菊水賞2020予想や過去データ傾向/距離不安も好枠で逃げ切りを期待!ステラモナーク

菊水賞2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年4月16日園田競馬第52回菊水賞3歳/ダート1700m)

今年は例年以上にメンバーが揃い、園田ジュニアカップ優勝イチライジンを筆頭に、現在4連勝中の牝馬ステラモナーク。さらに園田ユースカップ2着ドバイキャンドルが出走します。

予想の入り方としては、過去5年の連対馬10頭中全頭が4角4番手以内を通過している逃げ・先行馬という点。まずはここからになりそうで、さらに1枠~6枠が好走しており、特に1枠2枠3枠は、実績や人気に関係無く、軽視は禁物かなと。

兵庫3冠の第1戦である菊水賞。牝馬も互角に渡り合っていますので、本当に楽しみな1戦です。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

菊水賞2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 コスモピオニール 牡3 56 大柿一真
2 2 グレイトボルケーノ 牡3 56 長谷部駿弥
3 3 ゼットシェーン 牡3 56 笹田知宏
4 4 エイシンダンシャク 牡3 56 竹村達也
5 5 マジカルフェイス 牡3 56 田野豊三
5 6 ステラモナーク 牝3 54 下原理
6 7 ドバイキャンドル 牝3 54 松木大地
6 8 ピスハンド 牡3 56 大山真吾
7 9 ディアタイザン 牡3 56 杉浦健太
7 10 イチライジン 牡3 56 吉村智洋
8 11 ガミラスジャクソン 牡3 56 鴨宮祥行
8 12 トライバルキング 牡3 56 田中学

菊水賞2020予想

ハナを切りたいのがステラモナークで、ハナに行けるなら行きたいのがディアタイザンといったところ。

どちらかと言えば、先行馬が揃った形も、そこまで競るような脚質馬もいないため、速くてもミドルペース以内を想定。

3角手前から徐々にペースが速くなり、落ち着いたペースを嫌ってマクっていく馬も出てくる中、最後の直線に向く頃には、前優勢の競馬。

最終的に4角6番手以内が好走するイメージで、差す競馬は厳しい展開を予測しています。

ただし、ステラモナークとディアタイザンが必要以上にやり合うと、早々に脚が上がる可能性もあり、そのあたりを考慮すれば、3番手~5番手を追走出来る先行馬が無難かなと思いながらも。

◎本命:複勝

ステラモナーク

5枠を引いたことで、内枠馬の脚質が真っ先に気にりましたが、押して押して先行策に出る馬が見当たらず、そうなれば、スムーズにハナを取れるはず。

ディアタイザンの絡み方次第では、最後の最後で脚が上がってしまう恐れも、稍重での競馬ならスピードの違いでステラモナークがハナを主張。

最悪、控える競馬で園田プリンセスCを3着に好走していますので問題の無い形。

デビュー戦でイチライジンを2馬身差を付けて優勝している実績の中、イチライジンの距離不足や気性面が原因で度返しといったレースにも見れますが個人的には内容は上々だったと思います。

今回、初の1700m戦になりますが、前走内容や2走前の走りを見る限り、ぜんぜん走れる距離だと思いますし、この時期の距離適性は、能力でカバー出来る範囲。

血統背景も中距離は問題無い血統ですから、ここでも距離適性の部分がネックになるとは考えにくいですね。

これまでの実績もそうですが、今回の枠順は好枠ですから、ここでも逃げ切り。これを期待したいですね。

◎ステラモナーク
◯イチライジン
▲グレイトボルケーノ
△ピスハンド
×ディアタイザン
×コスモピオニール

馬連◎=◯▲△××5点

菊水賞2020過去データ傾向

4角4番手以内を通過した馬が連対を果たしており、これは人気に関わらずの結果ですから重要なデータになってきます。

さらに内枠~中枠が優勢で、逃げ・先行馬なら抑える必要は高くなってきます。

昨年こそ、前走園田ユース組がワンツーとなりましたが、基本的には3歳A特別または3歳AB特別が好走しており、そのレースで逃げて好走した馬は特に注意が必要。

今年で言えば ディアタイザンは最低でも抑えておいた方が良い過去データとなっています。

[common_content id=”11393″]

タイトルとURLをコピーしました