中央競馬最終予想

茨城新聞杯2019予想オッズや過去データ/難解な1戦だからこそ外枠先行馬が狙い目

茨城新聞杯2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから単勝、複勝推奨馬を紹介します。(9月28日/中山競馬場/茨城新聞杯3歳上1000万下/芝2,000m内回り)

昨年までとは条件が違いますので、同時期同条件の習志野特別の過去10年を参考にしています。

中山内回りですから、基本は先行馬が有利。頭数が増えれば大外枠が不利になってきますが1000万クラスは大外の数字が優秀。

茨木新聞杯もこのあたりを参考に予想をしていきます。

茨木新聞杯2019予想

メンバーが揃った形に見え、かなり難解な1戦。

茨木新聞杯が習志野特別と同条件になったことで、習志野組の活躍も見込めそうですが、他路線組からも狙ってみたい馬がいますので、そちらを中心に。

逃げて実績のある馬が数頭いますが、オスカールビーがハナを切るかなと。全体的に先行勢より差し勢が揃っていますので、流れてもミドルペースまで。

そうなると、前も後ろも同じ上がりになりそうですから、先行勢で前走好走の馬を狙っていきます。

◎本命:複勝

ミッキーバード

この脚質ですから大外枠を引いたことで、少しためらいもありましたが、4走前の4歳上500万中山2000mの走りがそのまま再現出来れば、勝ち負けの見立て。

今回はミドルペースまでを想定していますので、スローペースが得意な馬を狙うのがセオリーも、小回り2000mですから、ある程度の流れにも対応しながら先行力のある馬となれば、ミッキーバードが適任。

今回は休養明けの1戦になりますが鉄砲は利くタイプですから、むしろ休養明け初戦は狙い目。

4走前の4歳上500万中山2000mの内容が素晴らしく、タイムも上々。このメンバーであれば、このタイムだけでなんとかしてくれそうな雰囲気ですね。

この枠順で横山典騎手ですから、スタートが良くなければマクってくるでしょうし、スタートがよければ好位追走から抜け出してくると思います。

期待したい1頭ですね。

[ad]

茨木新聞杯2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

茨木新聞杯2019コース解説

牡馬クラシック第1弾・皐月賞が行われるコース。1800mのスタート地点から200m下がったところがゲートとなり、1コーナーまでの距離は405m。最初のコーナーまでの距離が十分あり、テンの2F目に激しい先行争いが起きる傾向。ただし、1コーナーを過ぎると落ち着くため、ペースはさほど速くはならない。

脚質的には先行馬が強く、更に後半は長くいい脚が求められる。ゴール前の急坂を2度超えるため、タフさも要求される。また、マクリがハマり易いのも特色であるように、騎手の腕一つで結果を左右することも少なくはない。母数は少ないのだが、マクリで結果を残している代表例は戸崎圭太騎手だ。

外枠が幾分有利で、秋の9月開催は野芝がメインで時計が速くなる。この開催に関してはタフさに加え、持ち時計にも注意を払いたい。近年は馬場整備の向上もあってか、枠の有利不利は少なくなってきている。引用先:競馬ラボ

茨木新聞杯2019過去データ傾向分析

今年から条件が変更のため、同時期同条件の習志野特別を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[3-2-1-3]3着内率66.7%
  2. 単勝2番人気[1-2-0-6]
  3. 単勝3番人気[2-3-2-2]3着内率77.8%
  4. 関東[9-8-9-83]
  5. 関西[0-1-0-12]
  6. 3歳[4-2-3-23]3着内率28.1%
  7. 4歳[4-5-3-26]3着内率31.6%
  8. 5歳[0-2-3-29]
  9. 6歳[1-0-0-13]
  10. 7歳以上[0-0-0-4]
  11. 1枠4枠7枠8枠が優秀
  12. 前走4角5番手以内が優秀
  13. 前走1000万クラスが中心
  14. サンデーサイレンス系なら長距離タイプ、ミスプロ系なら重めの血統

単勝傾向を参考にすると、1番人気から5番人気以下の紐あれがひとつのパターンとして目立つ点。単勝1番人気の3着以内が66.7%ですから、これはこれで使えるファクターになるかなと。

枠順の有利不利は、中枠がイマイチの結果。内回りコースですから中枠が閉じ込められやすいためかなと。ただ、ハッキリとした原因は不明ですが結果として傾向が出ていますので参考まで。

サンデーサイレンス系が優秀でディープインパクト産駒以外が優秀。

[insert page=’2019-09280929kizi’ display=’content’] [insert page=’tuita’ display=’content’]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。