料メルマガの登録はこちらから
厳選単複予想

ホープフルステークス2018予想サートゥルナーリアが差される条件

ホープフルS2018の予想を中心に紹介しています。2017年からG1に昇格したホープフルS。今年の有馬記念には、2016年優勝馬レイデオロが出走するなど素質の高い馬の登竜門となりつつあります。今年も新馬、オープンと楽勝の2連勝の良血馬サートゥルナーリアや、前走買いそびれた重賞2連勝のニシノデイジーの他にもブレイキングドーンやヴァンドギャルド、アドマイヤジャスタなど来年のクラシックを目指す好メンバーが揃いました。これだけの素質馬や注目馬が集まるレースですから頭をフル回転させて予想をお届けします。

スポンサーリンク

ホープフルS2018予想皐月賞と同じ考えでは取れない2歳牡馬の気質

3歳クラシック第一弾である皐月賞と同じコースで同じ距離になりますが皐月賞の場合は完全に先行馬が有利です。中山コース特有のコーナーリングや最後の坂道などが影響してのものです。しかし、2歳ホープフルSはまったくの逆で、過去2年、差し馬が有利となっています。過去10年を見ても差し馬が優勢で、格の違いがあるG1になってもそれは変わらない傾向です。

差し馬が有利な要因は、色々とあると思いますが、個人的に解釈している理由が「全馬、折り合いに専念するため、最終的に上がり勝負になりやすい」と考えています。

2歳と言えば、キャリアも2戦~4戦までが多く、2000m以上の距離をすでに経験している馬も多くありません。各陣営も騎手も、未知数の距離でのレースになりますからとにかく「折り合いに専念をする」ことが最優先になっていると思います。

ホープフルS2018予想2連勝の良血馬サートゥルナーリアを信用していいのか?

母シーザリオ父ロードカナロアという良血馬。競馬もデビューしてから2連勝とホープフルSでは、たぶん、単勝1番人気になるでしょう。
特に評価の高いレースが前走荻S。8頭立てのレースで走破タイムが1:49:6と昨年のタイムフライヤーよりコンマ1秒速い時計。少頭数でこのタイムを出せる辺りが強い証拠でもあり、先行して前を楽に交わす辺りもセンスを感じる走りですね。

しかし、今回は、目標にされる可能性もあり、これまでとは違う展開、先行抜け出しが決まるかどうか?この辺ですよね。
この2戦は、10頭以下のレースでしたので、多頭数になってどう走れるか?
個人的には、人気以上にそちらが気になります。

差されるとしたら、この馬の実力ではなく、「経験」にあると考えています。

単勝1番人気の信用度を見抜くための具体的な方法を記事にしてまとめています。今回のサートゥルナーリアは個人的に買いたくない1頭なんですが、その理由も書いていますので参考にして見てください⇒競馬初心者でも簡単に適切にあらゆる単勝1番人気の信用を見抜く方法

ホープフルS2018予想データ解析ポイントは前走上がり最速馬

重要なデータ解析を紹介しますね。

  1. 前走2000m戦で上がり1位だった馬
  2. キャリアは1戦~2戦(特に1戦馬は好成績)
  3. ノーザンF生産馬
  4. 外国人騎手が好成績(特にルメール騎手)
  5. 前走新馬戦だった馬が毎年馬券に絡む成績

前走2000m以上で上がり最速馬の活躍が目立つレースで、格上げ以前から変わらない傾向。今年には、キングリスティア、コスモカレンドゥラ、ジャストアジゴロの3頭に注目。ノーザンファーム生産馬がここでも活躍。ノーザンF生産馬はアドマイヤジャスタ、サートゥルナーリア、タイセイモナーク、ミッキーブラックの4頭。前走新馬戦だった馬は、キングリスティア、タニノドラマの2頭。

データ的に見ると、キャリア3戦までの馬で前走上がり1位、もしくは2位までの馬。2000m以上を経験しているノーザンファーム生産馬ということになりますね。ちなみに該当馬は無しです。

ホープフルS2018予想ニシノデイジーの凄さはペースにあり

推奨馬

アドマイヤジャスタ
サートゥルナーリア
ミッキーブラック
ニシノデイジー
ヴァンドギャルド

前走東スポ2歳Sで買いそびれたニシノデイジー。前走は、本当に強い内容。
馬体重がプラス12キロでも早々に成長分と考えたたくなるような走り。この馬のポイントは、スローでもハイペースでも自分の競馬が出来る点。2つの重賞をまったく異なるペースで優勝している所にその強さを裏付けられますね。

ホープフルS2018最終予想

本命◎1番ニシノデイジー
対抗◯8番アドマイヤジャスタ
単穴▲3番キングリスティア
注目△5番サートゥルナーリア
中穴△7番番ミッキーブラック
大穴△9番ジャストアジゴロ

馬連◎◯⇒◎◯▲△△△ 9点 単勝3番7番 2点

脚質の並びから見て「おっ!」っと思ったのが3番キングリスティア
先行馬がそこまでいない今回は、自分のペースで逃げることが出来るかなと。
阪神2000mではスローペースを自信で作りながら、
最後は上がり1位で1着。2着馬にコンマ8秒差をつけて圧勝。
今回も楽にハナを奪えるなら、狙い目十分。あとは中1週ということもあり、
当日の馬体重もチェックしたいところ。

1番ニシノデイジー。重賞2連勝がフロックではない事を証明するには丁度良い舞台。
先にも書いたように、違う競馬場で違うペースで重賞2連勝は強い内容。
特に前走東京スポーツ杯はスローペースの上がり競馬をきっちりと差して優勝は
この本番でも十分に戦える内容だったと思います。
強いと騒がれている1頭がいますが、経験と実績では、こちらが上ですね。

外差しを決めそうな8番アドマイヤジャスタ。3戦すべて上がり3F3位以内と
切れ味勝負ならこの馬。今回もルメール騎手が騎乗しますので
ここでも十分に期待が持てます。
今回も好位差しが上手く嵌りそうな6枠。これまでの内容から見ても
絶好の枠に入ったかなと。
ニシノデイジーと勝ち負けをするなら、この枠順の差かもしれないくらい
良い枠順だと思います。

5番サートゥルナーリア。個人的に、この手の馬で
幾度となく飛ばされた経験がありますので
本当は買いたくない1頭なんですが、、、。
今回は多頭数に加え、中山2000m。
どこまでこの馬が強いのか、この辺に注目したいですね。

以下、今週の予想一覧です

中山9RヤングJSFR中山22018予想
中山10R立志ステークス 2018予想
中山11RホープフルS2018予想
中山12RベストウィッシュC2018予想

阪神11RベテルギウスS2018予想
阪神12R2018ファイナルS予想

スポンサーリンク