イノセントカップ2020予想や過去データ傾向・スタートさえ五分なら好位抜け出しがハマる

イノセントカップ2020予想や過去データ傾向を紹介します。2020年9月24日第12回門別競馬第6日第20回イノセントカップ(シャンハイボビー賞)2歳オープン・ダート1200m

イノセントカップ2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ビービービルダー 牡2 55 阿部龍
2 2 アサナト 牝2 54 落合玄太
3 3 ハートプレイス 牡2 55 桑村真明
4 4 チサット 牡2 55 岩橋勇二
5 5 イッツソーラッド 牡2 55 小野楓馬
6 6 リーチ 牡2 55 服部茂史
6 7 サラコナン 牡2 55 黒沢愛斗
7 8 レーヴプルーヴ 牝2 54 五十嵐冬樹
7 9 モズアンビリバボー 牡2 55 石川倭
8 10 エイシンシナバー 牝2 54 宮崎光行
8 11 ウワサノシブコ 牝2 54 阪野学

イノセントカップ2020予想

単勝1番人気2番人気が強いレース。

昨年こそ、揃って着外になりましたが、近年は、上位2頭が好走しており、前走中央OP組、地方OP組ならさらに好走している結果。

門別1200mは、クラスが上がれば上がるほど、逃げ切るには厳しいコースですが、イノセントカップの場合、4角3番手以内通過[10-9-4-16]と完全に前が有利ですから、予想の中心も逃げ先行馬から入っていきます。

◎本命・複勝

リーチ

2歳新馬戦の内容が頭から離れないというのもありますが、まあ、強いなと。

スタートこそタイミングが合いませんでしたが、ダッシュが速く、すぐに好位先団へ取り付き4番手の競馬。

折り合いもつけ、数頭が先団で競馬をする中、4角出口から直線に向くころにはスッと前に入り、そこから2着馬に6馬身をつけ圧勝。最後の直線ではフラつきながらの競馬でしたので、まだまだ余力十分といった競馬でした。

続く2戦目の栄冠賞はスンナリと連勝をするかなと思いましたが、スタートで大きく出遅れ。そこからスッと前にいきますが、先団はすでに最終コーナーを回り直線へ。

馬群を割って抜け出しをはかりますが、最後は前との差を縮めることが出来ず3着。出遅れがすべてだったとは思いますが、そこから3着まで持って来ましたので、能力は高いと再確認出来たレースでした。

今回は、6枠を引きましたのでスタートさえ五分なら好位先団が取れ、あとは回って来るだけのレースをイメージしていますので、とにかくスタートが肝心。

先行勢が揃ったここでも、抜け出した時の脚色は、他馬を圧倒しているように見えますので、期待出来る1頭だと思います。

◎リーチ
○ハートプレイス
▲ウワサノシブコ
△チサット
×アサナト

馬連◎=○▲△×4点

イノセントカップ2020過去データ傾向

過去10年のデータ分析から特に重要なデータを紹介します。

  1. 単勝1番人気[4-1-3-2]勝率40%、3着内率70%と好走
  2. 単勝2番人気[1-3-3-3]勝率10%、3着内率60%と好走
  3. 上位組が好走も、全体的には、単勝9番人気までが馬券になっており、下位人気馬にも注意が必要
  4. 1枠と8枠が3勝ずつでトップタイ。全体的にはどこからでも勝ち負け出来る結果
  5. 逃げと先行が4勝ずつでトップタイ。差し馬も好走しており、追い込み馬は苦戦
  6. 4角3番手以内通過[10-9-4-16]と完全に前が有利
  7. 前走1200m組[4-6-8-30]と中心も、1500m、1700m、1800mも好走。1000mが苦戦
  8. 前走クローバー賞組が好走も、クローバー賞で8着以内が好走の目安
  9. 前走レースは、新馬戦、60万以下に勝鞍が無く、中心は、JRAオープン、地方オープン組

園田プリンセスカップ2020予想や過去データ傾向

[getpost id=”16433″] [common_content id=”15869″]
タイトルとURLをコピーしました